幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0276863
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
4月1~2日は、パーティ合宿でした。

中高生のコーチ、シニアは8名が男子で女子は1名だけでした。
かつては、宝塚歌劇のような女子が圧倒的に多い加藤Pでしたが、今は、特に高学年に男子が多いパーティとなりました。

今回はその良さを生かした、野外活動を中心としたパーティ合宿をすることができました。

7月の発表会に向けての、テーマ合宿でもあるので、「不死身の9人兄弟」と「十五少年漂流記」がテーマでした。

1日目は、「不死身の9人兄弟」のテーマを楽しみました。山を歩いて、9人兄弟を探すというウオークラリーを計画していましたが、雨のために山は歩けませんでした。

プレイホールの色々な部屋や廊下に隠された9人兄弟を探すことになりましたが、かえってその方がテーマに集中でき、一人を探す度に、その名前を英語で覚え、アクションも考えるということにしました。
おまけに、集めた9人を登場する順番に並べると、悪い王様がぶっ飛ぶという設定です。
9nin

王様は、廊下などで待ち伏せしていて、キャンパーが大きな声でキャンプソングを歌わないと通してくれません。
9ninkyoudai

これが、大盛り上がりでした。
しかも、「英語で9人の名前を覚えるのは大変だったけど、動作をつけたから、良く覚えられた!」と楽しく英語も覚えられました!

<ナイトプログラム>
パーティ合宿の1日目の夜は、ナイトプログラムがありました。

ソングバード大会で盛り上がった後は、ナイトハイクに出かけました。
空港公園まで、夜の山道を歩いて行きました。
この時だけ雨が上がったので、決行しました。

行く途中で飛行機が目の前を飛んで行くのが見え、大喝さい。
夜の道もバディで手をつないで、わくわくドキドキで楽しかったです。
空港公園では、明かりのついた滑走路が目の前に広がり、何とも美しい光景でした。
そこを飛行機が飛び立つのを見ることができました。大迫力です!

帰ってから、道具を使って火を作るという採火活動をする予定でしたが、飛行機の離陸時間が遅れたため、このプログラムは、2日目に延期することにしました。

2日目は、十五少年が無人島で生き延びたように、火起こしをしたり、ロープワークを体験しました。

採火活動(二人のチームで火を作ります)
火種

ガマの穂についた火をお母さん達が火吹き棒で吹いて大きく起こします。 みんなで声を合わせて「がんばれ、がんばれ、~」のコールが響きます。
火吹き

大きな火が!感動。
fire

貴重なこの火は、ランプに移して、火起こしの時まで「ともしびのいえ」に置いておきます。
fire2

火起こしをするには、先ず、薪割りから。
マキ割り

力を合わせて、火起こしをします。女の子もあおぐのを手伝いました。
おいしい紅茶を飲みましょう。
火起こし

ロープワークもコーチから習いました。船をつなぎ止める時に使う、「もやい結び」という結び方です。なかなか難しい・・。みんなできたかな?その他、簡単だけど、なかなか解けない「巻き結び」も習いました。今回の合宿のお土産は、ロープです。お家でも練習してみてね。
ropework

その他、泥水を浄化することもやってみました。
シニアの下見の時には、備長炭を使ったので、とってもクリアな水ができて、そのまま飲めそうなくらいでした。本合宿の時は、少し透明度がイマイチでしたが、泥水がきれいになって、みんな驚いていました。
余談ですが、備長炭を使うと、ゴミやバクテリアなども吸着してより効果が大きいそうです。
water
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.