幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0031640
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ パーティ通信Wonderland Labo
 2014年2月号
 2014年3月号
 2014年4月号
 2014年5月号
 2014年6月号
 2014年7月号
 2014年9月号
 2015年新年号
 2015年2月号
 2015年3月号
 2015年4月号
 2015年5月号
 2015年6月号
 2016年2月号
 2016年3月号
 2016年4月号
 2016年5月号
 2019年10月号
 2019年11月号
 2019年12月号
 2020年1・2月号
 2020年4月号
・ 国際交流【2013モンタナ州引率】
 モンタナ州交流 40年の年月を越えて
Welcome!
今年も市民芸術祭近づく!
~ことばとこころを交わし、届けるテーマ活動めざして~

2019年のカレンダーも最後の一枚になりました。一年のしめくくりの芸術祭、今年は
12月に二回、二か所の市民センターで行われます。福岡A北九州となって2年目、どのパーティも
本番の舞台で自分たちのテーマ活動表現を一番楽しみたい、かっこよく発表したいとこの数ヶ月
それぞれ練習に励んできていて、いよいよ本番直前!!

いのうえパーティは10月から、今まで長くラボパーティ会場として広々と動いていた和田ふれあい
センターから、三宅一丁目の民家でのお座敷ラボとなりました。曜日も木曜から金曜日にシフト。
選んだテーマは『みるなのはなざしき』に続いて、日本昔ばなしの『おむすびころころ』でした
から、ちょうど和のイメージでスムーズに動きだせたように思います。となりのカーペットの
洋室も彼らなりにうまく使いつつ進めています。大きく動くソングには少々手狭;でもナーサリー
を唱えたり手遊びするには程よい広さです。
毎週いろんな日本昔話絵本を紹介しました。特にネズミが登場する話、別の「おむすびころころ」
を比べ読み。テーマ活動を進めるにあたり、不思議を考え、キャラクター研究に、家や穴といった
イメージ図、どれも家で一人では考えてこないが、グループで考えては動き、動いては考え、
ひとつのまとまりのある表現活動にしていくのは大事なプロセスです。「テーマ活動はことばと
こころを受け渡している」と芸術祭のプログラムに記されている通り、身体を使い、英語と日本語を
使い、タテナガでやっている高度な活動です。

 本番までの2回で、より見ている人にこのお話の楽しさが伝わるようにアゲアゲで~
そうそう歌は結構ポイントですね(^^♪ 小気味よく陽気に元気に歌ってほしいなあ。
英語の文字が読めない小学生にとっては、良い耳で何度も聴きリズムで“強い弱い”を気を付けて
マネすると英語らしくなります。高学年や中高生になってもやはり耳が一番のたよりで、文字は
あとがいい。練習で というか日常でいえていないことばは、あの緊張の場面ではスッとは出て
こないです;英語となるとそれは難しいです。あと10日、、、
しっかり聴いて、声に出しましょう。12/6(金)は2時間ばっちりリハーサルです。
12月8日の午前中は5つのパーティが発表します。この日は発表を観るための日でも
あります。やっている者同士、観ている人同士届ける日です。受け取ってもらえるよう、受け取って
あげるよう過ごしましょうね。午後も少しでも残って観ませんか?
『ブレーメンの音楽隊』『ペチューニア』『十五少年漂流記』『バーバヤガー』と大作が続きます。
楽しみですね!しっかり観て感想文も書いてくださいね!
   
  
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.