幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0230698
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ホワイトホースシアター~Learn English Through Theatre
 2007“Billy's Friend”初級
 2007徳島・広島公演
 2007WHTワークショップ
・ 無料体験教室
現在ページはありません。
・ ライブラリー参考図書
 かえると金のまり
・ ’06イギリス・フランスの旅
 ウエールズ・カーディフを訪ねて
 グローブ座&ロンドン塔
 ロンドン博物館めぐり
 ロンドンのターミナル駅色々
 フランスパリ・モンサンミッシェル
・ ’05秋イギリスとデンマークの旅
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Llandudno ~
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Oxford~
 ナーサリーライムに歌われた場所を訪ねて~ロンドン~
 ロンドンに2人のピーター・パンを尋ねて
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~コペンハーゲン~
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~オーデンセ編~
・ ’05中国交流
 ’05中国交流観光編Ⅰ部(西安)
 ’05中国交流観光編Ⅱ(北京)
 中国雑感
・ 阿部パーティー15周年行事
 メッセージ
 スタンレーの旅
 スタンレーの旅2
 スタンレーの旅まとめ~クイズに挑戦してみてね~
・ スリランカでの絵本普及活動
 第二回絵本コンクール優秀作品出版に向けて
 2006絵本コンクール優秀作品出版
・ 日常活動は、・・・
 ラボ・プレイルーム(1才から3才未満の親子グループ)
 ラボ・フェローシップ(大人のグループ)
・ 阿部パーティ国際交流の記録
現在ページはありません。
・ Laboあべパーティーの仲間になると?
 赤ちゃんはどのようにして、ことばを話すようになるのでしょうか?
 ラボ・パーティーでは自然なことば(英語)が流れている
 英語で話したい相手がいる、英語で話したいことがある
Welcome!
ラボの皆さんがいちばん興味があると思われる、ウエールズのラブスプーンを撮影してきました。カーディフ城の前にショップがあるのですが、そこは撮影禁止です。しかし、カーディフの駅前からバスで20分ほど行ったセント・ファンガス村のウエールズ生活博物館の中にウッドクラフトの実演をしている所があり、そこでは写真撮影をさせてくれました。もし、この写真が欲しい方は、メールアドレスを教えてくださればもとのサイズでお送りします。
ラブスプーン

自分用には、Heart:My heart is yours, Keyholes:My house is yours, Horse Shoe:Good Lauk& Happiness,の付いたものを購入しました。本当は男性から送られるものなんですけどね(~~;)

カーディフに行ったのは11日なのですが、ライブラリーに関係のあるものからご報告です(^0^)カーディフ城は、100年ほど前にとってもお金持ちの城主の趣味で豪華絢爛に改装されています。20分ごとに城内案内ツアーがあります。英語ですが、受付けに日本語のパンフレットがあり、頼めば貸してくれます。待ち時間にそのパンフレットを読んで予備知識をつけていざ出発です。あるガイドブックには「悪趣味なほどの豪華絢爛さ・・・」とありましたが「う~ん・・色んなお金の使いようもあるんだな・・・」という所ですかね。子供部屋には色んな童話の絵が描かれています。ランプシェードにはナーサリーのお話が描かれています。Hey didll didllのネコのバイオリン弾きの絵もありました。
中世のまま残っている城壁に登ると上から隣の公園が見えるのですが、そこにStone circleのようなものが見えました。
ストーンサークル

実は真ん中の石にカップルがいい感じで座っていたのですが、私が周りから色んな角度で写真を撮っているとたまりかねて(~~;)どっかに行ってくれました!と言うわけでスッキリした写真の出来上がり(^^)

ウエールズのセント・ファンガス村(ラブスプーンの製作展示あり)の続きです。色んな建物があり、家の中も当時のまま再現されていてとても興味深かったのですが、お話好きの私がとっても興味を引かれたのは石造りの豚小屋でした(^^)
豚小屋1
石を積み上げた塀があり、円錐形の屋根の小さな小屋が見えるでしょう。近づいてみるとこうなっています。
はい、豚小屋
説明書きがこれです。
左がウエールズ語、右が英語です!
豚小屋説明

この小屋を見たとたん、3番目の子豚の家だ(^^)と楽しくなりました。
近くにはわらで出来た同じような形のものがありました。

ワラの家


でもこれはきっと日本にもあるわらを積み上げたものだと思うのですが、1番目の子豚の家に違いない・・・と思わせるものでした!残念ながらハリエニシダで出来た小屋はありませんでしたが(~~;)

日本では木の家が当たり前ですが、イギリスはレンガの家が当たり前!3匹の子豚のお話が出来る背景があるのですね。

このセント・ファンガス村は広くて、一日でも楽しめます。パン屋さんでは、パンやケーキ(ウエリッシュ・ケーキ・・カントリーマームとホットケーキの間のような触感のパンケーキ)を毎日焼いて販売しています。郵便局や雑貨屋さん、POTTERY(陶芸釜)もあり、作った作品を手に持って乾くのを待っている人々がたくさんいました。写真館もあり、私は妹と記念に写してもらいました。鹿鳴館の時代に洋行してきた姉妹(~~;)と言うような出来でした!
粉引き小屋もありましたよ。イギリスの昔話に出てくる風景が一度に見られる素敵な場所です。時間の都合で全部は見られませんでしたが、お話の好きな方にとっては、カーディフに行ったら是非訪れると楽しい場所です。
そうそう、この村のガイドブックに、Traditional Celtic Wedding をこの村で挙げる事が出来ると写真入で載っていたのですが、なんと花嫁とブライドメイドの服装がグリーンなんです!!
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.