幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0098653
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ~通訳・翻訳家 鈴木小百合氏講演会感想より(中3女子)
現在ページはありません。
・ 九州支部国際交流のつどい感想より
 小学校1~3年感想より
 小2~小3感想より
 小4~小5感想より
 小6感想より
 中1感想より
 中2感想より
 中3感想より
 高1感想より
 高2感想より
 高2感想より(留学経験をふまえて)
・ 小山Partyの紹介
現在ページはありません。
・ 国際交流
 つどいを見て思ったこと
・ 国内交流WinterCamp参加
 春のキャラバン交流
Welcome!
(中2男子)
人生初の国際交流のつどいでは、これから国際交流へ行く人たちの発表、行った人の発表がありました。
これから行く人たちの発表では、高校で行こうと思っているぼくには、とても参考になりました。
国際交流経験者の人たちの発表では、聞いた後に安心もしたし、少し気軽になりました。
ぼくは、好き嫌いをはっきりと発する外国の人とうまく接することが出来るか全く自信がありません。
しかし皆の話を聞いて心配ばかりしてないでとりあえずやれることをやっていこうと思いました。
国際交流のつどいは、色々な人の色々な気持ちがたくさん詰まっていて、今回小山Partyが出させていただけたことは、本当にありがたい事だと思いました。

(中2男子)福岡に多く集められた国際交流参加者の人たちは、ぼくのときよりもとてもすごかったです。
例えば、日本の事についての紹介では、ホストにどう教えるのか話していていたり、その生活やスタイルについての事など、
ぼくの頃よりもとても上手くて工夫も上手でした。また他の人達の英語も良くはっきりと言えてました。激励でも行ったことのある人のアドバイスがとても心にきました。
今回は、地震でもう出来なかった人たちもいますし、全然出来ないラボっ子もたくさんいます。
その人達の分までがんばって行く人達の姿は、とても清らかで美しいものでした。
今回は、“ジョン万”もみんなに見せれた良かったと思います。何故なれこれから行く人や、地震の被害にあった人達の分まで
がんばって国際交流に行く人たちを励ますのが、僕が一番出来ることだからです。僕たちが力になれてよかったと心に思いました。

(中2女子)
今回、東日本大震災でつどいを中止するところも多い中、九州支部ではつどいを出来て、とてもうれしく思います。
今度、国際交流に参加する人達は、日々の努力がとてもわかるような発表をみせてくれました。福岡A地区の発表は、
地図などを使ってすごく日本の事が、分かりやすく面白かったです。
テーマ活動の発表は、トラブルも多い中、とてもいい発表ができたの思うので、良かったです。国際交流参加に、私達の「何事もあきらめずにがんばろう」という思いが少しでも伝わればいいと思います。


(中2女子)
今回は、初めて国際交流のつどいに参加しました。そしてテーマ活動もさせていただきました。ジョン万はどのセリフもとても良いものばかりです。そんなテーマ活動にみんなと一緒に出ることができて、ほんとに幸せです。うれしいです。私は、セリフはないけど舞台にたった時は、とても緊張しました。表現がちゃんとできるがすごく不安になりました。でも宮崎の代表として頑張ろう!!と思い精一杯しました。セリフのある人達はいつもと違って本当に立派で、声も大きくて、カッコよかったです。私は、ほんとにすごいなと尊敬します。どの人もはきはきと、そして綺麗にスラスラと英語と日本語が言えていたのですごい!!と思います。そしていろんな人に感動を与えられる事が出来てほんとにほんとに素晴らしいと思います。その感動を与えた者の中に、私も関われて、参加できてすごくうれしいです。いつものテーマ活動とは違う、普通では味わえないような達成感を感じることが出来ました。
各地区、各交流の発表では、私も行ってみたい、してみたい、挑戦してみたいという気持ちがよりいっそう強まり、深まりました。今、いけなくてもこれから先どこかで必ず行きたいです。私がこうやって感じたり、テーマ活動が出来たのは、テューターの協力、そして何より親の理解、協力があったからこそすることが出来ました。本当に本当に感謝しています。。本当に周りの支えがあったから、私はこうやっていることが出来ました。ありがとうございました。
I learned that, if you keep on striving and refuse to give up、
「人生はなにがあってもあきらめてはいけない」
a favorable wind is sure to blow.
「そうすれば、道はひらけます」
このことばを信じ、何においても前に進んでどんどん成長していきたいです。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.