幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0276854
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
「宝物の発見」 加藤優子

本日は、お暑い中、また、遠いところからも加藤パーティの20周年にお越しいただき、大変ありがとうございます。
この20周年に向けて、卒業生の皆さんや、加藤パーティにちょっとでもかかわって下さった方々と連絡を取り合ったり、近況を知らせ合うことができてとても嬉しく思います。
卒業した後も、社会や学校で自分らしい、豊かな実を結んで生活している知らせを聞き、とても励みになりました。

そして、今、現在、一緒に活動しているラボっ子達とそのご家族と一緒に20周年を迎えることは、この上ない喜びです。20年前には生まれてもいないラボッ子たちですが、20年の間のラボ活動の集積した、加藤パーティとしての成長は彼らの中にあると思っています。
その彼らと一緒に創り上げたテーマ活動(英語での表現活動)を発表できたら、最高の20周年になると考え、この発表会を催すことにいたしました。

この20年という長きにわたって、たくさんのお子さん達と出会いました。毎週のパーティの中で繰り広げられるラボ活動は、一見すると、「ただの大騒ぎ」、「遊んでるけ」のように見えることがあります。ただ走り回る子たち、何もしないで見ているだけの子もいたりします。
そのような喧騒とも見えるような中で、子ども達の創造力が発揮されていきます。
走り回っていた子が、キラリと光る、誰も思いつかない発想をしたり、じっと座って何も言わなかった子が、いつの間にか全体を大きく把握できるリーダーになっていたりします。
そのような、一人一人の可能性と、奥底に潜んでいるその子にしか持っていないキラキラ光る宝物とも言える個性や感性を見る時、本当に大発見の喜びを感じてしまいます。
一年二年のものさしでは変化は感じられませんが、もっとゆったりとした尺度で見ていてあげると、子ども達は生き生きと自分を表現するようになっていきます。自分に自信を持てるのです。小さな声で、はずかしそうにしていた子どもたちが、びっくりするような晴れ晴れした表現をいつの間にか創り出していきます。そして、自分に誇りを持つようになるのです。
ラボでは、高校生になってからその力を発揮していく人が多いようです。そうなると、ラボだけでなく、どんな環境の中でも、勉強や部活、趣味の領域までも頑張り抜いて自分を発揮していくことができるようになります。

私の宝物の発掘作業は、今いるラボっ子たちに対しても、また、未来のラボっ子たちに対しても続きます。この喜びがある限り、ラボを続けていけることでしょう。喜びを与え続けてくれている元ラボっ子とラボっ子のみんなに感謝します。
また、この10年から20年にかけては、個人的には人生の困難の時でもありましたが、この時にも犠牲を払って助けて下さった岡山のテューターの皆さん、松本前会長、都志さんをはじめとする事務局スタッフの皆さん、倒れた時も支えて下さいましたご父母の皆さん、心から、ありがとうございます。
2009年7月20日
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.