幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0109263
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 「ターキッシュ・デライト」自作してみました
・ ライオンと魔女と大きなたんすについて思うこと(安藤先生講演会まとめ)
・ 2012年オレゴン国際キャンプ
 毎日のプログラム
 ハンコック
 クレーターレイク
 レッドウッド
 西海岸
・ 2013年オレゴン国際キャンプ
 ハンコック
 クレーターレイク
 レッドウッド
 西海岸
・ シェイクスピア作品紹介
 夏の夜の夢(喜)
 ヴェニスの商人(喜)
 ウィンザーの陽気な女房たち(喜)
 お気に召すまま(喜)
 ハムレット(悲)
 ヘンリー六世第一部(英史)
 ヘンリー六世第二部(英史)
 ヘンリー六世第三部(英史)
 リチャード三世(英史)
 タイタス・アンドロニカス(ロ史)
 トロイラスとクレシダ(問)
 終りよければすべてよし(問)
 尺には尺を(問)
 ペリクリーズ(ロ)
 シンベリン(ロ)
 冬物語(ロ)
 テンペスト(ロ)
・ ニセコキャンプ紹介!
 ニセコキャンプ写真集(ほぼ2010年)
 2011年ニセコキャンプの画像
Welcome!

シェイクスピア 全作品紹介


『タイタス・アンドロニカス』
“Titus Andronicus”



《ざっくりしたみどころ(あらすじのあらすじ?)》

復讐が復讐をよぶ、血みどろの殺戮劇。シェイクスピア作品一の、残虐と暴力。復讐の連鎖はどのような結末を迎えるのか? 


《あらすじ》

 ローマでは、先のローマ皇帝の二人の兄弟(兄:サターナイナス、弟:バシエーナス)が皇位継承をめぐって争っている。しかしローマの民衆は、ローマのゴート族討伐の総司令官タイタス・アンドロニカスを次の皇帝にと願っている。
 そこへ、10年にわたるゴート族との争いに勝利したタイタスが、ゴートの王女タモーラやその息子ほか、たくさんの捕虜とともに帰還する。
 タイタスはこの戦で20人を超える息子を戦死させており、その弔いの生贄として女王タモーラの長子をささげようとする。タモーラは助命を懇願するが、その声は聞き入れられず、息子は八つ裂きにして殺される。ここにタモーラの心に復讐の火がともる。
 タイタスは皇帝への依頼を固辞、そしてサターナイナスを皇帝にと申し出る。サターナイナスはその返礼に、タイタスの娘ラヴィニアを皇后にすることを告げる。しかし、ラヴィニアはひそかに皇帝の弟バシエーナスと婚約していたため、バシエーナスはラヴィニアを強奪する。これにサターナイナスは怒り、美しい王女タモーラを皇后にすることに決め、タイタスを罵倒する。しかしここは、タモーラのとりなしでおさめられる。しかしこれは、タモーラの復讐の第一歩だった。
 翌日、祝勝の狩りの時間。タモーラとタモーラの愛人であるアーロン(黒人)は結託し、タイタス一族を滅亡させるわなをはる。
 タモーラの息子二人は、タイタスの娘ラヴィニアをものにすることを考えている。そこで、人目につかない場所で、やってきたバシエーナスを殺害し穴に捨てる。その上で、ラヴィニアを強姦し両手を切断。そして犯人をしゃべることができないよう、舌を切り落とす。
 次にタイタスの二人の息子をバシエーナスを捨てた穴に落ちるように誘導し、その場面にサターナイナスをつれてくる。皇帝はタイタスの息子を弟殺しの犯人と思い込み、二人をひっとらえる。
 タイタスの最後の息子リューシアスは、弟二人を救出に行くも果たせず、ローマ追放。
 父タイタスは、ローマの路地で、息子二人の助命を懇願し続ける。まるで、生贄にされる息子の助命を願った王女タモーラのように。するとそこに、悪漢アーロンが現れ、タイタスの腕と引き換えに息子を助命すると伝えにくる。そこで、タイタスは腕を切り落とし、皇帝に差し出す。しかししばらくして嘲笑とともにかえされたのは、タイタスの腕と、二つの生首だった。
 将軍の凱旋という人生最良の日から、急転直下、悲惨のきわみに突き落とされるタイタス。
 半分気が狂ったようになりながらも、リューシアスにローマを離れ、ゴートを味方にして兵を挙げように指示する。
 しばらくして、ラヴィニアが棒を支えながら地面に書く文字で、強姦の犯人がタモーラの二人の息子だとわかると、復讐を開始。
 リューシアスがコレオレイナスよろしく、かつての敵を味方に引き入れてローマに攻め寄ってくると、サターナイナスはおびえる。そこでタモーラは一計を案じ、戦闘の前にタイタスの屋敷で皇帝とリューシアスの対談を持つことを提案。
 この隙にタモーラと二人の息子は、タイタスをたぶらかすために、変装してタイタスの屋敷に現れる。しかしその変装を見破られたため、タモーラの不在時に二人の息子は殺される。そしてその血と肉と骨で、対談の席に供されるミートパイが作られる。
 対談の席で出された息子の肉でできたミートパイを、女王タモーラはそれと知らずに食べる。
 それを見計らって「強姦を受けた女は生きながらえるべきか」と皇帝に質問すると、皇帝は恥が残るので死ぬべきだ、と答える。そこでタイタスは、即座に娘ラヴィニアを剣で刺し殺す。驚いた皇帝に、ことのいきさつを話し、タモーラが食べたミートパイは息子の肉であることを明かしタモーラを刺殺。妻を殺された皇帝は、剣でタイタスを殺す。父タイタスが殺されるのを見たリューシアスは、その復讐として皇帝を殺す。
 その後、事のあらましを人々に話し、求められてリューシアスはローマの皇帝となるのでした。


《感想》

 傑作かといえば、どうなんだろう~? と思います。
 しかし初期のシェイクスピア作品ということを考えると、たくさんの後期の傑作へのモチーフが隠されているように思います。例えば、陰謀に身をやつす女王タモーラはまるでマクベス夫人のようですし、最後の畳み掛けるような死の連鎖などは、まるでハムレットのラストシーンを見るようです。
 しかし、血なまぐさくて殺戮の連続。暴虐。すごいですよ。
 この芝居の間に、巻き込まれてしまう人も含めて13人もの登場人物が殺されますからね。そしてアーロンはとらえられて生き埋めにされてますので、まもなく死ぬ人も加えれば、14人か……。すさまじい。
 えげつない世界がここにはあります。それはそれは、黒い心で楽しめるのでは!?
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.