幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0189313
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ キャンプ
 2011年黒姫サマーキャンプ
 2012年黒姫サマーキャンプ
 2013年サマーキャンプ
・ よつもとパーティの国際交流(受け入れ)
 初の韓国交流参加に向けて
 壮行会準備
 緊張で出発、頑張ってきました
 2013年北米交流
・ このおはなし楽しかったね
 パーティ内外発表テーマ
 ハマったおはなし
 フェローシップ(大人ラボ)
・ 「ラボ・パーティって何?」
 ラボの教材(ラボ・ライブラリー)
 赤ちゃんからできる「こころ」と「ことば」の教室
 幼児ならではのお楽しみ♪
 ご褒美で燃える♪ 小学生
星ライン
今年は男子一人の参加となりました。
小3のY。
集合の朝も「お腹痛い…」と言いつつ、ご両親に連れられてやってきました。

バスの中でも「頭痛い…」。

開営式の場にはロッジマザーに付き添われ医療棟から登場。
やはり頭が痛かったと。

でもね、彼は病的な頭痛でないはず。

次の日の朝、「テューター!」と明るい声で挨拶してきた。
ほらね、もうきっと大丈夫。

時々ラボランド内で会ったけれど、常にはち切れんばかりの笑顔でいつものYに戻っていました。

帰路のバスにて、第一声。
「テューター、一人で参加すると友達たくさんできることがわかった。
 来年は苗名滝(小4から参加できる7時間コース)に行く!
 5年生になったら黒姫山に登る!」
と宣言していました。

ひと山越えて成長したYでした。

今年は1年生のAちゃんとRちゃんも初参加。
パーティでは二人ぴったり寄り添う仲良しさん。
ロッジでも最初はそうでした。
けれど、次第にそれぞれが友達を作り、それぞれが好きな役でテーマ活動をし、二人の成長も間近で見られました。
Aちゃんはこのキャンプ直前にお引越しが決まりました。
けれども、このキャンプが大きな経験になり、お引越し先でもまたラボを続けてキャンプに行きたいと言ってくれたことが私の励みにもなりました。

2歳から参加している次女にとっては4回目のラボランド。
初参加の小学生より勝手知ったる働きっぷり。

そこで、私はひそかに決意していました。
「来年、黒姫山に登ろう」と。
(だってね、Yと一緒じゃ無様な姿を見せられないでしょ。)
(次女も、私が一晩と一日いなくても大丈夫そうだし。)
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.