英語と一緒に,もっと大切なことも

  • 音と絵

    感受性が鋭い子どものうちは「本物」にふれる機会を与えることが大切です。ラボ・ライブラリー(英語と日本語で録音された物語教材)は,世界の名作絵本をはじめ, オリジナル作品も制作しています。 国内外の実力派俳優・画家などを起用した朗読と絵,一流の音楽家とオーケストラによる音楽など,子どもたちの感受性を十分に満足させ,かつ何度も聴きたくなる本物の音づくりに徹底してこだわった教材です。

  • 英語+母語

    外国語を学ぶ子どもに必要なのは「ことばそのものへの興味」。ラボ・パーティでは,思考とアイデンティティ確立の重要な要素である「母語」を大切に考えています。 英語と日本語で語られる物語CDを何度も聴き,感情豊かなことばの表現を模倣し唱えることで,ことばへの興味を育み,さらに,英語・日本語の枠を越えた言語力の基礎を学ぶことになります。

  • ことばとカラダで表現

    ラボ・パーティの大きな特徴のひとつに「テーマ活動」があります。ラボ・ライブラリーを聴き,その物語をテーマに,子どもどうしで話し合い,協力して英語のセリフや流れを決め, 最後にみんなで英語劇を演じるグループ活動のことです。「テーマ活動」をとおして,子どもたちは豊かな母語と生きた英語,自主性や表現力,リーダーシップを自然に育むことができます。

  • 異年齢の交流

    最近は,年齢差のある子どもどうしで遊ぶ機会が減り,子ども社会が希薄になってきました。 ラボ・パーティでは,あえて年齢差のあるグループを活動の基本単位にしています。 年齢をこえた大勢の仲間と過ごすことで,子どもどうしがお互いに育て合い,その過程で, 個性や能力の違いを受け入れる力や思いやり,協調性といった社会力が育っていきます。

  • 国際交流

    ラボ・パーティは、希望者が参加できるホームステイプログラムを用意しています。北米・オーストラリア・中国・韓国など世界各国で、実際の生活を体験しながら、 生きた外国語や異文化と交流できる体験は、一生の思い出となると同時に、自分のコミュニケーション力や勇気を試すチャンスです。語学習得の意欲に弾みがつきます。

ラボ・パーティのプログラムは,「聴く→想像する→考える→話し合う・協力する→表現する→共有・共感する→聴く」というように,それぞれがつながり,往還しています。 これらの要素が,豊かな母語,生きた英語,理解力,表現力,自主性,協調性などコミュニケーションに必要な力=社会力を総合的に育むのです。

お問い合わせはこちら