幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283272
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
「一人遊びが当たり前になってしまって、集団の中に入るとどう対応していいのかとまどっている子供。
大人が企画する(仕切る)のが当たり前になってしまって、子供同士でのコミュニケーション作りにとまどっている子供。
身体を使って何かを創り、表現し伝える楽しさを体験してこなかった為に戸惑っている子供。
私には、そんな子供達の戸惑い、困惑がひしひしと伝わって来ます。」 大多和 勇


<待つことの大切さ>
私たちは子どもたちのとの付き合いの中で、いつの間にか、善意ではあっても子どもたちを「指示待ちの状態」にしてはいないでしょうか。
表現の指導にしても、大人がどんどんやってしまった方がどんなに手っ取り早いかわかりません。何とか発表当日までには形にしなければという焦りがその気持ちを正当化します。しかし、そういう時こそじっとこらえて「待つ」のです。子たちの可能性に賭けるのです。創意性をを信じるのです。子どもたちのチャレンジし学ぶ権利を尊重してやるのです。
「賭ける」「信じる」「守る」というと、何か合理的でない神頼み的な感じがしますが、そもそも創るという行為の根底には、そうした「可能性に対する信頼」が根を張っているのではないでしょうか。
一年二年のものさしでは変化は感じられませんが、もっとゆったりとした尺度で見ていてやると、子ども達は生き生きと自分を表現するようになるのです。自分に自信を持てるのです。
積極的に待つことによって子どもたちは創ることの楽しさ、素晴らしさを身体全体で確実につかんでいくのです。小さな声で、はずかしそうにしていた子どもたちが、びっくりするような晴れ晴れした表現をいつの間にか創り出すのです。そして、自分に誇りを持つようになるのです。 


<無駄の大切さ>
物語を身体と言葉で表現するということは、最も人間的な創造行為です。「効率化」「無駄の排除」という現代が追い求めているものとは正反対のものかもしれません。画一化、機械化、パターン化してしまったものは、何でも、早く簡単で便利かもしれませんが、子どもたちにとっては、面白くなく、創造性の無いものです。
(表現活動は、個性、多様性、思いつき、試みを何よりも大事にしています。)


<大人の存在の大切さ>
   子どもが大人に成長していくためには、自分のすごさをちゃんと見てくれる大人、
それを本当に自分のものにするためにゆっくりとコツコツと付き合ってくれる大人、
子どもが行き詰った時に、的確なヒントを与えることのできる大人が必要です。


<場所やグループがあることの大切さ>
   親と子が、親と親が、子どもと子どもが共に成長し学びあい楽しむ場所があること。
そういうたくさんの出会いと関係を創り出せるグループが必要です。
異年齢であったり、多種多様な子ども達がいることで人との対応力も養われていきますね。
その中で、リーダーシップが、コミュニケーション力が、聴く力が、自分を表現する力が養い育てられるのです。

<物語の大切さ>
ラボでは、素晴らしい物語を子ども達にライブラリーとして与え続けています。

子どもにこそ本物を与え、その感性と想像力を育てていくべきです。

「ピー-ターパン」や「アリババ」「ハメルンの笛吹き」など質の高い作品を元に、一流の声優(江守徹氏など)、本場ネイティブの英語でのライブラリーです。

(セミナーに参加していただいた皆さんには、その素晴らしさを体験していただくことができました。)
感想を掲示板へ
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.