幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0301214
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ラボ前田パーティの紹介
 LABOってなあに?
 年間行事
 発表会のあゆみ
・ 前田パーティの イベント紹介
 2007ハロウィーン
 2008卒業生を送る会
 2008秋のパーティ発表会
 2010イ-スタ-
 2012おぜんざいの会
 2012ファミリー合宿
 2012国際交流壮行会&発表会+夏祭り
・ 前田パーティの 国内交流
 2008地区合宿
 2009夏の思い出
 2011-12ウインターキャンプ
 2013サマーキャンプ黒姫
・ 前田パーティの 国際交流
 参加者リスト
 2006夏カナダ・アルバータ州初シャペロン
 2011夏アメリカメイン州シャペロン
 2011湘南地区国際交流のつどい
 2012地区壮行会 激励スピーチ
 2012パ-ティ壮行会 激励スピーチ
 2013地区壮行会 激励スピーチ
・ 前田パーティ 15周年の会
 テーマ活動発表の感想
 英語の詩と歌の発表の感想文
 何でもメッセージ
・ 前田パーティ  12周年の会
 発表のアルバム
・ 前田パーティ 10周年の会
 プログラム
 英語の歌と詩のメドレー
 お客さまの感想
 ラボっ子代表のスピーチ
・ ハンドルネーム ショコラの由来
・ テューター・リポート
 『バッファローの娘』 資料
 『バッファローの娘』 活動レポート
 『オズの魔法使い』研究レポート
 「クジラのはなしと歌のつどい」
 『鮫どんとキジムナー』
 海の向こうの世界を見てきた万次郎
 ‘ENGLISH FAIRY TALES’
 キンダークラブ通信 No.9 掲載リポート
Welcome!

『鮫どんとキジムナー』


 前田祥子 〔2010神奈川支部ライブラリー委員長〕



琉球王国の伝統文化や歴史に育まれた独特の文化の沖縄は、
大小160もの島々が点在しサンゴ礁に囲まれた明るい南国です。
自然豊かな美しい海と空のイメージですが、
沖縄本島の北部はヤンバル(山原)とよばれる深い森におおわれた山地です。

自然に対して尊敬と畏怖の心をいだいてきた人々は、
多くの民話や伝説を沖縄の言葉ウチナーグチで語り継いでいます。
海には、竜やマジムン(魔物)が住んでいると言われます。
人の魂をマブイといい、事故にあったりするとそのショックでマブイが体から抜け出ていきます。
人のマブイをぬきとってしまうマジムンもよく登場します。

ガジュマルは多幸の木とも言われます。
亜熱帯の沖縄に生息する大木で枝を広げ力強く根をはり、見るからにおどろおどろしい印象ですが、
暑い夏には人々が集う優しい木陰をつくり、かの地では親しみのある木です。

沖縄の代表的な伝説上の妖怪キジムナーは、
小さな子どもくらいの大きさで赤い顔に赤い髪の毛でいたずら好き。
跳びはねるように歩き、大きな古いガジュマロの木をすみかにしています。
樹木の精霊とされ、沖縄の人にとっては愛すべき妖怪です。
魚介類を主食とし、キジムナーとともに漁をするとたちどころに船が魚であふれるほど魚が捕れますが、
とくに魚の目玉(左目)が大好きで、目玉だけがない魚の死骸があったらそれはキジムナーの食べ残しと伝えられています。
人なつこくて、親しくなった人には多くの幸福をもたらし家が栄え、
逆に恨みを買うと死んでしまったり家が滅びたり。
まるでざしきぼっこですね。
キジムナーはたこや鶏を嫌うので、縁を切るにはこれらを使うか、
キジムナーの宿っている木を焼いたり釘を打ち込んだりすると良いといいます。

キジムナーは沖縄の人ならみな知っている民話の登場人物です。
民話の時代と現代が断絶せず、目に見える風景の中に残されているようで、
おもむき深いですね。


● 参考図書
□「沖縄まるごと大百科」シリーズ ポプラ社
□「妖怪事典」 村上健司編著 毎日新聞社




*この記事は、
『神奈川支部ライブラリー通信No.6』(ラボ神奈川支部ライブラリー研究会 2010年9月27日発行)
に掲載したリポートから修正して転載しました。
無断引用・転載はご遠慮ください。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.