幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧海外交流・留学ランダム新規登録戻る 0234361
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ダンス
 Pig in the parlor
・ イギリスへの旅
 第2回イギリスへの旅 2009 Sept.
 LNP イギリス旅日記2009 Sept.
 LNP イギリスへの旅 その11~その20
 LNP イギリスへの旅 2009 その21~30
 LNP イギリスへの旅 2009 その31~40
 その41~45
 スコットランドへ   バグパイプに魅せられて
・ お話クイズ
・ ソング,ゲーム
 The Hokey Pokey
・ Story Telling 読み聞かせ
・ OBからの手紙
・ テーマ活動
 永訣の朝 (宮沢賢治)
 Peter Pan ピーターパン
 The Duck and the Kangaroo
 Hey Diddle Diddle
 国生み
 やまやまもっこり
 フレデリック 
・ ナーサリーライム研究会 ≪ギースの会≫
 お気に入りのナーサリーライムは?
 ナーサリーライムクイズ
 The Owl and the Pussy-cat
 Song a Song of Sixpence
 Mary had a little lamb
 Take Me Out To The Ball Game
 There was an old woman who lived in a shoe
 To market To market
 Row, Row, Row Your Boat
 Rub-a-Dub-Dub
 Round and Round the Garden
 Wee Willie Winkie
 Three Blind Mice
 Ring-a-Ring o' roses(Ring around the rosie)
 There was an old woman lived in a shoe
 Solomon Grundy
 Wee Willie Winkie
 Thirty Days Hath September
 TheEency Weency Spider
 Ride a cock-horse to Banbury Cross
 Wee Willie Winkie
 ハートのクイーンThe Queen of Heart
 Tweedledum said Tweedledeeトゥィードルダムとトゥィードルディー
 Twelve Days of Christmas
 Twinkle Twinkle Little Star
 Sally Go Round The Sun
 The Muffin Man
 This little pig went to market このゆびこぶたマーケット
 Three Blind Mice
 This is the house that Jack built これはジャックのたてた家
 A
 Here is the church,and here is the steeple
 O
 Tweedledum and Tweedledee
・ 国際交流写真展(since 1976)
 2007ワシントン州
 2006 カンザス州
 2006 サウスダコタ州
 2005 オハイオ州
 2005 ジョージア州
 2004 テキサス州
 2004 カナダノバスコシア州
 2003 カリフォルニア州
 2003 テキサス州
 2002*4H100Aniv.Bear
 2002 アイダホ州
 2002 オハイオ州
 70年代
 ホームステイ受け入れ
 中川潤子より 旅立つ君達へ
 2008 パーティ壮行会
 ラボ留学(1987,2001)
 2004 カナダ・ノヴァスコシア州
 テキサス州
 2008 アイダホ州
 2008 ノースカロライナ州
 2008 オハイオ州
 2008 イリノイ州
 2009 オハイオ州
 2009 マサチューセッツ州
 2013 オハイオ州
 2017 コロラド州
 2017 オハイオ州
 2017 ミズーリ州
・ ラボ中川パーティー 年代別活動
 プレイルーム<動画>
 小学生活動 フレデリック
 えいごによるスピーチ
 フレデリック <動画>
 The Queen of Hearts ハートのクイーン
・ パーティー行事
 合宿
 ハロウインラボ
 クリスマスラボ
 2008LNPハロウイーン
 生涯学習フェス
 ボランティア活動≪ジョイの会≫
 ソング<動画>
 平家の里デイキャンプ20130803
・ ラボパーティ 特別行事
 ラボサマーキャンプ2010夏
 第1回 kotobaフォーラム
 第2回 kotoba フォーラム
 大山サマーキャンプ第2班シニア発表ももたろう 2011
 ロッジ活動 ラボっ子ばやしの練習
 大山キャンプ 第2班 キャンプファイアー
 大山キャンプ 第2班 ラボっ子ばやし
 大山キャンプファイアー ピニョンピルリン(動画)
 大山キャンプ第2班 閉会式 シニアメイト
 大山2班 キャンプソング 月夜の晩
 大山2班8/8朝食いたごち
twinkle
LNP LNP ラボ中川潤子パーティ
LNP LNP ラボ中川潤子パーティ [全532件] 1件~10件 表示 次の10件 >>
ふるさと、姫路城 07月30日 (月)
 
姫路城、久々の訪問、

さすがに暑い!ので、天守閣にまではのぼりませんでした。

というか入口まで歩くのが、暑すぎて、無理でした。

でもお城の中はきっとひんやり…

DSC_0650

駅までの並木道には、お城の風が吹いていました。

ふるさとは良いですね。


お城パノラマ
ピカデリーといえば? 07月25日 (水)

ピカデリーといえば ピカデリー・サーカス!

?あの紀伊国屋のある、ロンドンの?イギリスの?

いえ、国内でピカデリーといえば、新宿ピカデリーですって!

先日、ピーター・ラビットを観てきました。

時はマクレガーさん亡きあとのスト―リー展開!

この木はヒルトップのおとなりバックルイートの庭の木です。映画に出てきてましたよね!



DSC02282
2008中川潤子撮影バックルイートの庭
第4回kotobaフォーラム開催しました 2 07月24日 (火)
 
第4回kotobaフォーラム


<Alice In Wonderland>英語日本語による発表会

kotobaフォーラム冊子表紙



≪第4回フォーラム冊子・A4全40頁≫

記録とは
Part1 子どもたちの様子/ラボパーティの活動
 Part2 我が家での親子のやりとり/家庭での親子の会話
Part3 国際交流レポート
 Part4 皆様からのメッセージ
あらためてテーマ活動の意味を考えてみました
ナーサリー・ライムと母語習得


kotobaフォーラム冊子裏表紙


ラボライブラリーを森の中で聴くような 05月17日 (木)


何?にゃオン?
2



聞こえる、にゃオン!
1



これは、葉音(^^♪

DSC_0535




ここちよいライブラリーの世界

ラボの魅力はここだニャン。

3



リビングがまるで森?!の中のよう~~~~~~です。
保育所からのサプライズ! 12月03日 ()

昨日(12月2日)保育所の生活発表会がありました。

DSC_0302


今年正課で楽しんだラボのソングの中から発表、
There's Something in the Garden,Under the Spreading Chestnut Tree(by年長&年中),Jingle Bells(by 年少)。


DSC_0303


今日、保育所の先生が届けて下さった,素敵なプレゼントのリースに悲鳴をあげてしまいました!
年長さん年中さんで作ってくれたThere's something in the garden!
有難う!有難うございます!

DSC_0298
ラボ中川P国際交流体験レポート2017 ミズーリ州 倉世古美姫(くらせこみき) 10月06日 (金)

私の大切な経験

中川パーティ 御薗中学1年生 倉世古美姫


倉世古No1(3人)1200


 私は、今夏、ミズーリ州ヴィエナ市に住む、ロワード家にホームステイをしました。
7月22日の対面式にはホスト、弟、ホストマザーが来てくれました。
事前にメール連絡をとりあっていたのにもかかわらず、
すごく緊張してしまい、その場で固まってしまいました。
そこでホストから「みき、きて」「あなたに会えてうれしい」と言われて安心しました。
しかしお返しのことばが出てきませんでした。
「緊張していたらことばがでないのだ。この人たちと一か月過ごしていくのだ」と気づき、
「緊張していたらダメ、一か月一緒に過ごすことを考えよう」と決心しました。
miki2


 ホームステイ中、そうめんとちらし寿司を作りました。
作るまえに「作っていい?」と聞いたら大喜びでした。
お母さんはカメラを持ってちらし寿司をとっていました。
作っている最中、私がたまごのやき方ときゅうりの切り方を教えました。
日本料理店にも行きましたが、そのときとは違うちらし寿司だったので
“good”とみんながいってくれました。この時は、家に居ないことが多いお父さんも食べてくれて嬉しかったです。
miki3


 ホストファミリーにおりがみを教えたら、
ホストは毎日「おりがみのおりかたがわからない」ときいてくれました。
教えてあげたら〝Thank You″といってくれたので嬉しかったです。
ホストの弟は「自分で考える」といって頑張っていました。
おりがみひとつでもコミュニケーションがとれるということを学びました。
すがたりは、最後の夜に「すてきなワフ家」を英語で語り、
聴いてもらいました。家族全員がリビングにそろうことが少なかったので、
この時がチャンスでした。わたしは勇気を持ってチャレンジすることが大切だと思いました。
倉世古No2(2人)1200


 ホーム・スティが始まって一週間くらいたったころ、
ホームシックになりました。
毎日ホストの友達がやってきて、ホストが遊びに行ってしまう、
そのことから、ホームシックになったのかな、と思います。
ホームシックは複雑で、自分とは思えないくらい泣いてしまいました。
けれど、それを変えてくれたのは日本から届いたお母さんの手紙でした。
手紙の最後に「どんなときも楽しんでください」と書いてあり、
それが私にとっての励ましのことばになりました。
国も違う、言葉も違う、ホストが離れていくのが嫌で日本に帰りたい、
それが私のホームシックでした。
落ち込んだ時や嫌になったときでも、
お母さんの手紙にあったように、「楽しむこと」で、
ホームシックそのものを忘れていき、楽しくなっていきました。

 ヴィエナ市の市長さんを訪問しました。伊勢市の市長さんのメッセージとおみやげを渡したら、
市長さんは伊勢市長への返事を書いて、おみやげも託してくれました。
この後、新聞に、私のことが大きく掲載され、驚きました。
みきNewsPaperB001

みきNewsPaperA001


 アメリカの友達はわたしのことを何も知らないし、
ことばをかけられることには徐々になれてきましたが、
どう言葉をかえしたらいいのかわかりませんでした。
でもそのような時でも、悩まず、笑顔だけは忘れませんでした。
私のホームステイを良いものに変えてくれたのはみんなの力でした。
トランポリンゲームで、ホストの弟やその友達と遊んでいるうちに、
いつの間にか仲良くなっていきました。
その時、私は心から楽しんでいて、
自然な笑顔でHAPPYな気持ちだったと思います。
笑顔でいるとみんなもHAPPYになり、人間関係も変えていくということを学びました。
この夏のアメリカでのホームステイは、私にとって、大切な経験となりました。

ありがとうございました。

倉世古No3(5人)1200



伊勢市2017,7,15001
中日新聞2017,7月15日掲載
ラボ中川P国際交流体験レポート2017 オハイオ州 福井李佳(ふくいももか) 10月05日 (木)

初めての挑戦

               中川P 玉城中学校一年生 福井李佳

ふくいももかNo.1family

 この夏オハイオ州にあるミドルタウンに住んでいる、FUGE familyの家へホームステイしました。
ホストは、私と同い歳でした。

Lily達が迎えに来てくれた時、私はとても緊張していました。
でもLily達はフレンドリーにしゃべり掛けてくれました。
私からはその時あまりしゃべり掛けることが出来ませんでした。
私はその夜、少しでも仲良くなりたいと思ったので、
日本から持ってきたお土産を面白そうな物から渡していきました。
その日、とっても仲良くなりました。


家に着いて一番びっくりしたことは、動物をたくさん飼っていることです。
「こんなにせわできるのかな?」と思うほどでした。
私もにわとりにエサをあげたりしてみました。
Lilyは、フェアにヤギを出していました。何か手伝いたかったので、
世話をしようとすると“NO”と言われてしまいました。
でも「手伝いをしたい」と伝えたら“OK”と言ってくれました。
それから私は、水かえをするようになりました。

 フェアの後、サッカーの試合を観戦しに行きました。
FCCというサッカーチームを応援しました。私は初めてサッカーの試合を見に行って
とてもサッカーが好きになりました。
でも、ホストのお父さんが「あらい試合」と言っていて
「そうだったんだ」と思いました。

ふくいももかNo.2市長



  ある日、ホストのお母さんが「役場に行くよ」と言ったので私も行きました。
そこには、ミドルタウンの市長さんがいました。
玉城町の町長さんから預かったメッセージとお土産を渡しました。
市長さんからバッチ、Tシャツ、オハイオ州の写真集を頂きました。


 8月15日はホストのお母さんのお誕生日でした。
私は、日本にいる時から15日はお母さんの誕生日と知っていたので、
お香セットと扇子とメッセージカードをプレゼントしました。
私が渡したとき、とてもとても喜んでくれて
「日本から持ってきて良かった」と思いました。

 『美女と野獣』の演劇を見に行きました。
もちろん全て英語でしたが、話を知っていたので、楽しかったです。
ろうそくのルミエールが、ベルに、おなかが空いた時、歌を歌ってご飯を出すシーンが
一番素敵なシーンでした。次の日とても大きいプールに行ったのですが、
そこで驚くことがおきました。
それは、前日見た『美女と野獣』の役をしていた人達がプールにいたからです。
そこで写真を撮ってもらってとても嬉しかったです。

ふくいももかNo.3木のぼり




 家でキャンプをしたこともあります。
私は初めてテントで寝ました。
とても寒かったけど布団がたくさんあったので暖かかったです。
日本でもやりたいと思いました。
私がアメリカに行ってよかったと言える事は、
人とコミュニケーションがいままでよりもっと、とれるようになったことです。
言葉で伝わらなくてもジェスチャーを付けるなど、
伝え方を色々学びました。文化も学びました。

 
 次に行く人に伝えたいことは、軽い気持ちで「大丈夫やろ」と思わないことです。

私は行く前「何とかなるやろ」と思っていたけれど
現実はとても厳しかったからです。
しっかり、行く前からいつもよりもっとライブラリーを聞いたらよかったと思いました。
そうした方が困る回数が少なくなると思います。


 わたしにとってこの夏は最高の夏でした。
皆様、ありがとうございました。

ももか

ラボ中川P国際交流体験レポート2017 コロラド州 橋爪史弥 2 10月04日 (水)

Great Adventure

中川パーティ 玉城中学校1年生 橋爪史弥

橋爪史弥No1対面式



 僕はアメリカ、コロラド州のWYMANファミリィの家にホームステイしました。
ホストは10歳のCodyで、3人家族です。
対面式では、とても緊張していたけど、みんなが笑顔で迎えてくれました。
ホストファミリィの家の周りには山しかありませんでした。
しかし、次の日、窓から外を見たら野生のリャマがいて、それを自分の手で触ったり、えさをあげたりできたので、
すごい所に来たと思いました。
他にも、野生のロバが道路にいて人を怖がらなかったし、
野生のウサギを捕まえたりしました。野生のリス、鹿、バイソンも見ました。

橋爪史弥No3自転車




家の近くの山を登ったり、ハイキングにも行きました。
地上ではただの山ばかりと思っていたけど、頂上から見たコロラドの景色は、山は大きく、
草原も広く、とてもきれいで山を下りるのがもったいないと思いました。

 ある日、朝食でバナナのパンケーキがでて「おいしくなさそう」と思い、
“No, thank you”と言おうとしたら、Dadに“Try”と言われました。
食べてみると、おいしくてTryして良かったと思いました。
他にも、ホストの習い事、ブルーベリー,鶏の世話にTry。僕は今回のホームステイ中にたくさんTryと言われ、挑戦しました。
そして色んなことに挑戦することはいい事だと思いました。
ホストファミリィはキャンプ、動物園、博物館、プール、野球観戦など
いろんな場所に連れて行ってくれました。

 2泊3日のキャンプは、ハンターのライセンスを取得するキャンプでした。
アーチェリーで模型の獲物に矢を当てる練習や、魚の釣り方などを教えてもらいました。
自由時間にホストやホストの友達とたくさん遊んで、
仲良くなれたので、特に印象に残っています。


 また、ホストとけんかをしてホストとあまり話さない日が続きました。
すると、団長の渡辺さんから電話がかかってきて
「Dadが心配している」と言われて、僕は「自分が困っている事」を話しました。
僕は渡辺さんと話して今の状況は良くないと思い、
次の日にホストと一緒に作ろうと思って用意したお土産をホストに渡して仲直りをしました。
ホストはとても喜んでくれました。そしてそのお土産を一緒に作りました。
お土産は仲直りのきっかけをつくるのにも使えるので、
ホストと一緒に作るようなお土産はお勧めです。

橋爪史弥No2山

 また僕は持っていったデジカメを無くしてしまった事もありました。
いろんな店に出かけた日だったのでどこで失くしたかわかりませんでした。
家についてから日本で用意したメモ帳に“I lost~”と書いてきたのでそれを使ってDadに“I lost camera ”と伝えました。
するとDadはその日に行ったお店に電話をしてくれました。しかし見つかりませんでした。
次の日、昨日いったお店にDadが連れってくれました。
そして、ついに見つかり、本当に嬉しかったです。
Dadとお店の人にたくさん“Thank you”を言いました。
2人とも「見つかって良かった」と言ってくれました。

本当にたくさんの所に出かけていたので、3つのお土産は披露するタイミングがわかりませんでした。
気がついたらもうすぐ帰る日であわてて、披露しました。
帰る3日前くらいです。素語り(素敵なワフ家、火曜そろってピクニック)は、みんなが物語を聞いて笑ってくれました。
物語の英文をホストが読みあげてくれました。
アルバムは、「わー」とか「これ何?」とか言ってとても興味をもってくれました。

別れの日、絶対に泣かないと決めていたのに泣いてしまいました。
Dadに「また、来たいか?」ときかれ“Yes”と答えました。

次に行くときは、自分の思った事をもっと英語で話せるようにしたいと思いました。
ホストファミリィとの約束を守るため、たくさん英語を勉強したいと思います。
ありがとうございました。
P1030792


玉城町広報紙
玉城町広報紙(2017 9月)掲載

20170917_191407
Dadがプレゼントしてくれた25セント(州により模様が違う)をパネルにしました
LNPLNP スコットランドへ 10月03日 (火)

バグ・パイプに魅せられて

                    1972年開設 三重地区 中川潤子


2011年9月、スコットランドへは初めての旅。
我が子の留学をきっかけに、英国を旅するようになったのは、20年も前からのこと。
予想外の風の冷たさに、慌てて買い求めたタータン・チェックのマフラーを首に巻き、エジンバラの街を巡る。

キャッスルロックに聳えたつ、難攻不落のエジンバラ城の正面を、
ウイリアム・ウオレスとロバート・ザ・ブルースの像が守っている。
バイキングの侵攻から城を救ったと云うアザミは国花とされ、戴冠式に国王が座る「運命の石」“Scone”は、
スコーンというお菓子の由来だそうだ。
処刑場跡が残るグラスマーケットに立ち寄り、
ラスト・ドロップ(罪人が最期の酒を飲んだという店)でランチ、
ギネスと伝統羊肉料理ハギスを賞味した。
「ハギスは、ハイランドの山中に住む3本足の動物で、
満月の夜、心の清らかな者だけが見ることが出来る」との伝説もある。

城下の公園では、バグ・パイプの演奏を聴きながら、家族が憩い、ゆっくりとした時間が過ぎていく。
ロイヤルマイル沿いに建つセント・ジャイルズ大聖堂。
その司祭ジョン・ノックスは、旧教信者の女王メアリーに対立、
「大グモ」とあだ名が付けられていたそうだ。
メアリーは、「大グモ」に驚く「マフェット嬢ちゃん」というわけだ。
石畳を歩き疲れて、エジンバラの初日が暮れた。

翌日は、ボーダーズへ。『ダビンチ・コード』で話題になったロスリン礼拝堂を経て、
「ロバート・ザ・ブルースの心臓」が安置されているメルローズ修道院を訪ねた。
メルローズは7人制ラグビー発祥の地でもある。
この町の食堂メニュー“Broth with Bread”は、小雨で冷えた私の身体を癒してくれた。
“The Old Woman in a Shoe”の一文を思いだしながら「スープには、やっぱりパンが要るわ!」

『ハリー・ポッター』の舞台、アニウイック城を経由して、国境へ。
2つの国が争いを重ねた長い歴史を見続けてきた、もの言わぬ山や谷。夕陽に照らされた看板の“Welcome to Scotland”の文字を見ながら、
私は“The Lion and The Unicorn”を小声で口ずさんだ。

 翌朝、イングリッシュならぬ、スコティッシュ・ブレックファストを食し、
グレート・グレン渓谷、ネス湖を目指す。
「6世紀、聖コロンバが怪獣を宥めながら旅を続けた」と云う道を辿る。
木々の間に湖が見え隠れし始めた時、突然激しい雨が!黒い湖面に水の輪が拡がる。
私はドキドキしていた。水面は神秘的で、不思議な光を宿していたように思えた。

 荒涼としたグレンコーの岩山を通り過ぎる時、
バスの中には、スコットランド民謡が流れてきた。その昔、この地に住む一族が虐殺された悲劇を物語る曲。
この谷間も、春になれば、見渡す限りのへザーで覆い尽くされるのだと思った。

バグ・パイプの奏でる“Auld Lang Syne”(蛍の光)にまどろみながら、
バスは、夜のエジンバラに着いた。
大聖堂はライトアップされ、ロイヤルマイルには、たくさんの若者たちが集い、
パブというパブには人々が溢れ、昼間とは全く違う様相を醸し出していた。
私も人混みをかきわけ、パブの一軒へ!過ぎ去った日々とこれからの日々に、スコッチ・ウイスキーで乾杯!
シングル・モルトの香りにほろ酔い、バグ・パイプの調べの中で……。

                テューター通信掲載


DSC06005
ぶたくんが空をとびました!The Flying Pig 2 01月18日 ()
 
 Mちゃんのおばあちゃん(Uさん)は元ラボフェロウシップ会員です。
お子様2名もラボっ子でした(1970年代のことです)
Uさんの孫、Mちゃんは、2歳でラボに入会しました。
今は小学校1年生です
1昨年、次のようなエピソードがありました

Mちゃん(年長)の事例 2013年

<家で図書館で借りた「どうぶつサーカスはじまるよ」という絵本を読み聞かせしていたときの出来事です>
(ぶたが空中ブランコを成功させた後)

母: 『やりました!ぶたくんがそらをとびました!
   みなさんゆうきあるぶたくんに、はくしゅをおねがいします!』
     (絵本の中の司会者のセリフ)

M:  Flying Pig やなぁ!

母:なんでそんな言葉知っとるの?誰に教えてもらったの?

M: だってラボで “The Flying Pig” したから。

母: あ~そうか、よく覚えとったなぁ!

保護者感想

 “The Flying Pig”を少し前にラボで取り上げてもらった時期がありました。
そのときから時間が経ってもその言葉を覚えていたことが驚きでした。
“ Dickery, dickery, dare ”と呪文を唱えて豚が空を飛んでいる遊びをしていただけだと思っていましたが、
いつの間にか“Flying Pig ”という言葉を学習していたのだなぁと思いました。(母)

 子どもはみんな凄いですね。
ひとつのことばを聴いただけでも想像力をはたらかせる柔軟性をもっている。
これからもいっぱいラボ・ライブラリーを聴かせてやりたいです。(祖母)
次の10件 >>
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.