幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧アウトドア・キャンプランダム新規登録戻る 0081885
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ テーマ活動ざんす
 セロ弾きのゴーシュ
・ ペルセウス
現在ページはありません。
・ ソングバーズ・ナーサリー作品
現在ページはありません。
・ ライオンと魔女と大きなタンス
現在ページはありません。
・ 20周年
現在ページはありません。
・ 不死身の九人兄弟
現在ページはありません。
・ トロルとノルウェー
現在ページはありません。
・ 国際交流 2012中国交流(学校の様子)
 中国交流(いろいろ)
・ 不思議の国のアリス・へんてこななかまたち
現在ページはありません。
・ すてきなワフ家
現在ページはありません。
・ がらがらどん
現在ページはありません。
・ ホッレおばさん
現在ページはありません。
・ こどものことば
現在ページはありません。
・ ふんどし地蔵
現在ページはありません。
・ オレゴンキャンプ2010
 レッドウッド
 ダイヤモンド・レイク
 パウリナ湖
 ハンコック・フィールドステーション
 Mt.セント・ヘレン
・ オレゴンキャンプ東日本事前合宿
現在ページはありません。
・ ギャラリー もろずみん  
 かいじゅうたちのいるところ
・ スサノオ 霜月祭り
現在ページはありません。
・ キテレツ六勇士
現在ページはありません。
・ 鍾乳洞
 登山
 野外活動いろいろ
・ 「太陽へとぶ矢」 動物たち
 ホピ族髪型
 プエブロ族の家
 キバ
 カチーナ
 トウモロコシ
 4という数
 日本の信仰との共通点・御柱祭
 工作
・ The 蒲
 蒲の花粉
Welcome!
パウリナ湖  テント3泊  この辺は火山地帯乾燥してる。昼間暑く夜寒い
<1日目>移動途中で公園によりゲーム。(スタッフはいつもバス移動の途中で公園によっていろんなゲームをしてくれる。体を動かしリフレッシュ。)ラボっ子、アンバサダーはゲームとなれば全力投球♪’red,yellow,greenシグナルゲームでは、我れ先にかわいいモーガンへタッチしようと猛ダッシュ。シャークゲームは大好評。(シャークに食われたら昆布になる)ラボっ子のリクエストで5回もやった。しかも炎天下。やる気満々本気の皆の衆であります。
休憩時間にはあちこちでラボっ子とアンバサダーの輪が自然にできていました。ダンスをならったり、漢字を腕に書いたり。
『dinosaurって腕に漢字で書いて』『恐竜って?(おもしろい趣味だな・・)』’コッペパン’って日本のギャグが人気。夕方パウリナ湖畔でフリータイム。魚、ザリガニ(お腹に赤ちゃんがいっぱい)をつかまえたり、ザリガニランドや砂でクレーターレイクを作ったり、思いのままゆったりすごす。みんな子どもにかえった(こどもだけど・・)みたいに素直ないい顔してた。夜は星の観察。天の川光ってたよ。 今日も、テント泊。またもや蚊の襲撃だ!ボットントイレにも虫が・・

シャークゲームテント泊

ダンスならうなかよし
<2日目> フォートロック 火山溶岩砂漠地帯
暑い。石をめくりトカゲつかまえ。だいたいはトカゲの勝ち。サソリもみつける。乾燥地帯であまり草などないのにウサギがいた。たいしたもんだ。
<クリスマス・バレー> 地割れで出来た、地面の裂け目へ入る
インディジョーンズのテーマを口ずさみラボっ子はりきる。深く狭い裂け目だ。とても涼しい。見上げると崖の途中には鷹か鷲の巣がありペレット(消化できない骨など)もおちている。なんだかシンドバットの冒険を思いだした。かえりはスクールバスでなぜか林道をガタゴト走り無事キャンプ地へ到着。

トカゲいた?さ
とかげクリスマスバレー
<3日目>溶岩洞窟探検・ランドリー・夕方滝ハイク
でかい溶岩洞!幅10M以上はありそうだ。大量のマグマが通り抜けた跡。かなり古いため地面は風化され砂地。走れそう。奥の方は狭くリュックをおいて4つんばいになって進んだ。行き止まりはちいさな空間。みんなでいっせいにヘッドライトを消してみる。漆黒。闇。ラボっ子光りをつける。「こら!」全く・・そんなにライト点けたいか。辛抱がたりません。おふざけと思っていたがもしかして怖くなった?その後広い空間に戻りランチ。暗闇の寒い洞窟内でサンドイッチをたべるなんてもう2度とないかも。
コインランドリーで洗濯(最初で最後)中、近くのグランドでサッカー。ボールがそばの家の大きな犬のところへ。近づけなくて困ったね。しかもボール3回も行ったし。

溶岩洞窟1溶岩洞全員集合
<ラボっ子>初めの頃は、異なる環境に即慣れる子もいればいまいちパッとしない表情の子もいる。キャンプという異環境、24時間の集団生活の中で、<自分は、どのようにしていたらいいのだろう>との新しいことへの不安ととまどいがあったと思う。(私も自分はどのような立場でいればいいのか迷ったし不安だった)日本では、自分の居場所はもう出来ている。今回のキャンプでは、まったくゼロから自分の場所を作っていかなくてはならない。1週間目、わりととまどいの表情をみせていた子がいきなり大爆笑。今までの緊張が解けたよう。このところみんなとっても表情が豊かになってきた。リラックスして自分をだしている。ひとりひとりようやく自分の場所をみつけ自分のペースができてきたのだろう。そうなるととっても楽になる。それまでは自分の内へと気が向いていたがこれからは外へと向くようになってくるのだろう。1週間というのがターニングポイントかな?ラボっ子達はこれからますます自分を表現、得意分野を活かしていくのであった。3週間一緒なのでもちろん人間関係いろいろあってあたりまえ。やはり1週間位たつと口げんかなどでてくる。団長の「みんなで1つの仲間になれるように」との言葉にお互いに注意しあう姿もみられるようになった。素直でいろんな状況に適応できる柔らかな心やお互いを認める気持ちをラボっ子はもっている。オレゴンキャンプは人間関係においてもタフになるのだ。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.