幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0230809
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ホワイトホースシアター~Learn English Through Theatre
 2007“Billy's Friend”初級
 2007徳島・広島公演
 2007WHTワークショップ
・ 無料体験教室
現在ページはありません。
・ ライブラリー参考図書
 かえると金のまり
・ ’06イギリス・フランスの旅
 ウエールズ・カーディフを訪ねて
 グローブ座&ロンドン塔
 ロンドン博物館めぐり
 ロンドンのターミナル駅色々
 フランスパリ・モンサンミッシェル
・ ’05秋イギリスとデンマークの旅
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Llandudno ~
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Oxford~
 ナーサリーライムに歌われた場所を訪ねて~ロンドン~
 ロンドンに2人のピーター・パンを尋ねて
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~コペンハーゲン~
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~オーデンセ編~
・ ’05中国交流
 ’05中国交流観光編Ⅰ部(西安)
 ’05中国交流観光編Ⅱ(北京)
 中国雑感
・ 阿部パーティー15周年行事
 メッセージ
 スタンレーの旅
 スタンレーの旅2
 スタンレーの旅まとめ~クイズに挑戦してみてね~
・ スリランカでの絵本普及活動
 第二回絵本コンクール優秀作品出版に向けて
 2006絵本コンクール優秀作品出版
・ 日常活動は、・・・
 ラボ・プレイルーム(1才から3才未満の親子グループ)
 ラボ・フェローシップ(大人のグループ)
・ 阿部パーティ国際交流の記録
現在ページはありません。
・ Laboあべパーティーの仲間になると?
 赤ちゃんはどのようにして、ことばを話すようになるのでしょうか?
 ラボ・パーティーでは自然なことば(英語)が流れている
 英語で話したい相手がいる、英語で話したいことがある
Welcome!
まずは
Oranges and lemons,
Say the bells of St. Clement's.
セントクレメントディーン看板
セントクレメントディーン教会
地下鉄テンプル駅を降りてすぐです。日に4度(Oranges and lemons)のメロディーが流れるそうですが、聞けませんでした。

You owe me five farthings,
Say the bells of St.Martin's
セントマーティンプレート

セントマーティンインザフィールド教会
地下鉄レスタースクエア駅から行きました。トラファルガー広場の隣です。
大きな教会で絵はがきも売っています。季節柄クリスマスカードを沢山販売していました。教会の左側のテントの下はマーケットになっていて、色んなお店が並んでいました。

When will you pay me?
Say the bells of Old Bailey.
オールドベリー
中央刑事裁判所なんですが、夕方遅くに訪れたので、このプレートでご勘弁(~~;)
鐘は今では道路を隔てた反対側の教会にあるそうですが、日が暮れてきたので写真を撮るのを忘れました。地下鉄セントポール駅が近いですね。セントポール大聖堂の裏側に当たります。

When I grow rich,
Say the Bells of Shoreditch.
ショーディッチ看板
オレンジとレモンポスト
ショーディッチ教会
地下鉄オールドストリート駅から歩いて5,6分の所にあります。立派な教会なのですが、日曜日の昼過ぎにいきましたが、人気が無くて寂れた感じでした。看板もやぶれているし、オレンジアンドレモンと書いた郵便受けも壊れかけているし・・・。

When will that be?
Say the bells of Stpney.

今は無いそうです。


I'm sure I don't know,
Say the grat bell at Bow.
セントメアリールボー教会
セントメアリー・ル・ボー教会です。ここもセントポール駅から近いですね。セントポール大聖堂の右の方にあります。私はロンドン橋から歩いたのですが、ロンドンの道はとても入り組んでいるので探すのに結構苦労しました。

首切り人がいたのは、ロンドン塔ですね。そちらには'04 2月に行きました。写真はちょっとupが面倒なのでごめんなさい。でもそこには羽を切られたカラスがちゃんと小屋付き、立派な世話人付きで飼われているし、ホワイトタワーにはプロセッションの蒔絵がありました。女王様は天蓋の下を静々と歩いています。とっても広くて回るのが大変でした。幽閉されたり、首切りが行われたり・・・、となんだか暗い雰囲気で寒い2月に一人で回るにはあまり楽しくない場所でしたね。女王様の王冠はじっくり見ましたよ。戴冠式のビデオが写されていて、そこに行く前に見学したウエストミンスター寺院の様子がよく解りよかったです。これから行かれる方は寺院のオーディオガイド(日本語あり)で、色々知識を入れてから、ロンドン塔にも行かれるといいですよ(^0^)

お次は
ロンドンブリッジ
ロンドンブリッジです。向こうに見えるのがタワーブリッジです。地下鉄モニュメント駅からすぐです。今回はロンドン橋を渡りきったところにあるサザーク教会に入りました。ちょうど教会の鐘がすべてなっていてとっても気持ちのいい日でした。前回行ったときは対岸のシェイクスピアグローブ座に寄りました。夏の間しか上演はしていないのですが、ツアーガイドがあって、コックニー訛りのおば様の楽しいガイドで舞台や観客席を見学しました。舞台の上のロミオとジュリエットならバルコニーになる場所が演目によっては使わないときは女王様たちの席になると聞いて驚きました。また、当時はお風呂に入る習慣が無かったので、客席が満員になるとそれはそれはくさかった(><)そうです。真ん中の椅子も何も無い所には開演と同時に観客が押し寄せて、1番前を目指すそうです。観客は舞台に手を着きながら見られるのです・・・。 ~話がそれました~

そしてLion and Unicon fighting for the crown・・・
ライオンアンドユニコーン
これはバッキンガム宮殿のゲートです。イギリスの紋章なのでポリスオフィスや、郵便局や、橋の袂など色んな所にあります。でもこれが1番立派かな?
ゲートの柱にはライオンとユニコーンの像もそれぞれ飾ってあります。
ライオンはイングランドのユニコーンはスコットランドの王家の象徴であったが、長年の両家の対立の末、スコットランド王ジェームズ6世がイングランド王家のジェームズ1世(在位1603~25)として世継ぎのいなかったエリザベス1世の後を継いだことにより、スコットランドがイングランドに統合されたことを示す・・・といわれているそうです。それに、日本では食パンは大体白パンですが、あちらでは必ず、黒パンと白パンがありますね。それに切り方はみんな日本のサンドイッチ用ほどの厚さです。オープンサンドとして食べることが多いからかな?

さてこれは
デュークオブヨーク
高すぎて何がなんだかわかりませんが、
Oh, the brave of old Duke of York・・・です。
トラファルガー広場の角にあります。
この歌は子どもたちもとても好きだそうです。私が訪ねた図書館の幼児のためのライムタイムでも歌っていました。立ったり、中腰になったりリズムを取りながらわいわいやっていました。

そして
ホットクロスバンズ
いつでもマーケットで売られているHot cross buns!干しぶどう入りの丸パンです。
結構美味しくて、お値段が手ごろなのでこのパンとミネラルウオーターをカバンに入れて軽食代わりにロンドンの町を歩きました。6個で£0.66 1個30円くらいですね。

おまけ
ジャックアンドジル子ども服
北ウエールズコンウェイの駅前になった子供服のお店です。
ぴったりの名前ですね。

おまけのおまけ、
パーリーキング
パーリーキングとパーリークイーン
マイ・フェア・レディーで有名なコックニーの正装だそうです。~コックニーは貧しくて、昔は安い貝ボタンを行商するものが多かった。でも、その貝ボタンで刺繍した服は女王様の前にも着ていけるコックニーの正装なのだよ。~鷲津名津江さんのマザーグースを尋ねてより。
コベントガーデンにある、セント・ポール教会で出会いました。
コベントガーディン教会
この教会の通路には有名人の名前がタイルで飾られていました。
ピーターオトゥール
これはピーター・オトゥールです。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.