幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0189313
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ キャンプ
 2011年黒姫サマーキャンプ
 2012年黒姫サマーキャンプ
 2013年サマーキャンプ
・ よつもとパーティの国際交流(受け入れ)
 初の韓国交流参加に向けて
 壮行会準備
 緊張で出発、頑張ってきました
 2013年北米交流
・ このおはなし楽しかったね
 パーティ内外発表テーマ
 ハマったおはなし
 フェローシップ(大人ラボ)
・ 「ラボ・パーティって何?」
 ラボの教材(ラボ・ライブラリー)
 赤ちゃんからできる「こころ」と「ことば」の教室
 幼児ならではのお楽しみ♪
 ご褒美で燃える♪ 小学生
星ライン
今年もいつものメンバー。

そして、何の特別な運動もしていない私、無謀にも去年の決意を引きずり黒姫登頂隊へエントリー!

テューター4名、ラボっこも定員より多く出発。

しかし、朝から雨模様。
前の班に参加したメンバーは登頂できなかったらしい。
(去年同じロッジだったテューターも私と一緒に決意していて登頂隊メンバーでした)
彼女の分も頑張って登るぞ!という決意を新たに…

が、雨も降ってくるし風も出てくるし、とうとう登頂中止の決断が下されました。
あと60mなのに!

けれども、山を知っているガイドさんの判断に従うしかありません。

無念、無念。

でも、本当に楽しかった。
不安もあったけれど、私でもしっかり登れました。

ガイドさんがおっしゃった言葉。
「一人はみんなのために。みんなは一人のために。」
自分が装備が不十分だったり、体調がすぐれなかったりすると、みんなに迷惑がかかる。
みんなは登れなかった一人のために頑張る。
そんな気持ちを持って下さい。

それから
「Climb every mountain」
という言葉。
目の前のちっちゃい山でも一つひとつ登っていくと、大きな山を登っていける。
困難を避けずに一つひとつ挑戦していくということがいかに大切かということだね。

ナルニアの音楽とみんなの「おかえりなさい」に迎えられ、悔しかった気持ちは吹き飛びました。

またいつか登れる機会を楽しみにしたいな。

しっかり留守番してくれた次女と、お世話してくださったテューターやシニア、そしてロッジのみんなに感謝の黒姫登頂でした。
(5回参加の6歳の次女。来年は別ロッジにしちゃおうかしら♪)
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.