幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283138
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
「光り輝く子どもたちの姿を夢みて」刻んだラボ20年に、乾杯!!
               ラボ教育センター前会長:松本輝夫

ラボ加藤優子パーティ20周年、おめでとうございます!!
――と書き出しつつ、あれっ、加藤パーティは、まだ20年だったのか、という感慨が湧いてきて我ながら不思議です。思えば20年というのは大変な歳月なのに、これはどうしたことでしょうか…それは加藤さんがかなり以前から存在感の際立つテューターであり、全国的に名の通ったパーティを代々のラボっ子、ラボ・ファミリーのみなさんとともに築いてきたからにほかなりません。だから30年、35年、40年テューターがたくさんいるラボの世界で、つい加藤テューターもそのくらいのキャリアを積んだ方だと錯覚していたのでしょうね。見た目はえらく若々しいのに、です。そのような実績のあるパーティを20年もの長きにわたって継続してくださったことに心から拍手を送り、ラボへの多大なご貢献に厚く御礼申し上げます。

 その上で、加藤さんがラボをここまで頑張ってこれたヒミツとはどこにあるのでしょうか?――で、ご本人に、ラボ・テューターになったきっかけや動機について伺うと、偶然の招きで、あるテューターと出会い、そのパーティをみにいったとき当時まだ幼かったわが子と一緒にできる活動というのがわかり、すこぶる魅力的だった由。またラボ・ライブラリーを聞いて、そのお子さんたちがとても喜ぶ姿をみて、じゃあ、やってみようかという気になったとのこと。あくまでもわが子のため、わが子の反応を第一に考えて軽やかにスタートしたという原点が素晴らしいですね。
そこから出発して「ラボでは大きい子が小さい子の面倒をみ、協力し支え合いながら一つの物語を想像し、表現していきます。10年経って、思いやりの深い、感性豊かな子がたくさん育ってきて嬉しくなります」(10周年文集の文章です)までは、あと一歩の距離でした。

なぜならわが子を本当に大事にするためにはわが子だけみたり、わが子だけにかまけていてはむしろ逆効果で、もっと開かれた、他の子どもたち、しかも異年齢の子たちとの群れのなかで育ち合うことこそが決め手なのだと気付くのがラボの第一だともいえるからです。
その大きな発見と確信が、今回の発表会チラシのなかでも「…しかし一見無駄と思えるような活動の中に子どもたちがたくさんの物語と出会い、日常生活では出会えない異年齢の友達や仲間と出会い、助け合いながら一人一人の創造力を発揮していく力を、これまで見てきました」と表現されていますね。

この<無駄こそ命>が子育てや教育活動の肝心カナメであるにちがいないし、「これまで(*ラボ活動を通して子どもたち一人ひとりにふさわしい確かな成長のプロセスを)見てきました」と言い切れる凄みが加藤さんのラボ20年を支えてきたのだということがよ~くわかります。そしてその凄みは、今の学校教育には問題多いが、その中で「自分を見失わず生き生きと自分の真価を発揮しながら輝き続けることを祈っています。そして光り輝く子ども達の姿を夢みて明日からのラボをまた歩みだしたいと思います」(10周年文集)という熱い祈りと響き合っているものでもあるでしょう。

あわせて何よりもかくいう加藤テューター自身が大人になってもますます「光り輝く」一個の魅惑的な人間であり続けたこと、そのようであるための努力と学習を惜しまないひとであることを代々のラボっ子、ラボ・ファミリーが知ってきたからこそ、あれこれの曲折はあってもテューターを信じて、ついてきてくれた20年でもあったのですね。
 これからもますます「光り輝く」ラボを楽しみながら極めていってくださいますよう心から願っています。 ラボ教育センター前会長:松本輝夫
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.