幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0111963
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 「ターキッシュ・デライト」自作してみました
・ ライオンと魔女と大きなたんすについて思うこと(安藤先生講演会まとめ)
・ 2012年オレゴン国際キャンプ
 毎日のプログラム
 ハンコック
 クレーターレイク
 レッドウッド
 西海岸
・ 2013年オレゴン国際キャンプ
 ハンコック
 クレーターレイク
 レッドウッド
 西海岸
・ シェイクスピア作品紹介
 夏の夜の夢(喜)
 ヴェニスの商人(喜)
 ウィンザーの陽気な女房たち(喜)
 お気に召すまま(喜)
 ハムレット(悲)
 ヘンリー六世第一部(英史)
 ヘンリー六世第二部(英史)
 ヘンリー六世第三部(英史)
 リチャード三世(英史)
 タイタス・アンドロニカス(ロ史)
 トロイラスとクレシダ(問)
 終りよければすべてよし(問)
 尺には尺を(問)
 ペリクリーズ(ロ)
 シンベリン(ロ)
 冬物語(ロ)
 テンペスト(ロ)
・ ニセコキャンプ紹介!
 ニセコキャンプ写真集(ほぼ2010年)
 2011年ニセコキャンプの画像
Welcome!

シェイクスピア 全作品紹介


『お気に召すまま』
“As You Like It”



《ざっくりしたみどころ(あらすじのあらすじ?)》

・ 恋に落ちた二人の、恋愛ゲーム? 男装の恋人とする、愛の告白の練習とは?? 


《あらすじ》

 ロザリンドは公爵の娘であるが、公爵は弟によって追放され地位を奪われている。そして、ロザリンドは公爵の娘シーリアと暮らしている。
 オーランドーは資産家の息子だが、遺産は相続した長兄オリヴァーが独占し、自らは不遇の生活を余儀なくされている。
 そんなロザリンドとオーランドーがであい、一目ぼれする。
 しかしその直後、公爵の弟よりロザリンドは突如追放を言い渡されてしまい、男装をし、シーリアと道化のロックストーンを連れ出して、アーデンの森へ向かう。一方オーランドーも長兄オリヴァーのねたみにより命を狙われ、アーデンの森へ。
 オーランドーは森の中で苦しんでいるところを、ロビン・フッドばりの生活をしている前公爵によって救われ、一緒に暮らすことになる。それにつけても、オーランドーは一目ぼれの相手ロザリンドが忘れられない。そこで、森のそこら中にロザリンドを想う恋の歌を書いた紙をちらかし、木々の幹に恋の歌を刻みつける。
 その恋の歌を見つけたロザリンドは、オーランドーが森にいることを知って大喜びするが、その時まさにオーランドーその人が眼前に現れたため、男装のままギャミニードと名乗り生意気な少年のように話しかける。その男装のロザリンドをロザリンドだと気付かない恋に盲目なオーランドー。そこでギャミニード(=ロザリンド)は、恋わずらいの治療と称して奇想天外な恋愛ゲームを提案する。それは、ギャミニードをロザリンドだと思って、口説きの練習をさせるというもの。つまりオーランドーは、ロザリンドの演じるギャミニード少年が演じるロザリンドを口説くことになるのだ。
 この三重の入れ子構造を持つ恋愛ゲームは、延々と続く。
 そしてあるとき、血染めのハンカチを持った男がシーリアに急を告げる。その男こそオーランドーの長兄オリヴァーであり、ライオンに襲われたところをオーランドーによって救われたというのだ。オーランドーは一命をとりとめ、兄は改心し、そしてシーリアに一目ぼれ。求婚し、翌日には結婚の運びとなる。
 この結婚を受け、オーランドーはギャミニードに恋愛ゲームはやめて本当の恋人、ロザリンドの元に向かうことを決意する。そこでギャミニードは、この森の恋人たちは魔法使いから教わったふしぎな力で、明日になれば結婚する、と告げる。
 そして翌日、ギャミニードは自らの正体を明かし、ここにオーランドーとロザリンド、オリヴァーとシーリア、道化と土地の娘、羊飼いのカップル、の四組の結婚式が行われる。
 さらに、公爵を討つために森に入った公爵の弟も改心し、奪った土地と地位を公爵に返上することとなり、めでたしめでたし。


《感想》

 この物語の面白いところは、やっぱり男装のロザリンドが演じるギャミニードをロザリンド役としてオーランドーと繰り返される、恋愛ゲームでしょう。色々女心をぐらつかせる指導や、本当はロザリンドが言ってもらいたいことばなんかを、ギャミニードの口を通してオーランドーに言わせる、などなど、なんとも胸キュンな感じです。というか、なんだか、いけないものを見ているみたいで、ドキドキしてしまいます。
 そしてこの複雑な入れ子構造もいいですね。「「「ロザリンド(女)」が演じるギャミニード(男)」が演じるロザリンド(女)」という構造。これには二重の面白さがあって、本人が演じるキャラクターが本人そのものを演じるという面白さ。そして、女が演じる男が女を演じるという面白さです。特に後者の場合は、十二夜などと同様、女が演じる男(ギャミニード)を本当の男と思って、羊飼いの娘が恋に落ちてしまい、その羊飼いの娘の恋人がやきもきするなど、お話は性の取り違えを通じてさらに混乱していきます。
 もっというと、シェイクスピア時代の俳優は全員男なので、ロザリンドも少年俳優が演じます。つまり、男(俳優)が演じる女(ロザリンド)が演じる男(ギャミニード)が演じる女(ギャミニード演じるロザリンド)という、もうわけがわからない構造なのです。
 そしてこのお話のもうひとつの面白さは、なんといっても道化タッチストーン! この試金石(Touchstone)の名を持つ道化は、シェイクスピアのほかの劇に出てくる道化に比べて、ぴか一に明晰です。バカな言葉を使いながら、あるいはダブルミーニングを駆使しながら、本質や痛いところをズバッと突いてきます。これぞ、道化!
 さらに、恋に盲目のオーランドーが森中にロザリンドを想う恋の詩を書き散らすという行為自体が、なかなか異様な状態ではあるのですが、それに輪をかけて面白いのが、その詩がなかなかへたくそだということ。へたくそな恋の歌、しかもそれが森中に! なんともシュールな光景です。
 例えば、こんな詩です。

  東インドに西インド      From the east to western Ind,
  競う玉なきロザリンド     No jewel is like Rosalind.
  風の彼方のワンダーランド Her worth, being mounted on the wind,
  そこでも名高いロザリンド  Through all the world bears Rosalind.
  どこの絵描きも大感動    All the pictures fairest lined
  世にも麗しロザリンド     Are but black to Rosalind.
  会いたい会いたいまた今度 Let no fair be kept in mind
  心に残るロザリンド      But the fair of Rosalind.

 すさまじいですね。若干の頭韻と、ロザリンドにあわせた強引な脚韻のオンパレード。ちょっとお粗末な感じですね。
 ですのでこれを茶化して、道化はすぐに、「こんな韻の踏み方でよけりゃ八年間ぶっとおしで踏んでやるぞ」と以下のように続けます。

  雄鹿と雌鹿がいい感度    If a hart do lack a hind,
  そしたら探せロザリンド    Let him seek out Rosalind.
  猫と猫とが恋なんど      If the cat will after kind,
  すれば真似するロザリンド  So be sure will Rosalind.
  冬の綿入れ七面倒       Winter garments must be lined,
  着たら着ぶくれロザリンド   So must slender Rosalind.
  あきんど売値で押し問答   They that reap must sheaf and bind;
  荷馬車で積み出せロザリンド Then to cart with Rosalind.
  皮は渋いよアーモンド    Sweetest nut hath sourest rind,
  中も渋いよロザリンド     Such a nut is Rosalind.
  バラは香るがちくりんど    He that sweetest rose will find
  棘を持ってるロザリンド    Must find love's prick and Rosalind.

 そしてこの道化の茶化しのほうが、ウィットがきいている分だけ面白いというむちゃくちゃ具合。も~、コミカルで面白いですね。
 そしてそうそう、忘れてはいけません。この劇には超有名なセリフがひとつありますね。曰く。
All the world's a stage,
And all the men and women merely players;
この世は舞台、男も女もみな役者だ。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.