幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0414666
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ 『西遊記』発表会
 2021年次表彰式
 International Exchange with Mr. George
・ Julius Caesar
 大学生達を送る会
・ 21周年発表会 2019年3月24日
 『ペルセウス』発表会 感想
・ 2021 SUMMER
 夏休みの課題2021
 多読にチャレンジ!
・ SHIP
 年間共通Song
・ ラボで培う言語力
 なぜ英会話ではなくて「テ-マ活動」なのか↑是非お読み下さい
 テーマ活動が生まれてきた歴史
 国際理解教育として
 コミュニケーション力を育てる教育
 早期英語教育のメリット
 「素語り」の効用
 なぜラボのCDは英日なのでしょうか?
 多読のすすめ
 脳科学からみた英語学習法
 ラボ・パーティへようこそ!
 「テーマ活動で育つ英語」中学生の感想
 ラボでのノートの種類と使い方
 Grammar & Writing の考え方について 
・ クラスのご案内
 ◎月曜日 Kiddy Class
 □木曜日 Elementary School Class  
 ○水曜日Junior High School
 ☆火曜日 E. School Students
 火曜日 Kiddy Class 
 ◆金曜日 Junior High School ~   
・ 2018 Christmas Party
 キャンプへの参加を迷っていらっしゃる方へ
・ 力を発揮する子どもたち!
 Summer 子どもたちの作品展
 子ども達の絵、おはなしにっき & 工作 2007 Summer
 “The Ugly Duckling”
 カレンダーの絵 入選作品
 世田谷区 小学生海外派遣・中学生交流事業参加 
 高校生表現活動発表会
 シニアメイト
 「ラボ力」 自分の武器・弱点は何か
 世田谷区スピーチコンテスト予選通過
 『スーホの白い馬』東京支部 小学生
 大学生表現活動
 国際交流村
 スタンフォード大学オンライン高校 受講体験
 黒姫登頂を果たした子ども達
・ 年間行事
 2~4月 高学年活動発表会 及び 新入生歓迎会
 3~4月 Easter Party  / 地区の新入生歓迎会
 4月 春合宿、地区発表会
 7~8月 夏のイベント 
 8月 Party Camp
 8月 全国 Summer Camp
 10月 Halloween Party&個人発表会 
 11月 留学生交流会
 12月 Christmas Party
 ★保護者会での話題 LABO Q&A★
 ★10周年記念発表会★
 6月 ジュニアリーダーひろば
 2011夏のパーティ合宿
 過去の地区発表会テーマ
 国際交流村
 3月~4月Easter Party
 ハロウイン体験会
・ 国際交流のご案内
 Craig君のHome Stay
 Arri君のHomestay
 積立金のお申し込みのご案内
 JennyさんのHome Stay
 ★国際交流 既参加者及び参加予定者
 Paulさんといっしょに!
 ★koyo in Canada★
 ★Narumi in USA★
 ◆オレゴンキャンプのご案内
 ★Nonoko in USA★
 ★Maju in USA★
 国際交流 事後活動
 中国交流のお知らせ
 Evan君のHomestay
 受け入れ
 インターンとの交流会
 Jack & Edward from AUS in 2018 winter
Welcome!
<水曜日 中高大生クラス>

・パーティ活動での衛生管理について【基本的な考え方と運営上の留意事項、会員家庭の皆様へのご協力のお願い】

★9月29日
   今回は、『ノアの方舟』を楽しみます。ノート活動の時のために、テーマ活動の友を持っている方は持参。もちろんCDは聞いて参加。

   前回は、full harvest moonの話に始まり、『そらとぶじゅうたん』から、じゅうたん、リンゴのシーンを深めました。例えば、各自のイメージしたペルシャじゅうたん、飛び方など、自分のイメージを相手に伝え、仲間のイメージを知る。さらにテーマ活動、ここは想像力を伸ばして、思いっきり楽しくしよう!というおがしゅーの言葉に、想像したことを表現し、大いに楽しみました。英語で感想を各自書いています。

★9月22日 
   今回は、『そらとぶじゅうたん』を楽しみます。
   年末のテーマを今月中に決めるようです。

★9月15日 18:00〜19:30(高大生は20:00まで)
   今回は、『夏の夜の夢』を楽しむことになりました。22日『空飛ぶじゅうたん』、29日『ノアの方舟』の中から、クリスマス発表テーマを決めることになりました。
   前回は、ウインターキャンプのスペイン語の歌を楽しみました。 

★9月8日
   今回は、前回の『ゴロヒゲ』の続きか、今後のテーマ決めか。
  <前回の様子>
    SB/FS:Kookaburra、John Henry、ブラボ・ホロ(ブルガリア民謡) 
     おがしゅーより、John Henryとブラボ・ホロを教えてもらいました。
     皆、とても楽しそうでした。
     Mayuさんからは、『ゴロヒゲ平左衛門』の導入。「ノミの世界へようこそ!」ということで、グループに分かれ、表現を見せ合いました。ノミの視点から見る世界という面白い試みでした。他にも江戸時代考証も楽しみたいと、SHIPへ向けて抱負を教えてくれました。大学生も、このように柔軟な発想ができること、すごいなぁとあらためて感心しました。発想の転換、新しい視点、柔らかい頭、子ども達は育っているように感じました。

★9月1日
   しばらく5時〜7時に。(ライン連絡済み)
   部活がまた始まりましたら、連絡下さい。元の時間に戻します。
   前回は、地区発表テーマの決め方、候補、また冬の発表テーマを話し合い、いろいろなCDを聞いてみました。『ロミジュリ』をさっと読んでしまった子も。  

★夏休み期間中の内容は、2021Summerのページをご覧下さい。

★発表会 集まった感想文はラインにアップします!

   『バベルの塔』迫力ある発表、素晴らしかったです!まだ、きちんと動画を見れていませんが、楽しみにしています!
   早めにしっかりと語りを自分のものにできていたメンバーは、何度も練習で語れるので、より自分の英語になり、体得できて力になります。
   おひとりずつのコメントは、ラインの方へ直接送らせていただきます。

★7月21日
   ・水・金合同パーティを予定しています(中学生以上)。
   ・年代別に分かれて、この夏にやりたいことをあげる。
   ・個人の夏の目標、課題を決める。
   ・クラスとしては、この夏に動いておきたいテーマがいくつかあるはずです。そのあたりも自分達で計画を立てて、「家でCDを聞いてきてからクラスで動く」という基本的な流れを仲間同士で確認してもらいたいと思っています。

★7月14日
   ・音楽CDで通して動画を撮ります。
   ・常に笑いがあり、楽しく活動しています。
    大学生を中心に、自分達の考える『バベルの塔』を発表したいと話し合っています。中学生も、人に言われてではなく、自主的にノートに英日を書いて、言葉をInputしてくるなどできていて素晴らしいです。
   
★6月30日
  ・Story:The Tower of Babel
    前回は、大学生が、塔に住む人たちの声と共に現れる「音」に着目し、聞きながら、話している年代、雰囲気などを楽しく想像し、進めていました。「これは同じ階の人が言っているのか?二つ考えられる。どっち?」など。
    言葉も各自、頑張ろう!とのこと。
    今回、最後までを完成するかと思います。

★6月23日
  ・NR:Three Blind Mice別バージョン 
  ・Story:The Tower of Babel
     階ごとに不信感が増していくシーン

★6月16日
  ・SB/FS:Sing a song sixpence
  ・Story:The Tower of Babel 英日で7/17に発表することに。
      前回は、ナレーション分けと、2トラック目のイメージを深め、表現も考えていました。「みな同じことばを話していました」をどう表現するか→シンメトリーを表現したい。「シンメ」ね!「塔をつくるのだ」は誰が言い出した?中学生のノートには、Babelの意味は何だろう?
      高大生Meetingでは、「空の半分ほどもある岩をひきずり」の意味は?”hauling rocks”私からは、「塔をつくりたい」と思ったきっかけは何だろう?
どこにつくろうとしたのか?一文一文をかみしめよう!

★6月9日
  ・SB:I've been working, Take me out to the Ball Game
  ・Story:The Tower of Babel『バベルの塔』を発表することに決定!
     大学生からの宿題で、Tr.1~3の中で、分からない言葉を調べてくることになっています

★6月2日
  ・FS:Midnight Special
  ・Story:Ali Baba/Guleesh
     今回、二つを動き、7月発表テーマを決めることになっています。
   <前回の様子>
     Kicky応援プロジェクト第4弾、『たぬきⅣ話』
     大学生達の期待に応え、Kickyが、試験を終えた当日にも関わらず、しっかりと聞いて準備。導入は、何も見ないで、自分の言葉で、物語を語ってくれました。お蔭で、キャンパー役の皆からの反応にも、応えながら、進行できる余裕もでき、Good!
     皆で、楽しく動きました。
     途中、バーボンが登場。6月から参加できるとのこと。
     中学生が聞こえた英語、「シューチュウ」って何だろう?確認すると、"Shoot you"と判明。各自、英文日記を書いて、終了。

★5月26日
   ・FS:When the Saints Go Marching in
・Story:TanukiⅣ話
   <前回の様子>
    ・SB/FS:Pi-A-Pa(大学生オンライン合宿で楽しんだとのこと。Reinaさんよりipu hekeの画像など見せてもらう)
        Click go the Shears(オーストラリアの羊の毛を刈るハサミshearsの歌)  ・Story:The Tower of the Babel バベルの塔
       大学生Ogashuが、この物語には、言語が発端となった争いのシーンが多く登場することから、導入として、言語が一つだった場合、言語が様々分かれていた場合、それぞれの利点、難点を考え、グループに分かれて考え発表。その後、難点の例を実際に表現して発表。各自が取り組みながら、考えさせられる素晴らしいワークショップを実施してくれました。
       『バベルの塔』を初めて聞くお子さんも、聞きながら動き楽しむことができました(しっかりシャドーイングできている大学生は素晴らしい)。最後に、皆、「同じことを言っていた。気づいた人は沈黙した」という言葉が出てきます。この言葉が衝撃だったという感想も。内容は「皆、何言ってるの?」かな?など。互いに認知不可となる状況などを体感できました。
       私からは聖書を持参し実際に書かれている箇所を見せたり、旧約聖書ですから紀元前に既に記載されていることなどをそれとなく伝えました。もちろん、発表するとなれば、さらに皆で深めていくことになると思います。
       ラボの『バベルの塔』は宗教色を失くしたロジャー・パルバース氏による再話のため、人間vs神の問題ではなく、「ことば」に集約されています。内側から意思疎通ができないことで分断が生じていること。さらに、世界の分断が叫ばれている中、様々、考えさせられるテーマだと感じました。
       
★5月19日
   ・お家にあるいろいろなライブラリーを聞いてみて下さい!
   ・SB/FS:中1が4名加わり8人のため、様々なFolk Songにも取り組むことができています。今後は、Folk Songなども積極的に取り組めるようにと思います。
   ・今回は、『バベルの塔』(『ノアのはこぶね』シリーズより)を楽しむことに。
     次週は、また『たぬき』にもどり、Ⅳ話を楽しむことになっています。

★5月12日
    SB:Songbird(現在Ⅰから中心にとりあげています)
    NR:Three Blind Mice
    Story:『たぬき3話』

   <前回の様子>
     Kickyをシニア、大学生3名、中学生3名がキャンパーという設定で、物語ゲーム、韓国歌「すすめ」、『たぬき2話』を導入しテーマ活動まで、楽しみました。Kickyが、満面の笑顔で、照れながらも楽しそうにリードしてくれました!もうシニアの雰囲気が出ていて、こうやって皆、成長していくのだと、あらためて実感しました~。
     
★新しく移籍された大学生ご紹介
    茨城地区より、大学1年生(バイオサイエンスを専攻)、ニックネーム「おがしゅう」さんが4月より移籍。
    Hibikiさん、Shihoさん,Mayuさんが、高校生の時に、同じ高校生表現活動に参加されていました。年5回でテーマ活動を仕上げ、発表する活動ですが、茨城から新宿まで通われ、しかもリーダーを務めた、意志の強い、しっかりとした方です。よろしくお願いします。 

★今後の予定
   グループラインで、自分達で連絡中。
   保護者への連絡事項、私の気づきなど、こちらにアップしていきます。

★Apr.9
   ・前回の合同を経て。
   ・動画は各自で自宅で見ておく。気づいたことを話し合う
     ここまで出来たのは、中学生達の頑張りと力。仲間との協力。
     発表会へ出られなくなってしまったメンバーも動画を見て意見を言ってもらいたい。仲間の客観的な意見は大切。   
   ・11日合同の予定
   ・発表会当日の注意事項
    
★Mar.31 7:00~8:30で実施します。
   ・Folksong、Theme Activity
     今後の目標、話し合い

★Mar.17 夕方5:30以後、早めにいらしてOK!
   ・"Guleesh"(英語のみ)発表動画撮影
   ・就職、入学お祝い、年次表彰式、決意表明!
   ・楽しい会にしたいと思います! 

★Mar.10
 先週の分も合わせて、6時半開始とします!
17日発表動画をとります!頑張りましょう。

★3月の予定  
    17日発表会。卒業おめでとう!Yunaさんも九州の大学寮に入る前で、いらっしゃいます!5回あることもあり、申し訳ありませんが24日はITO用事がありお休み。31日に通常通り実施します。

★Feb.24,Mar.3
   ・“Guleesh”発表へ向けて取り組んでいます。
   ・今回は、CD通りの発音を目指してみよう!と声掛けしています。
    高大生として、頑張ってもらいたいです!

★Feb.17
   ・Kikkyが、復帰されます!Mayuさんも!バーボンもいらっしゃいます!
    この日は、気を付けながら、乾杯しましょう!
   ・Guleeshのなぜ?を、たくさん出し合えればと思います。
   ・表現を考えながら、英語のみを聞きながら動いています。
   ・クラス最後のディクテーションで、
     前回は、"lean”の聞き取りが難しいことが分かりました。lean againstで、なぜonではないのか?について辞書を引いて確認。
     駅のホームの表示にこの単語あるよとYamato君。よく見ていますね。
     →"Don't lean over the platform gate."

★Feb.10
   "Guleesh"進行中。この物語のテーマは?自分達のテーマは?
   前回は、読み合わせ。
   No sooner~than~の構文について。自由英作、発表。

★Feb.3
   この仲間で発表する最後になります。3月17日㈬クラスで発表することになりました。
   ・前回は"Guleesh"発表の担当決め
     Guleesh:Hibiki、Mary:Kana、Priest:Yamato、Fairy:All、King of France:Misaki
   ・この物語、どんなお話なのか?深めてみましょう。
   ・大学生たちが、戻ってきたら、ナレーションをシェアします。

★Jan.27
   ・3月の卒業お祝いの会で、"Guleesh"を発表しようということになりました。
    (お祝いの会は、クラス内で実施する可能性があります)
    前回は、この物語に出てくる妖精達は、性悪という意見。しかし、妖精が出てこなければ、Guleeshも幸せにならなかったという意見などが出ていました。

    今回もスクリプトはコピーをしないで、毎回のディクテーションでノートを作成予定。左ページに英語、右ページは、自分の気づいた事やイメージ、調べた単語など記入していきましょう。

★Jan.20
   ・前回、3月までの予定を立てていましたが、
    3月にMisakiさんとMajuさん(日本にそこまでいらっしゃったら)の卒業祝いをしたいため、クラスとして何か発表を目指した方がいいのではないかと感じています。日程も早く決めましょう。
    今回は、Misakiさんが『西遊記』Ⅰ話から英語クイズを出して下さることになっています。ノートを忘れずに!

★Jan. 13
   ・持ち物:ノート、ファイル等
      自分で気づいた英語は、どんどんメモをしていきましょう!毎回、5つの単語、フレーズは自分のものにするぐらいの気合でいきましょう。
   ・1min speech : What's your new year's resolution?(今年の抱負)
   ・Folksong:毎月1曲ずつ意味を理解しながら歌えるようにと思います。
   ・Theme Activity:The Westward OdysseyⅠ
      なるべく英語のみで動いて感想シェアをしたいと思います。    

★年末年始の予定
   12月16日に発表動画を撮り年内終了となりました。
   来年春のテーマは、『西遊記』です。思い出しておいて下さい。
   新年は、1月13日からスタートします。

★クリスマス発表会
   『ライオンと魔女と大きなたんす』Ⅰ話を英語のみで発表しました。移籍した大学生2名も加わり、全員が集まれる日が少ない中、何とかまとめあげ、最後はしっかり最高学年のクラスらしく、英語を語ることができたと思っています。CDを聞いて、CD通りの発音を目指すという基本を役の子達は頑張れたと思います。メンバーも達成感があった様子です。テーマ活動をつくりあげるプロセスも、非常に楽しそうでした。
    このライブラリーは、会話が多く、会話だけでも十分な英語の学びになっていました。タムナス役のDarumaと台詞の英文をみていたところ、Lucyの言葉からタムナスの言葉が生まれている発見もありました。ライブラリーの英文は、単なる英文ではなく、著者や編集者によって選び抜かれた言葉になっています。これからも、考え抜かれた文、言葉になっていることを意識しておきましょう。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.