幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧海外交流・留学ランダム新規登録戻る 0230753
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ダンス
 Pig in the parlor
・ イギリスへの旅
 第2回イギリスへの旅 2009 Sept.
 LNP イギリス旅日記2009 Sept.
 LNP イギリスへの旅 その11~その20
 LNP イギリスへの旅 2009 その21~30
 LNP イギリスへの旅 2009 その31~40
 その41~45
 スコットランドへ   バグパイプに魅せられて
・ お話クイズ
・ ソング,ゲーム
 The Hokey Pokey
・ Story Telling 読み聞かせ
・ OBからの手紙
・ テーマ活動
 永訣の朝 (宮沢賢治)
 Peter Pan ピーターパン
 The Duck and the Kangaroo
 Hey Diddle Diddle
 国生み
 やまやまもっこり
 フレデリック 
・ ナーサリーライム研究会 ≪ギースの会≫
 お気に入りのナーサリーライムは?
 ナーサリーライムクイズ
 The Owl and the Pussy-cat
 Song a Song of Sixpence
 Mary had a little lamb
 Take Me Out To The Ball Game
 There was an old woman who lived in a shoe
 To market To market
 Row, Row, Row Your Boat
 Rub-a-Dub-Dub
 Round and Round the Garden
 Wee Willie Winkie
 Three Blind Mice
 Ring-a-Ring o' roses(Ring around the rosie)
 There was an old woman lived in a shoe
 Solomon Grundy
 Wee Willie Winkie
 Thirty Days Hath September
 TheEency Weency Spider
 Ride a cock-horse to Banbury Cross
 Wee Willie Winkie
 ハートのクイーンThe Queen of Heart
 Tweedledum said Tweedledeeトゥィードルダムとトゥィードルディー
 Twelve Days of Christmas
 Twinkle Twinkle Little Star
 Sally Go Round The Sun
 The Muffin Man
 This little pig went to market このゆびこぶたマーケット
 Three Blind Mice
 This is the house that Jack built これはジャックのたてた家
 A
 Here is the church,and here is the steeple
 O
 Tweedledum and Tweedledee
・ 国際交流写真展(since 1976)
 2007ワシントン州
 2006 カンザス州
 2006 サウスダコタ州
 2005 オハイオ州
 2005 ジョージア州
 2004 テキサス州
 2004 カナダノバスコシア州
 2003 カリフォルニア州
 2003 テキサス州
 2002*4H100Aniv.Bear
 2002 アイダホ州
 2002 オハイオ州
 70年代
 ホームステイ受け入れ
 中川潤子より 旅立つ君達へ
 2008 パーティ壮行会
 ラボ留学(1987,2001)
 2004 カナダ・ノヴァスコシア州
 テキサス州
 2008 アイダホ州
 2008 ノースカロライナ州
 2008 オハイオ州
 2008 イリノイ州
 2009 オハイオ州
 2009 マサチューセッツ州
 2013 オハイオ州
 2017 コロラド州
 2017 オハイオ州
 2017 ミズーリ州
・ ラボ中川パーティー 年代別活動
 プレイルーム<動画>
 小学生活動 フレデリック
 えいごによるスピーチ
 フレデリック <動画>
 The Queen of Hearts ハートのクイーン
・ パーティー行事
 合宿
 ハロウインラボ
 クリスマスラボ
 2008LNPハロウイーン
 生涯学習フェス
 ボランティア活動≪ジョイの会≫
 ソング<動画>
 平家の里デイキャンプ20130803
・ ラボパーティ 特別行事
 ラボサマーキャンプ2010夏
 第1回 kotobaフォーラム
 第2回 kotoba フォーラム
 大山サマーキャンプ第2班シニア発表ももたろう 2011
 ロッジ活動 ラボっ子ばやしの練習
 大山キャンプ 第2班 キャンプファイアー
 大山キャンプ 第2班 ラボっ子ばやし
 大山キャンプファイアー ピニョンピルリン(動画)
 大山キャンプ第2班 閉会式 シニアメイト
 大山2班 キャンプソング 月夜の晩
 大山2班8/8朝食いたごち
Welcome!
                  “永訣の朝”
                                
トモキ  :自分が実際に置かれたことのない状況、その中に居る気持ちになるのが
      難しかった。

マサナリ:表現するのも難しかったが、語るのも難しかった。
     体の姿勢、目線、首の角度などで絶望、決意のギャップを表した。

トモエ  :ゆっくりと歩いて中央に来るとき、いい感じだなと思った。

      時間がどんどん過ぎていっているようで、ケンジの思っていることが悲しみからがんばっていくよと言うような言葉に変わっていると思う。

エイジ  :日本語だけなので簡単と思ったら、結構難しかった。

カズキ  :「ああとしこ、おまえは私に頼んだのだ」のところが特に難しいと思う。

シホ   :「有難う、真っ直ぐに進んで行くから」はケンジががんばって進もうとしているところだから少し上を見たらどうかなと意見が出た時、ああそうかと思った。最初話し合いばっかりでなかなか動かない程悩んで決めて大変だったけどその成果が出た。

サクヤ :出きるだけ感情が出るようにがんばった。顔を下げるのを忘れそうになった時、もっと集中しなければと思った。

アヤハ :視線や歩き方も注意してケンジの大切な人を失ってしまう悲しみを表現た。最後まで妹の幸せを願う心と悲しみを乗り越える強さが混じったような複雑な心を表すのは難しいと思う。でも、最後を全員で顔を上げて言うことで願いの大きさと強さが出せたと思う。

オサム :イメージは作者のこれからをとしこに誓う深刻な詩だった。だからどうしても暗いイメージにしたかったが、動きを入れることによって、より作者の思いを強調できるのだと知った。複数で言うという発想により詩にメリハリがついて強弱がついた。結果的に詩全体の暗さが無くなったため、よりいっそう雰囲気が良くなった。

ユウキ :「オラオラデシトリエグモ」を選んだ理由は、そこをどうしても言ってみたかったから。

シュン :事務局のWさんの勉強会から始まり、深く深く話し合い、何故パート分けをするのかとテューターにおこられることもあり、でもすごく良いものになった。自分としてはもっと高めていっそう良いものにして皆に見て貰う機会を是非つくりたい。

ムツミ :私の歩き方、努力して直したつもりです。どうでしたか?とお母さんに聞いたら「別に…良かったんじゃない!」って言われた。

スーさん:宮沢さんはこんなに色々考えてくれる人がいて幸せもんだなと思った。多くのラボッ子がいるから。一つの作品にも色々な想いがある。僕らは発表で、その想いを見ている人にぶつけ、見ている人の心の中で色々の変化があってまた誰かに伝わって行くんだろうと思う。

ユカコ :辞書を片手にCDを聞いた。ディスカッションが進むうち皆んな同じ思いにまとまった。言葉と言葉の間(マ)はケンジがトシ子の死を考えている時間だ.など。

ナナエ :ケンジがどれほどトシ子を頼りにしていたかを勉強会で聞いてからCDの聞き方が変わった。

クラッチ:永訣の朝を発表すると決まった時から、最後のところを言うと決めていた。それは最後の〆ということもあるし、ケンジのやさしさがすごく出ていると思ったからだ。ケンジは強くてやさしい人だったことが解る。

トモエ:私は、「永訣の朝」や「雨ニモ負ケズ」の動きを考えている時、最初は書い てあることばかり動きに表そうとしたけれど、思ったことを体で表すことは味がでていいなあと思った。  何年ラボをやっていてもこういうことが分かってくるからラボ活動の意味があるのだと、ケンジの活動をしてみて初めて思った。
 
マサナリ:今回は、いつもと全く違う形の発表会だった。まず、研究発表をしたことは大変良かった。皆んなは自分流にケンジについて調べたり、感じたりしたことを形に表すことでケンジについての関心が高まったと思う。工夫があって楽しかった。
 
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.