先生(テューター)とは テューターの一時間 先輩テューターの声 教室開設の流れ 資料請求 説明会日程
TOP >  先生の募集 > テューターの一時間
先生の募集

先生(テューター)とは

ラボ・テューターのお仕事を、ラボ・パーティが始まってから終わるまでの約1時間の流れにそって説明します。
 

まずは、子どもたちを集めて「Hello!」という歌を一緒に歌います。大きな声で歌い、子どもたちがリラックスしてきたら、その後もいろいろな歌を教えたり、英語の歌にあわせてゲームやダンスを楽しませながら、子どもたちの好奇心や感受性を引き出してあげてください。

 

子どもたちを前に座らせて絵本を読み聞かせます。教材のCDをかけ、英語と日本語で説明しながら、また時には、子どもたちの質問に答えながら、子どもたちと絵本の世界の橋渡しをするのがラボ・テューターの役割です。子どもたちがその物語を好きになれるよう、あなたなりに演出してみてください。

 

ラボ・パーティのメインであるテーマ活動は、子どもたちの自主性にまかせて進めます。基本的に、読み聞かせた物語をテーマにみんなで劇を作り上げていく過程を見守ってあげてください。ただ、むずかしいことにぶつかったときは、子どもたちが考えやすくなるようなアドバイスをしてあげてください。

 

いよいよ、子どもたちが作り上げた劇の発表タイムです。きっとみんな、大人が驚くような思い思いの演技をしてくれるでしょう。このときは、観客となって、大いに拍手し、ほめてあげましょう。ひとりひとりが自分らしく表現できるようリラックスした雰囲気をつくってあげてください。


 

「次回は、このお話でテーマ活動をしましょうね」と来週の約束をしてラボ・パーティは終了となります。最後は「Good-bye」という歌にあわせて、みんなでお別れの握手をします。「また来週もここに来たいな。」「早く来週にならないかな。」と思わせるような、楽しい雰囲気のお別れにしてください。


会員についてのお問合せ 0120-080-743
関連リンク
(公財)ラボ国際交流センター
ラボ日本語教育研修所
森のロッジ村 ラボランドくろひめ
ラボ・テューター専用ホームページ(テューターSNS)
ラボ教育センター出版局
ひろば@LABO
 
Labo Partyの特徴 会員になるには 無料体験・資料請求 教室を探す ラボ・パーティの絵本 先生の募集
お問い合わせ 採用情報 プライバシーポリシー サイトマップ リリース情報 会社情報
Copyright 2005(c) Labo Teaching Information Center.All Right reserved.