幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0414670
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ 『西遊記』発表会
 2021年次表彰式
 International Exchange with Mr. George
・ Julius Caesar
 大学生達を送る会
・ 21周年発表会 2019年3月24日
 『ペルセウス』発表会 感想
・ 2021 SUMMER
 夏休みの課題2021
 多読にチャレンジ!
・ SHIP
 年間共通Song
・ ラボで培う言語力
 なぜ英会話ではなくて「テ-マ活動」なのか↑是非お読み下さい
 テーマ活動が生まれてきた歴史
 国際理解教育として
 コミュニケーション力を育てる教育
 早期英語教育のメリット
 「素語り」の効用
 なぜラボのCDは英日なのでしょうか?
 多読のすすめ
 脳科学からみた英語学習法
 ラボ・パーティへようこそ!
 「テーマ活動で育つ英語」中学生の感想
 ラボでのノートの種類と使い方
 Grammar & Writing の考え方について 
・ クラスのご案内
 ◎月曜日 Kiddy Class
 □木曜日 Elementary School Class  
 ○水曜日Junior High School
 ☆火曜日 E. School Students
 火曜日 Kiddy Class 
 ◆金曜日 Junior High School ~   
・ 2018 Christmas Party
 キャンプへの参加を迷っていらっしゃる方へ
・ 力を発揮する子どもたち!
 Summer 子どもたちの作品展
 子ども達の絵、おはなしにっき & 工作 2007 Summer
 “The Ugly Duckling”
 カレンダーの絵 入選作品
 世田谷区 小学生海外派遣・中学生交流事業参加 
 高校生表現活動発表会
 シニアメイト
 「ラボ力」 自分の武器・弱点は何か
 世田谷区スピーチコンテスト予選通過
 『スーホの白い馬』東京支部 小学生
 大学生表現活動
 国際交流村
 スタンフォード大学オンライン高校 受講体験
 黒姫登頂を果たした子ども達
・ 年間行事
 2~4月 高学年活動発表会 及び 新入生歓迎会
 3~4月 Easter Party  / 地区の新入生歓迎会
 4月 春合宿、地区発表会
 7~8月 夏のイベント 
 8月 Party Camp
 8月 全国 Summer Camp
 10月 Halloween Party&個人発表会 
 11月 留学生交流会
 12月 Christmas Party
 ★保護者会での話題 LABO Q&A★
 ★10周年記念発表会★
 6月 ジュニアリーダーひろば
 2011夏のパーティ合宿
 過去の地区発表会テーマ
 国際交流村
 3月~4月Easter Party
 ハロウイン体験会
・ 国際交流のご案内
 Craig君のHome Stay
 Arri君のHomestay
 積立金のお申し込みのご案内
 JennyさんのHome Stay
 ★国際交流 既参加者及び参加予定者
 Paulさんといっしょに!
 ★koyo in Canada★
 ★Narumi in USA★
 ◆オレゴンキャンプのご案内
 ★Nonoko in USA★
 ★Maju in USA★
 国際交流 事後活動
 中国交流のお知らせ
 Evan君のHomestay
 受け入れ
 インターンとの交流会
 Jack & Edward from AUS in 2018 winter
Welcome!
<E. School Students' Class 4:30~6:00>

★9月28日
  ・Story:今回は、『たぬきⅠ話』とのこと

  前回は、丁度、中秋の名月の日でしたので、英語で何ていうのなか?と質問したところ、Sakuraさんが『西遊記』で出てきた!と言って、さっそく調べてくれました。CDを流してみると、皆もそうそう!ということで、沙悟浄の"The other day we had a full harvest moon."「うん、このあいだが中秋の名月だったなぁ」をあらためて聞いてみました。Kinoさんもまだ覚えている!と言って"Summer's already gone,hasn't it?"と語っていました。
  Akiharu君がエイプリールフールの「フール?」と尋ねてきたので、惜しい!なかなかいいところに気づいたのですが、それは、Sifka-boorkaの時の"You fool!"の"fool"。あっそうかと皆も“full”との違いについて発音しながら確認しました。他にも、満月full moonの話から、fullが「満」で、I'm full.(ホームスティ中のあるラボっこのエピソードから満腹)の話など。ホームスティの話を聞いて、お腹がすいた時は?誰かが、hungryだよ!あ、そうかと、『はらぺこあおむし』を思い出したりなど。また、full course!の「フル」だと思いついた子もいて、皆でフル探しをしました。 Yuinaさんが、「beautifulは美しさがいっぱいだから?」と発言。素敵です!
  少しだけ、Oh the brave old Duke of YorkのUp downゲームを楽しんだあと、さっそく、テーマ活動『たぬき』Ⅱ話。
  最後まで楽しんだ後、皆で話し合いをして、「行進」について話し合い。Marchが、3月の理由は?「春が行進してくるから」Good!そこから、"Kino Marching Seminor"が始まり、兵隊がもっているものを想像。Kinoさんが、「太鼓をもっている人もいるかも?イギリス文化を守るために、Tea Setを持って行進している兵隊もいるかも...」と想像を膨らませて(お茶のセットを持って行進なんて、発想が素晴らしい!!)、皆で、いろいろな物を持って、行進。足の挙げ方も練習しました。とっても楽しいLessonでした。

★9月21日
  Song:Oh the brave old Duke of York(NR31)Game
  Story:『たぬきⅡ話』
    『たぬき』をもっといろいろと楽しんでからクリスマス発表テーマを決めようということになりました。
    前回は、Ⅲ話を楽しみました。子ども達から、役決めしなくても好きな役に自由になろう!と言ってスタート。「家で聞きながら一人芝居しているし!」という声あり。各自が想像した世界を自由に大いに楽しみました。感想シェアでは、
   ・最後、皆で踊るところが楽しい。
   ・たぬきがたくさんいて、どっちへ向いて話ていいか分からない。
   ・ドライブに乗っている人がたくさんいるのに、動物がいない。
    ...「夢をひっくりけしたような」って言っているのに(Sakura)
   ・☆物語をもっとしっかり聞いて理解する。
   ・☆CDが聞こえるようにしたい←楽しくてアドリブがたくさん。イメージがたくさんできていて楽しい証拠ですが(笑)
    上記☆が、次回へ向けてのポイントと、ホワイトボードに書かれていました。
    子ども達、自分達で意見を出し合うだけでなく、重要な意見に☆まで付けることができ、感心! 
   
★9月14日
  Song:Do you know the muffin man?、Oh the brave old Duke of York
  Story:『たぬきⅢ話』
   前回は、全員が4話を聞いてきたこともあり、クイズコーナーから盛り上がり、テーマ活動もとてもよく楽しめました!4話、動いてみると意外に楽しい!ということが判った様子です。皆で大きな包みになって足でしっぽを表現したり、その足をパーカー軍曹が持ち上げたり。たぬきの力自慢。皆で犬ぞりになって走っていったり。立てこもりたい側と説得する側に分かれたり。スカンクも大いに楽しみました。最後は、大きな大砲を作って玉になって飛んで、めでたしめでたし。たぬきのカナダでの大冒険となりました。

   少し早めですが、クリスマス発表会へ向けて何話がいいかな?と声がけしたところ、少しの差ですが、1位3話、2位4話、3位2話、4位1話となり、今回、確認の意味でも、3話を楽しむことになりました。「1話がいいなぁ~」と言った子には、他の子が、さらっと「だったらハロウインの時に好きなところを発表したら?」と提案していました。なるほど。皆で何話がいいか、これから検討していくことになると思います。
  
★9月7日
  Song:Kookaburra(Youtubeでオーストラリアのワライカワセミの動画をお見せしました)
  Story:『たぬきⅣ話』
     必ず聞いて参加しましょう!お話が分からないと楽しめません。
     9月まではいろいろなお話に取り組み、12月の発表テーマを決めていければと思います。     
  
   <前回の様子>
     CDを聞いていなかったメンバーのために、KinoさんとRieさんが中心になってお話解説。Kinoさんが、「アフリカ」について調べてきてくれました。絶滅危惧種の動物ランキングまで分かりました。ラボに来る前の30分で調べて、きちんと紙に書いてきてくれました。Rieさんも、調べて来てくれた狩猟許可証について、理解した内容を自分の言葉で発表してくれました。二人とも、しっかりと自分の知識になっていますね。「サンザシって何?」という声も。分からないと思ったことは、是非、自分で調べてみましょう。トゲがあると書いてありましたね。
     楽しい場面を選んだ方がいいかなと、こちらから提案したところ、Shiyoriさんが、さっとテーマ活動の友を見て、トラック7からにしよう!と決めてくれました。Hunterチームと、Taukiチームに分かれて、少し相談。Hunterチームには、私が作ったライオン1頭のみを捕らえて良いという許可証を渡して出発。たぬきチームの中では、親子のライオンになる子もいました。かなり追いかけっこになる場面もありましたが、サンザシの木(Kinoさん)もあり、テントもできて、しっかりと楽しみました。最後は皆で楽しく踊ることができました。ノート活動の後、希望者は、自分でオリジナルライセンスを作りました。罰則が書かれていたり、ライオンの絵が描かれていたり、いろいろと工夫されていました。

★8月31日 
  Song:Pi-A-Pa復習、Three Blind Mice、Hey Diddle Diddle
Story:『たぬきⅢ話』
     必ず聞いて参加しましょう。

★8月24日
   キャラバン隊大学生から教えてもらったハワイの曲と、さっそく『ありとキリギリス』をやりたい!と最初から最後まで、楽しみました!ファッションショーもなりきっていました。
<感想>
    ・キリギリスになって飛び回れたところが楽しかった(Shiyori、Sakura)
    ・アリの黒軍と赤軍の戦いが楽しかった(Kaito)
    ・みんなでご飯を運ぶところ(Yuina、Ran)
     →労働だよね(Rie)
    ・キリギリスが「入れて!」というところ。
     アリ達が必死なところ、かわいかった(Rie)
    ・キリギリス、楽しそうだった。アリもきっと、ちょっとうらやましいと思ったと思う(Kino)
    ・(アリになって)パンケーキの重さを考えるのが楽しかった(Kaito)
  
ラボ・パーティ活動での衛生管理について【基本的な考え方と運営上の留意事項、会員家庭の皆様へのご協力のお願い】

★夏の発表会
   動画を撮ってもらった大学生だるまが、「小学生で、これだけの発表ができるのはすごい!感動した!」と話してくれました。現在、動画アップ中(限定公開)で、私もまだ見ることができていませんが、子ども達の「声」から物語を皆で協力し合いながら、つくりあげ楽しんでいる様子が伝わってきました!1ヶ月間で楽しく全体を仕上げることができたことにも驚いています。小学生広場で楽しんだ子達が、クラスに勢いを還元し、その他の子達も、しっかりCDを聞いて応えたのだと思います。子ども達の集中力、「できる」力に感動しました。よく頑張りました!背景に、お母様方のラボへのご信頼にも感謝しております。子ども達、自分の台詞ではなくても、体にたくさんの英語が入ったことと思います。
各自、お話日記に、発表感想を記載しておきましょう。

   英語力は、保護者会でもお伝えしました通り、Shadowing&Memorizingで英文を多く吸収しておくことと同時に、基本的なルール(文法)であらためて整理していく。この両輪が上手くまわると、本物の4技能の力がつくと確信しています。私としては、5技能目として「積極的に相手とコミュニケーションをとろうとする力」も必要だと思っています。塾でアルバイトをしている大学生達の話を聞くと、ラボの小学生達は他の子達と全く違うとのこと。英文のシャワーを浴びているので、感覚的に英語を体感できていて、抵抗感もなく、飲み込みが速いと。

   『シフカ・ブールカまほうの馬』はこれで終わりではなく、また何度も聞いてみてもらいたいです。私自身、まだまだ謎がいっぱいです!個人的には、このお姫様、人をみかけで判断しないこと、また王様も約束を守り立派なこと、素晴らしい王家だなと感じています。
   夏休み中、お家にあるライブラリーを、たくさん聞いてみて下さい。→夏休みの課題のページは、近日中にアップします。

★7月13日
  ・前回、お伝えし忘れたことが一つ。発表前に、ひとこと、どんなところを見てほしいか、どんなお話?か、導入、意気込みを、誰かに語ってもらいたいです。
  ・今回は、一回リハーサルをして、動画撮影の予定です。音楽のタイミングがあるので、よく音楽も聞きながら、ナレーションは語れるように。英語は、完全に語れなくても、だいたいの音がとれればいいです。英語を集中して聞く過程で、英語耳ができています。大切なことは、聞くこと、真似して発音してみることです。
   前回、早めに自習をしに来た中学生がびっくりするほど、子ども達がいかに表現をするかで、議論を白熱させていました。「発表会で私達の後に発表した『おひとよしのりゅう』みたいに、みんなで一つの馬になってみたい」(Rie)という意見から、形にしてみる。すると人数が足りない場面も出てくる。どうする?一生懸命、試行錯誤をして、意見を出し合っていました。
  ・13日に動画撮影をしますが、17日も発表するのは当たり前のようです。短い期間ですが、小学生ひろば(コロナ禍、会場の都合で人数を増やせず、小3以上となってしまったこと、小2メンバーには申し訳ないです)に参加できる子は、11日もあり、『シフカ・ブールカ』をリードする楽しさ、自信もつけているように感じます。自分の意見を出せる楽しさを体験すると、「ことば」も誰かに言われてではなく、自ら自主的にCDを聞けるようになっていきます。
  ・Kinoさんが、『シフカ・ブールか まほうの馬』ミニ絵本を作成されていて、みんなびっくり!物語の流れが、Kinoさんのユーモアあふれる絵で、楽しく描かれています。       
  ・このお話は、「利口」とは、イワンは本当に馬鹿なのか、様々考えさせられます。最初の場面で、イワンはペチカに寝そべっていますが、兄達は何をしている?本を読んでいる?...CDを聞きながら、様々、想像してもらいたいです。

★7月6日
  ・前回までに、役、ナレーションも、子ども達が相談して決めたのですが、クラス後に17日発表会にどうしても出られない方が2名いらっしゃることが分かり、13日のクラスで発表動画を撮ることにしました。17日は、どうするか、子ども達に判断してもらおうかと思います。20日は、発表の振り返りをしたいと思っています。
  ・疑問に思ったこと、不思議なことシェア
    →ライブラリーの「ことば」は厳選されています。よく聴いてみましょう。
  ・各場面の確認
  ・一回通した後、音楽CDでもう一度、取り組めればと思います。クラスを4時半に始められるように、よろしくお願い致します。
 
★6月29日
  ・SB:小学生ひろばで楽しんだ歌の復習
  ・Story:Sifka Boorka
    イワン:Shiyori、お父さん:Akiharu、兄:Sakura、Kino、姫:Rie、
    家来:Haruna,Ran,Kaito 王:Yuina
    ナレーションは全員と自分達で決めていました。
   とても楽しめています。前回は、丸太三本の表現を、3名の子達が自主的につくっていました。姫の指から指輪をとるシーンも、大勢でつくっている馬が、下から上へ向かっていて、素敵です。今回は、姫は椅子に乗らず、表現。ペチカには、火もともっていました。Kino「宮殿で姫が人にやらせずに、自分でお酒をついだのはなぜだろう?」という答えの無いクイズから、「偽装されるから」「姫が親切だから
「旦那さんがどこにいるかドキドキしているから」...言葉もよく知っていて驚きました。今回も「答えの無いクイズ」募集中。
 
★6月22日
  ・SB:前回は、Kinoさんが、KingやPrincessなどの入ったナーサリーライムをいろいろと調べてきてくれました!その中から”Sing a song sixpence”を取り上げました。
➡正しい所作はこちらです。これを見て練習してきてください。
  ・Story:Sifka Boorka
     前回は、Kinoさんが、ロシアのお城を調べてきてくれて、「オニオン式」(玉ねぎ型の屋根)を皆で学ぶことができました。また、好きな役になって、全体をとても楽しむことができました。お墓のシーンも、怖いというより面白い!また、いろいろ動けて楽しい様子でした。魔法の馬は、イワン以外全員がなっていて、ちゃんと仕えていました。二つの耳の輪も自然にできあがり、耳の間でKinoさんがイワンを見違えるように変身させていました(お話日記には、スタイリスト役が)。特に最後の指輪を取るシーンは、イワンを乗せたイメージで、全員でつくりあげた馬の体全体がジャンプ!(1回目の後、馬の体達が、次はどっちから飛ぶかなど相談)。Kaito君のお話日記には、耳と耳の間に、格好いい顔マスク(これをイワンにくっつけるそうです)とブラシ(きれいにするため)が描かれていました。輝く指輪をはめたイワンの絵(Ran)、お姫様(馬を飛ばして指輪をとりに来てくれる時、嬉しいと思う)、馬の絵など、それぞれ印象に残ったシーンがあった様子です。
     今回は、クイズ、疑問点など出し合うことになっています。CDを聞きながら、気づいたことなど、お話日記に、たくさん書いてきてください。役決めもするそうです。
「ペチカ」なども、分かったことを発表してもらえたらと思います。
     スクリプトはShiyoriさんのお母様がコピーをとって下さることになっています。50円をご用意お願いします。

★6月15日

  ・SB:小学生ひろばの宿題の中で、Horse,King,King's Men,Ring,Princessなどの英語が出てくるお歌を探してみよう!とありましたね。
     前回は、Humpty Dumptyをとりあげました。小学生広場で、紹介できるように、歌詞をノートに書いたり、どうやったらゲームが楽しくなるか考えましたね。
     他にも、どんな曲、ナーサリーライムがあるか、調べてきましょう。
  ・Story:Sifka-boorka、the Magic Horseを発表することに決まりました。
     全体を楽しんでみたいと思います。よく聞いてきてください!
     また、クイズも考えてきましょう。疑問点も、いっぱい出せればいいと思います。     

★6月8日
  ・SB:前回は、小学生広場で最後に紹介のあった
Ride a cock Horse to Banbury Cross コルデコットの絵本もご紹介します
  ・Story:"Qchan The Present for Shochan” 
      に決まりましたが、一度も動いていないので、今回、動いてから最終決定としましょう。
      前回は、『不死身の九人きょうだい』が結構、楽しそうでした。
     Always Hungryが食べるシーンなど、ご飯をバケツリレーで運んでいて、面白かったです。このクラスは、こんな楽しいお話がいいのかなぁとも感じました。

★6月1日
   ・SB:前回はAll Around, Three Blind Mice
        Three Blind Miceを少しずつ書き写しします。
   ・Story:『不死身の九人きょうだい』『シフカ・ブールカ まほうの馬』
      今回、できれば、夏の発表テーマを決めます!

★5月25日
   ・SB:夏のキャンプ共通Nursery RhymnよりThree Blind Miceを今回も楽しみたいと思います。手遊びをしながら唱えます。輪唱できるところまで、頑張りたいと思います。
   ・Story:Puss in Boots『ながぐつをはいたねこ』
     前回は、小学生広場に参加希望メンバーがいらっしゃるので、テーマの『シフカ・ブールカ まほうの馬』(ロシア昔話)を聞いてもらいました。皆に寝転がってもらい、CDを聞いてもらい、後は来週!と言ったら、「だめ!今、聞かないと先が気になる!」と嘆願され、結局最後まで。途中は、私がテーマ活動の友の日本語を読んで、ラストの私が大好きな感動的シーンはCDを聞いてもらいました。途中、イワンが、自分のことを自分でばかと言っていることにも、どうして?という疑問が。子ども達が、聞きながら、想像の世界を広げて、ドキドキしている様子が分かりました!この物語、いろいろな登場人物の心の動きも注目したいところです。また、ここに出てくるお姫様、とっても素敵なんです。
     その後、予定通り、『ワフ家』Ⅰ話、Ⅱ話、Ⅳ話の楽しいシーンを楽しみました。一応、今回も、予定通り、『ながぐつをはいたねこ』になっています。
     
  ・5/30小学生広場『シフカ・ブールカまほうの馬』(小3以上)に参加される方、一応、お知らせください。

★5月18日
   ・SB:ゲーム性のあるもの様々
     前回は、『西遊記』単語カードの並べ替えなど2チームで競争しました。なるべく歌を楽しみながら、歌詞を通して、英語の読み書きに親しんでいければと思います。
   ・『西遊記』ノート、皆、とてもよく頑張りました!ご返却希望の方は、お知らせください。大丈夫な方は、保護者会(6/12)で、ご覧いただこうかなと思います。
   ・Story:The Wonderful Wuffs 何話かは、この日に決めるそうです
   ・前回、楽しみたいライブラリーが10以上挙げられ、Q-chanの「スマートになろう」をCDを聞きながら、漫画を見ながら、すぐにテーマ活動に。みんながQchanになって体操するシーンがあるかと思えば、Qchan役に3人が一体化したり、また全員で飛んだり。役決めをしなくても、皆で自然に、その時々に好きな役になって楽しめていました。漫画が面白くて笑っている子やこのQ-chanがかわいい!自由に楽しみました。
   ・小学生ひろばに参加される子達のために、『まほうの馬 シフカ・ブールカ』絵本で読み聞かせをしていきます。

★5月11日
・お家にあるライブラリーから皆でやってみたい物語を探してきてください!
   ・SB:韓国語の歌「すすめ」
   ・『西遊記』に出てきた言葉を使ったお話づくりを、4/20にとてもよく楽しめていました。お家でも、さらに創作してきていいよ!とお伝えしてあります。
   ・Story:今後の予定を考えてもらいます。
   ・読み聞かせ:『たぬき』Ⅰ話
      夏のキャンプテーマ(Ⅱ話「たぬき、女王様とお茶を飲む」)です。たぬきは、とってもかわいい昔から日本にいる動物ですね。イギリス人C.W.ニコルさんが、日本にいらして、たぬきにまつわる日本の言い伝えから、考えた素敵なお話です。 
      初めてのお子さんがほとんどだと思いますが、一緒にお話を聞いて、楽しみたいと思います。
     
★『西遊記』ノート
   何名かお預かりしております。
   前回、全員、『西遊記』Words BINGOを楽しみ、小4~5がリーダーとなって、単語を教えたりしながら、確認し合っていました。
   ノートの右側に、絵と気に入った英文を書き写しているお子さんもいました。音がしっかりと入っているので、書くことも楽しい様子でした。英語の文字は、だんだん書けるようになっていきます。

★4月20日

  発表会、感想シェア。舞台上でのことなど子ども達の話を伺いたいです。
  感想文用紙、持ち帰ってしまった方は持参して下さい!

  『西遊記』の楽しかったシーンを再現したり、『西遊記』英単語やフレーズを確認してひも取りゲームをしたり、各自、物語作り(英語を使うとポイントアップ)など楽しみたいと思います。ノートを必ず持参して下さい。
  また、『西遊記』ノート、右ページは絵や英語で埋まっているでしょうか?
  英語だけで聞いてみるなど、是非、チャレンジしてみて欲しいです。
  今こそ、もう一度、聞いてみると、気づきがあるかもしれません。
    
★『西遊記』発表会へ向けて(全体インフォメーション)

★3月30日はクラスをお休みにします。4月1日・2日の集中パーティにご参加して下さい!

★3月23日
  ・27日の合同までに、役・ナレーションも語れるように頑張っていきましょう。必要であれば、少し早めにいらして、一緒に練習もできますので、事前にお知らせ下さい。4月からは、音楽CDで取り組みます。理想としては、皆で語りながら、全体を楽しめることです。 
  ・『西遊記』全話を、前回のように大いに楽しみましょう!
     疑問点は、どんどん挙げて、合同パーティで解決していくことになると思います(21日の合同Pで中学生達の今後の予定をよく聞いて下さい)。
  ・歌詞の書き写し(希望者)、振り付け?、間奏にやってみたいこと
  ・お家でCDを聞きながら、言える英語には、印をつけてきてください。こちらでシールをどんどん貼っていきます。絵本作り、右ページは、「絵」「気に入った言葉」「自分の考え」「気づいたこと」また、全体の物語の流れに「見出し」をつけるなど自由です。各自工夫して、お家でもCDを聞きながら埋めていきましょう。
  ・前回、クラス後にお伝えしたのですが、いつでもピンチヒッターができるように、自分のパート以外も、語れるようにしていきましょう。発表後も、単語や英文をたくさん体得した子達が楽しめるゲームを実施します。

★3月16日
  ・『西遊記』歌詞、全部。早くいらした方から書き写し
  ・Tr.11~15 考えましょう
  <前回の様子>
     グループに分かれて、「金晴獣の特徴」「侍女達の動き」「牛魔王、鉄扇公主の性格」など、とてもよく想像でき、さらに自分の言葉で伝えられることが素晴らしい。
     特に「侍女たちは、牛魔王を怪しいと気づいたか、気づいていないか、気づいたとしたら、いつ頃か?」を議論。自分で疑問に感じたら、反論できる子もGood!
     
★ジョージ君との交流会の様子はこちら!

★3月9日
  ・『西遊記』の歌詞、覚えながら、書き写し
     (2節目まで)
  ・Tr.1~7 読み合わせをした後、動く
  ・Tr.9~10 前回、Tr.8まで意見を出し合いました。
    前回、Kaito君が、金晴獣のイメージを「カメみたいな性質。陸も海もいける」とおっしゃっていました。”Golden-eyed Amphibian”のamphibian(両生類)に感覚的に気づけたことがすごい!と感心しました。
    入られたばかりのYuinaさんも、前回の合同パーティに決まったことを、皆に伝えてくれて、次回の同パーティへ向けての意見も読みやすく書き直してくれました。自主性、リーダーシップが芽生えつつあるなぁと感じています。
  
★3月2日
  ・7日へ向けて、英語での初めての方との自己紹介(Eye Contact)、ジョージさんへの質問を各自考えます。
  ・28日の合同を受けて、今回は、Tr.1~7の確認とTr.8~11を3/13㈯に向けて、考えることになると思います。
  ・前回、Tr.4~7では、侍女たちの配置、芭蕉洞の門など、皆で話し合いをしながら、書記担当もいて案を出し合い、実際に動いて確認することもできました。小1~4までのメンバーで立派です。体全体で「お茶の泡」を表現したAkiharu君も面白く、お腹の中の絵に「泡」を描いたHarunaさんからは、泡も一緒にお腹に入ったことが分かりました。このあたり、皆で、楽しい表現が考えられるといいなぁと感じています。

  ・CDを聞きながら、スクリプトの英語を見ていると、単語もだんだん読めるようになっていきます。ページ内で、分かる単語には、〇をつけてみてね!と小3以上には、声掛けしています。「芭蕉扇」の英語は、どれかな?英単語も、自分で調べて、右のページに書いておきましょう。

★新メンバーが加わりました!
   Yuinaさんが新しくクラスに参加されることになりました!どうぞよろしくお願い致します!

★2月23日 祝日ですが、通常時間に実施します
   ・21日に合同Pを受けて。
    おそらくTr.4~7を考えることになるかと思います。
    鉄扇公主の住む芭蕉洞とはどんなところでしょう?お腹の中も楽しいシーンですね!
   ・27日㈯2時半~4時半(予定)に他のパーティとのオンライン小学生交流会を実施します。参加可能なメンバーを伺います。自分達でふだん楽しんでいる曲からゲーム紹介ができればと思います。
   <前回の様子> 
      私からは、シルクロード関連の写真や絵画(平山郁夫画集)を子ども達にみせました。Silk Roadの意味、そこで暮らす笑顔の子ども達の様子。水を運んでいる様子なども見せました。火炎山(火焔山)は、ウイグル自治区タクラマカン砂漠に位置し、真夏は今も50℃を超えることが頻繁にあるそうです。子ども達の想像力は素晴らしく、岩や石になる子ども達の間を、三蔵一行が暑さでぐだぐだになりながら歩く姿になっていました。「猪八戒は豚だから一番、暑そう!」(Shiyori)など、この一行が誰を先頭に歩いているか想像することも楽しいです。そこで発する"It's hot!","It's too too hot."さすがの三蔵法師も"Hmmm, You may be right."と言ってしまうほどの暑さ。村人の苦労もどれほどか、想像している様子でした。
   
★2月16日
   ・小3の女の子さんが体験にいらっしゃいます。
   ・SB:In a Cottage、Pop goes the Weasel etc.
   ・Story:西遊記Ⅳ話
     今回は、14日の合同を受けて動きます。
     前回、だいぶ内容の理解が進み、驚きました。
     各自、絵本づくりは、お家でCDを聞きながら進めて下さい。
     気に入った「ことば」(英語)は、左ページを見ながら、書いてみましょう。
     日本語でも、分からない言葉は調べて書いていきましょう。
     何度も聞いて覚えてしまった英語には、シールも貼っていきたいと思います。
     
★2月9日
   ・Story:西遊記Ⅳ話
     クイズ大会 全員、学年の数以上のクイズを考えてくることになっています。ポイント制で楽しみたいと思います。
     全体を動いて、自分の役を確認したいと思います。
・前回の様子
      Shiyoriさんが、立派な「般若心経」を持参して下さって、皆で、これが三蔵法師が訳したお経なんだと感心。どんなことが書かれているのだろう?で終わっています。
      Rieさんが、『西遊記』の終わりのお話をしてくれて、皆、孫悟空と三蔵法師が最後、仏になったことを知りました。特に人間だった三蔵法師が、どうなるのか?川を渡るという話でも、Akiharu君が「三途の川」のことかな?と。仏教の考えを知った様子でした。学校から借りてきた本を読んでいるお子さん達もいらして、同じようなことが書いてあると、二人ぐらいで一生懸命、読んでいました。
      Ⅳ話全体を動きましたが、どうも私が一緒に動いて、いろいろと出しゃばってしまったところを指摘され、あらためて、このクラスの子ども達は、しっかり主体性が育っていることが分かりました。今回、期待しています!

★2月2日
   ・Story:西遊記
     1月末に何話を発表するかが決まる予定。
     前回は、ほとんどのメンバーがⅣ話を発表したい。理由は、Ⅰ話からのまとめの内容にもなっていて、登場人物も多いと、しっかりと話し合い意見を書いていたので、立派!  
     ここからは、主要な登場人物について、自分のイメージする特徴などを模造紙に描いたり、知っていることを、紙に描いて、模造紙に貼っていきたいと思います。前回もSakuraさんが、Ⅱ話の龍について、自分で読んで分かったこととして喜んで私に話してくれました。自分で知る喜びが大切だと思っています。     
     どなたか、お家に「般若心経」など、差支えない範囲でご持参いただけると、皆で「お経」についてシェアできるかなと思います。
     『西遊記』は、他にも多くの冒険が書かれています。引き続き、各自、本を読んでみて、想像の世界を楽しんでもらいたいと思います。
     
★1月26日
   ・SB:Jack be nimbleでWarming up!
   ・Story:西遊記Ⅲ話とⅣ話
     聞いていらしたことを前提で取り組みますので、お家でだいたいの流れを把握していらして下さい。
     今回、Ⅳ話まで楽しんだ後に、Ⅰ話~Ⅳ話までどのお話に取り組みたいか、意見交換をし、1~2つの候補をあげるところまで実施したいと思います。

★1月19日
   ・SB:前回のカルタとりで、取り上げていないSongbirds♪もあらためて分かったので、徐々に楽しみたいと思います。
      寒いことと、ソーシャルディスタンスを保つため、Jack be nimble♪というナーサリーライムがあり、ロウソク(だんだん大きくなります)を飛び越えるJackを楽しみたいと思います。
   ・Story:西遊記Ⅰ~Ⅱ話
      西遊記のⅠ話とⅡ話は、西遊記全体の基ととなる内容です。ここを抑えておくと、Ⅲ話、Ⅳ話がさらに楽しめます。
      前回は、Ⅰ話の解説をしながら(ラボの本の挿絵を中心に、他の絵本も見せながら)クイズを出していきました。今回も、内容確認のクイズを出しますが、できれば、子ども達から出してもらいたいので、Ⅰ~Ⅱ話、クイズを考えてきてください。
      玉帝、金星老人、太上老君、李天王などが、出てきますが、今の子ども達、他のアニメなどでも、難しい言葉も分かる子達なので、ご家族で、是非、西遊記のお話に親しんでいただきたいと思います。本もたくさん、小学生低学年向けのものも出ています。この機会に読んでいただきたいです。
      また、玄奘三蔵という実在する僧侶がこの物語の元となっていますが、意思を貫き通した玄奘に、その才能だけでなく、強さを感じます。般若心経は、当時、玄奘がインドから持ち帰った経典の一つです。7Cの中国や日本の歴史にもつながります。是非、調べたことは、発表していただき、自分の知識にする機会にしていって下さい。  

★1月12日
   ・冬休み中の聞き込みプリント持参して下さい。
      聞いた数だけ塗ってきてくださいね。何話を春に発表したいかご意見を伺います。
   ・SB:Songbirdsカルタとり大会 イントロを聞いてカードをとりますよ。思い出しておいて下さい。

   ・Story:『西遊記』Ⅰ話
      今月は、Ⅰ話~順に動いておきたいと思います。
      このお話の元となった玄奘三蔵についてなど、調べられる人は資料を持参して下さい。『西遊記』のお話についての模造紙をこちらで用意し、皆が調べてきたことを貼っていきたいと思います。

★新年は、1月12日からスタートします。
   冬休み中は、『西遊記』をたくさん聞いて下さい。
   絵本も、いろいろと持ち寄ることができればと思います。
   今回は、小学校高学年メンバーが中心となってテーマ活動を進めていきます。

★クリスマス発表会
    みんなで力を合わせて、最高の発表になりましたね!30分近いお話をリハーサルと合わせて2回こなし、よく頑張りました!ナレーションも、一人ひとり、よくCDを聞いてとてもよく頑張りましたね!何より歌を元気に歌えたことが、とても良かったです!Rieさんが歌をよくリードしてくれました。また、RieさんとSakuraさんが、よく考えてNutkin役になりきれていましたね!最初に自分達で、Nutkin役をしっかりとさせたい、他のリス達との違いを出したいということが目標でした。しっかりと実現でき素晴らしかったです!周りのリス達も、Haruma君をはじめ、Brownじい様にきちんとお願いができ、たくさんの木の実をたくさん採れましたね。さらに、Akiharu君が、中央で、Mr.Brownの気持ちになって、最後に立ち上がったところがとても良かったです。Kaito君もリス役以外に、自ら積極的に、ねずみやもぐら、鍵穴などになれました!HarunaさんとRanさんも、リスの様子をとてもよく表していて、ナレーションの息もぴったりでした。Keito君も久しぶりでしたが、しっかりと参加でき、楽しくお歌を歌えましたね。保護者の皆様のご協力にも、感謝致しております。Shiyoriさんのナレーション録音音声を、Kaito君のお母様がスピーカー持参で流して下さり、ご準備にも深く感謝しております。Shiyoriさんのナレーション、語る気持ちが伝わってきて良かったです!

BINGOゲームで、絵本を読む時間がなくなってしまいましたが、お家で、是非、クリスマスに向けて『グロースターの仕立て屋』を聞いてみて下さい。ネズミさん達のお歌も素敵ですよ。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.