幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0301382
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ラボ前田パーティの紹介
 LABOってなあに?
 年間行事
 発表会のあゆみ
・ 前田パーティの イベント紹介
 2007ハロウィーン
 2008卒業生を送る会
 2008秋のパーティ発表会
 2010イ-スタ-
 2012おぜんざいの会
 2012ファミリー合宿
 2012国際交流壮行会&発表会+夏祭り
・ 前田パーティの 国内交流
 2008地区合宿
 2009夏の思い出
 2011-12ウインターキャンプ
 2013サマーキャンプ黒姫
・ 前田パーティの 国際交流
 参加者リスト
 2006夏カナダ・アルバータ州初シャペロン
 2011夏アメリカメイン州シャペロン
 2011湘南地区国際交流のつどい
 2012地区壮行会 激励スピーチ
 2012パ-ティ壮行会 激励スピーチ
 2013地区壮行会 激励スピーチ
・ 前田パーティ 15周年の会
 テーマ活動発表の感想
 英語の詩と歌の発表の感想文
 何でもメッセージ
・ 前田パーティ  12周年の会
 発表のアルバム
・ 前田パーティ 10周年の会
 プログラム
 英語の歌と詩のメドレー
 お客さまの感想
 ラボっ子代表のスピーチ
・ ハンドルネーム ショコラの由来
・ テューター・リポート
 『バッファローの娘』 資料
 『バッファローの娘』 活動レポート
 『オズの魔法使い』研究レポート
 「クジラのはなしと歌のつどい」
 『鮫どんとキジムナー』
 海の向こうの世界を見てきた万次郎
 ‘ENGLISH FAIRY TALES’
 キンダークラブ通信 No.9 掲載リポート
Welcome!

◆ クジラのはなしと歌のつどい   2010年2月20日(土)


 前田祥子 〔2009神奈川支部ライブラリー委員長〕



世の中歴史ブーム。
坂本龍馬が注目されていますが、
同じ時代に生きて龍馬にも大きな影響を与えたのがジョン万次郎です。
今秋新しく刊行されるラボ・ライブラリー『ジョン万次郎物語』(仮称)の発刊記念企画として
「クジラのはなしと歌のつどい」が開催されました。


★ ジョン万次郎とは?

土佐の貧しい漁師の次男に生まれた万次郎は、
14歳のとき仲間4人と共に漁に出て遭難。
奇跡的に太平洋の無人島に漂着し過酷な生活を送っていたところを、
アメリカの捕鯨船によって救助された。
*船名のジョン・ハウランド号から船員たちにジョン・マンと呼ばれて可愛がられたという説もある。
船長ホイットフィールドは万次郎以外の4人をハワイで降ろし、
才能を認められ気に入られた万次郎は自らの意思でアメリカへ渡航する。

船長の養子となり、
その故郷マサチューセッツ州フェアヘブンで英語の読み書き、数学、測量、航海術、造船技術などを学び、
やがて10年後日本に帰国。

外国で学んだ貴重な知識や技術、体験、世界観によって、
激動の幕末から日本の夜明けにかけて貢献した影の重要人物と言われている。
万次郎は日本人で初めてアメリカに足を踏み入れた人であり、
また日米和親条約の締結に尽力するなど、
日米の友好をはじめとする国際交流の礎に多大の影響を与えた。
1827年1 月27日生 – 1898年11月12日没。



「クジラのはなしと歌のつどい」


アメリカのニューベッドフォード捕鯨博物館の主任学芸員スチュアート・フランク博士によるお話と歌でした。
西洋式捕鯨についての専門家であり、
またプロの音楽家として、
ギターやコンセルティーナ(アコーディオン)を演奏しながら
船員たちの歌“Sea Shanti”を歌う活動を30年間に渡って続けている方です。
弾き語りには、潮風と海の男のロマンを感じました。
歌に楽譜はなくクジラ捕りたちが船上で歌い継いでいったのです。

なお、コーディネイター及び通訳は、
和歌山県太地町立くじら博物館の学芸員桜井敬人氏でした。
*世界一のスケールを誇るくじらの博物館。
太地町(たいじちょう)はわが国捕鯨発祥の地。

正直言って私は、捕鯨といえば、
南極海での日本の調査捕鯨船に対する
アメリカ環境保護団体シー・シェパードの妨害活動くらいしか思い浮かばなかったのですが、
日本の捕鯨の歴史は縄文時代に遡るほど長く、
そして食糧を海に求めた日本で捕鯨は欠かせないものだったのですね。
ちなみに、浦賀の黒船来航は捕鯨船隊の補給、修理を要求していて、
<日本の開港はクジラがした>とも言われているそうです。


さて、スチュアート・フランク博士は
捕鯨博物館の貴重な展示品の映像をふんだんに紹介しながらお話してくださいました。

□アメリカ国内での万次郎は、
「アメリカに功績を残した最初の日本人」「とても優秀な捕鯨船員」として有名。

□ランプの油などの需要から19世紀には世界中で捕鯨が盛んに行われ、
 国の根幹をなす一大産業だった。
 主に、アメリカ・イギリス・ドイツなど。
 のちに石油の発掘で価値が下がっていく。

□日本近海にいたマッコウクジラをねらって、アメリカの捕鯨船が押し寄せた。
 捕鯨船が日本にとって欧米との最初の出会いだった。

□ハワイのオアフ島ホノルルとマウイ島ラハイナが主要な捕鯨船の寄港地として賑わい、
 最盛期の1840年頃から1950年代にはかなりの数の多国籍の捕鯨船が来航して、
 ハワイは経済的に潤った。
 万次郎の仲間たちが降りたったのも、帰国のさいに万次郎が再び訪れたのもホノルル。
 アメリカ東海岸から南米大陸最南端ケープ・ホーンを回る。

□北半球が夏のシーズンは氷の浮かぶ北極圏まで行くため、
 氷に船が閉じ込めらて冬を越すこともあった。
 捕鯨船の船員たちのほとんどは若い男たちで一艘に30人くらい乗っていた。
 故郷を遠く離れて、食糧もたいしてない状況で、過酷で危険な仕事をしていた。
 ハワイ先住民やマオリも大きな気候の変化を越えてクジラ捕りになった。
 また、雇われキャプテンとして船に乗り成功した人たちもたくさんいた。

□20cmはあるマッコウクジラの歯や骨に絵を描くスクリムショー(scrimshaw)という芸術がある。
 クジラ捕りがその航海中に、捕鯨船上で作ったものをいう。

万次郎が初めて覚えた英語は
「There she blows!」(見張りをしていてクジラを発見したときに言う)だったそうです。
命の恩人ホイットフィールド船長との出会いは、捕鯨との出会いでもあったのですね。 
万次郎はのちに、咸臨丸に乗って使節団の一人として再びアメリカを訪れます。
初めてアメリカの地に踏み入れた漂流民の日本人が、今度は大使となって帰ってきた!
とは、まさにアメリカンドリームと映ったことでしょう。




*この記事は、
『神奈川支部ライブラリー通信No.2』(ラボ神奈川支部ライブラリー研究会 2010年3月8日発行)
に掲載した「クジラのはなしと歌のつどい」から修正して転載しました。
無断引用・転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.