幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0310809
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 福音館のメルマガより(ライブラリー関連)の記事
 3びきのやぎのがらがらどん
 おおきなかぶ
 だるまちゃんとかみなりちゃん
 『ふるやのもり』
 『ぐりとぐら』
 【さんびきのこぶた】
 【ぐるんぱのようちえん】
・ テー活動とは?(ふしぎのくにのアリスさんHPより)
 【ライブラリーの年令に応じた聴き方を】
 【「はなのすきなうし」のロバート・ローソン】
 【「ヘルガの持参金」のトミー・デ・パオラ】
 レオ・レオニについて
 モーリス・センダックについて
 ウィリアム・スタイグについて
 ジョン・バーニンガムについて
・ 【英語が話せる子どもにするには・・・】  ・
 【英語のシャワーを浴びようよ!】
・ Tommy's Room
 My TolePaint
 My garden
 トールペイント(クリスマス編)
 My garden (Winter garden)
 Tommy's Garden('05 spring)
 季節のトールペイント
 Tommy's Garden('05 spring) 第2弾
 黒川つきえ教室作品展’05
 インドアガーデン
 ’05 Summer Garden
・ 国際交流
 【坂本 達さん講演録(2003年国際交流のつどいにて)】
 富永P国際交流の歩み
 【2003年国際交流ホームステイ(カリフォルニア州)】
 坂本 達さんインタビュー
 【カナダへ帰国する私からの手紙】
・ ドラマ教育
 演劇教育の可能性
 表現教育とは何か?
・ 子どもの社会力
 英語教育と日本人
 早期教育
 本物の学力
 子育てコーチング
 【故猿渡さんの作文「命を見つめて」】
 【なぜか途中で挫折する人の心理分析】
 【本物の英語力(文芸春秋10月号より)】
 不適応症候群
 【3ヶ月で英語をマスターするコツ】
 自分のいいところ
 子育てセミナー(とんちゃん流魔法のことばかけ)
 がばいばあちゃんの面白語録
 「成長の法則」
 見える学力・見えない学力
・ 今どきの大人と子どもの本の紹介
 私のおすすめ本
 子は親の鏡
 あそび歌
 おすすめ絵本
 そのまんまでいいよ
 1分間パパママ学
 【赤木かんこの『ねえ この本読んで』赤の巻】
 絵本力をつけよう!
 【福音館のメルマガ(松居直さんの文章より)】
 電池が切れるまでの詩
 クリスマス絵本
 【傍観(絵本の世界で遊べない子供たち)】
 12番目の天使
 【私が好きな相田みつをのことば】
 小沢俊夫さん講演録
 【幸せは赤ちゃん絵本から(福音館メルマガより)】
 【アンソニー・ブラウンの本】
 【ラチとらいおん】
 マザーグース関連
 ターシャ・テューダーの言葉
 赤毛のアン心がきれいになる言葉
 お勧め英語絵本
 子育てに絵本を!(山崎みどりさん講演会)
 小澤俊夫氏講演会「昔話の残酷性」
・ 富永P活動(交流会や発表会など
 2003年X'mas交流会
 春の合同合宿
 【グループの中で育つ子どもたち】
 【田島信元氏講演会&高2ラボっ子メッセージ】
 【ワークショップ「ラボで身についたこと・つくこと」】
 富永P10周年記念発表会
 【’04ラボサマーキャンプ(湯坪2班)】
 九重の花々
 【富永Pファミリー発表会&夏活動報告会】
 2004年クリスマス会
 ’05合同合宿
 鈴木孝夫氏講演会
 【’05ラボサマーキャンプ(in湯坪)】
 【’05富永P個人&ファミリー発表会】
 大学生キャラバン隊がやって来た~
 ラボ教育公開シンポジウム
 パネル討論『なぜ英語教育が人間教育なのか?』
Tommy's Garden

モーリス・センダック(Maurice Sendak)


モーリス・センダック(Maurice Sendak, 1928年6月10日 -)について
アメリカ合衆国の絵本作家。『かいじゅうたちのいるところ』をはじめ、80冊を超える作品を発表し、現代アメリカでもっとも個性的で天才的な絵本作家で、絵本の常識をくつがえす衝撃的な絵本を次々に発表。その影響力の大きさから「児童文学におけるピカソ」と言われている。
絵本のほかに、アニメーション映画や舞台美術にもとりくんでいる。
ニューヨーク州ブルックリンのゲットーで父フィリップ・母サラの第3子として生まれる。モーリスの兄ジャック(Jack Sendak, - 1995)は児童文学作家。
父は、ポーランドのユダヤ人のシュテットル(共同体)で生まれ育つが、ある少女を追いかけて17歳の時に両親の猛反対を押し切ってアメリカに渡る。ところが、すでに少女は結婚しており、フィリップはその後、ユダヤ人の経営するブラウス工場で働いていたサラと知り合い、結婚する。そしてモーリスは、広い世界とかけ離れたブルックリンのユダヤ人のコミュニティーの中で、アウトサイダーとして育つのである。
子供のころは病弱で、母親がいる台所が遊び場所だったという。センダックが生まれた1928年にミッキーマウスが登場しており、このためセンダックは大のミッキーファンとなった。12歳のときに両親と観に行ったディズニー映画『ファンタジア』にも強く惹かれ、これらの体験は、後の絵本制作に大きな影響を与えた。
彼のユダヤ人としての体験は、彼の作品の中に様々な形で映し出しているように思われる。第2次世界大戦中のユダヤ人虐殺や、それによってもたらされた家族の悲劇が、思春期の彼に大きな影響を与えた事は、言うまでもないだろう。第2次世界大戦勃発時、モーリスは13歳、奇しくもユダヤ教の成人式に当たる。
モーリスが生まれた翌年にウォール街で株が大暴落し、大不況が起きる。父が友人と経営していた会社は倒産して、センダックの家族は貧困のときを過ごす。こうした逆境において、モーリスは独自の力で道を切り開いて行った。高等学校時代から抜群の画才で頭角を表し、
高校卒業後、ニューヨーク市のF.A.Oシュワーツ玩具店でウィンドウを装飾する仕事に携わり、からくり人形を考案しおもちゃ店で雇われる。そして有名なアート・ステューデンツ・リーグ夜間部に通ってデザインを学ぶ。このころに接した、19世紀イギリスの古典絵本や20世紀スイスの絵本に興味を持つようになった。またそのオモチャ店の人の紹介で、ハーパー・アンド・ブラザーズの名編集者アーシュラ・ノードストロームと知合い、1951年マルセル・エーメの童話「おにごっこ物語」の挿絵の仕事をきっかけにイラストレーターに転向する。
1956年に、初めての自作の絵本「ケニーのまど」を出版する。
1952年、『あなはほるもの おっこちるとこ』がニューヨーク・タイムズ年間最優秀図書に選ばれる。
1964年に『かいじゅうたちのいるところ』(Where the Wild Things are)でコールデコット賞を受賞、世界的なベストセラーとなる。
1970年、国際アンデルセン賞画家賞受賞。
1982年、『まどのそとのそのまたむこう』(Outside Over There)で第33回全米図書賞(児童文学部門)受賞。
1983年、ローラ・インガルス・ワイルダー賞受賞。
2003年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞。

<画風と評価>
ランドルフ・コールデコットに憧れていたセンダックはその模写を好み、センダックの緊密な画面構成には、こうした19世紀の古典的イラストレーションの影響が見られる。一方、登場人物の描写にはディズニーの影響が見られ、そこに自身の幼時体験を重ね合わせることによって独自の画風とストーリー性を築き上げている。
出世作となった『かいじゅうたちのいるところ』は、教育的でない、しつけに悪影響を及ぼすなどとして、当初は親たちから批判を浴びた。しかし、夢想的で自由な視点で描かれたストーリーは子供たちの強い支持を受け、親しみやすさと芸術性の融合として、一般的に高い評価を受けるに至っている。
 
*センダック語録
■かいじゅうたちのいるところ (コールデコット賞受賞挨拶)
私が言いたいのは、子ども達がごく幼いうちからすでに自分を引き裂く感情とはお馴染みであるということ、恐怖と不安は彼等の日常生活の本質的な一部であるということ、彼らは常に全力を尽くして欲求不満と戦っているのだという事です。そして、子どもたちが開放されるのは空想によってなのです。それは「かいじゅう」たちを飼いならすために彼らが持っている最上の手段です。

■センダックの絵本論 (モーリス・センダック 脇明子訳 岩波書店1990年)
子どもがどんな現実の中で生きているかを考えると、ある種の子どもの本の、真実の半分しかみようとしない姿勢は、全く恥ずべき物であると言わざるを得ません。そうした本は、争いや苦痛の影など微塵もない金ぴかの世界を広げて見ますが、そうした世界をでっち上げるのは、自分自身の子どもの真実を思い出すことのできない、あるいは思い出そうとしない人達です。そんな人達の、削除項目だらけの人生観は、本物の子ども達の人生とは、何の関係も有りません。

<絵本作品>
『かいじゅうたちのいるところ』 神宮輝夫訳、冨山房
『まよなかのだいどころ』 神宮輝夫訳、冨山房
『まどのそとのそのまたむこう』 神宮輝夫訳、冨山房
以上はセンダックの「三部作」とされている。
『ケニーのまど』
『とおいところにいきたいな』 神宮輝夫訳、冨山房
『きみなんかだいきらいさ』 ジャニス・メイ・ユードリー文、小玉知子訳、冨山房
『おふろばをそらいろにぬりたいな』 ルース・クラウス文、大岡信訳、岩波書店
『そんなときなんていう』 セシル・ジョスリン文、谷川俊太郎訳、岩波書店(岩波こどもの本)
『ロージーちゃんのひみつ』 中村妙子訳、偕成社
『7ひきのいたずらかいじゅう』 中川健蔵訳、好学社
『くるみわり人形』 E・T・A・ホフマン文、渡辺茂男訳、ぽるぷ社
『ふふふん へへへん ぽん!―もっといいこときっとある』
『子いぬのかいかたしってるかい?』
『あなはほるものおっこちるとこ』ルース・クラウス文
『わたしたちもジャックもガイもみんなホームレス』
<その他>センダックの台本、オリヴァー・ナッセン作曲による、2つの児童オペラ『かいじゅうたちのいるところ』『ヒグレッティ・ピグレッティ・ポップ!』がある。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.