幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283145
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥

<お話しを語りきれた人>

下村 知世(年中)  はらぺこあおむし
堤 ひかり(小2)  どんなにきみがすきだかあててごらん
堤 真花 (小4)  どんなにきみがすきだかあててごらん
長谷川 素子(小3) ピエールとライオン
富山 拓稔(小4)  くまがり

佐々木結唯(小2)  かぶ 
西木 愛実(小3)  てぶくろ
岡部 蕗子(小6)  雪むすめ

野村 純平(小1)  ももたろう
野村 桃香(小4)  ももたろう
野村 勇太(中1)  ももたろう
豊田 有彩(小4)  わらじをひろったきつね
豊田 基翔(中1)  ももたろう


松岡 心翼(小5)  不思議の国のアリス 3話
田村 郁人(小5)  裸のダルシン 1話

岡本 拓也(高1)  ライオンと魔女と大きなたんす 3話
田村 敦史(高2)  ライオンと魔女と大きなたんす 3話
松岡 粋 (中2)  ライオンと魔女と大きなたんす 1話
下田 雅治(小3)  ライオンと魔女と大きなたんす 4話

<英語の歌や詩>

内田 七菜子(年少) Head and Shoulders~、A was an Applepie
藤井 詩織 (年中) だるまちゃんとかみなりちゃんの一部
Humpty Dumpty
岸本 環菜 (年少) ABC
浅野 夏穂 (年少) ABC
八田 裕翔 (4才) Hello!
田處 史帆 (4才) Good Morning!
岡部 蓮太朗(小3) 雨にも負けず


「ライオンと魔女と大きなたんす 石舞台(3話)」を語りきったTakuya(高1)の感想です。
「今回はなかなか覚える時間もとれませんでしたが、短い時間の中でもしっかりCDを聴き込んでいったお陰でスムーズに覚えられました。

高校・中学生になると英文を読んで覚えてしまうために、お話しを楽しむということから離れてしまいがちになりますが、今回はテーマ活動を通してお話しに関われたため、久しぶりに楽しく素語りができました。

やはり、素語りは覚えることに意味があるのではなく、一本まるごと覚えてしまうことによって、お話しに深くかかわることに意義がある、つまり、物語の世界を楽しむ過程なのだと改めて感じました。

最近、世界中の様々な伝説、民話を手軽に知ることができる、ラボライブラリーの魅力を知ったので、時間を見つけて、多くのライブラリーに触れ、来年もこんな感じで楽しく素語りをしたいと思います。

あと、ずいぶん昔に自分が語ったライブラリーに挑戦している子がいて、非常に懐かしい気持ちになりました。」

このお話しをテーマ活動していますが、取り組んでいるテーマを素語りできることは、イメージや表現に大きな力を与えてくれます。言うまでもなく、自分の役のアスランは、素晴らしいです。
また、ルーシーやスーザンの声を少し女の子っぽく変えて、場面が生き生きと再現されていました。

小3のMasaharuは、大好きな「予言の成就(4話)」を語りきりました。
つまることなく、スラスラと、時にはCD通りに抑揚をつけて生き生きと語りました。驚異です!

Masaharuの感想です。

「少しもきんちょうしなかった。
他の人は、自分い上にがんばっていると思った。
話が長かったから、おぼえにくかったけど、なんおtか素語り会までにおぼえれた。

音楽がないと、話が進まないと思ったけど、頭の中で歌ってやっていた。
この会の前に話をおぼえたとき、自信があったから、きんちょうは、いつのまにかとけていたようだった。せいこうしてよかった。」
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.