幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0301399
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ラボ前田パーティの紹介
 LABOってなあに?
 年間行事
 発表会のあゆみ
・ 前田パーティの イベント紹介
 2007ハロウィーン
 2008卒業生を送る会
 2008秋のパーティ発表会
 2010イ-スタ-
 2012おぜんざいの会
 2012ファミリー合宿
 2012国際交流壮行会&発表会+夏祭り
・ 前田パーティの 国内交流
 2008地区合宿
 2009夏の思い出
 2011-12ウインターキャンプ
 2013サマーキャンプ黒姫
・ 前田パーティの 国際交流
 参加者リスト
 2006夏カナダ・アルバータ州初シャペロン
 2011夏アメリカメイン州シャペロン
 2011湘南地区国際交流のつどい
 2012地区壮行会 激励スピーチ
 2012パ-ティ壮行会 激励スピーチ
 2013地区壮行会 激励スピーチ
・ 前田パーティ 15周年の会
 テーマ活動発表の感想
 英語の詩と歌の発表の感想文
 何でもメッセージ
・ 前田パーティ  12周年の会
 発表のアルバム
・ 前田パーティ 10周年の会
 プログラム
 英語の歌と詩のメドレー
 お客さまの感想
 ラボっ子代表のスピーチ
・ ハンドルネーム ショコラの由来
・ テューター・リポート
 『バッファローの娘』 資料
 『バッファローの娘』 活動レポート
 『オズの魔法使い』研究レポート
 「クジラのはなしと歌のつどい」
 『鮫どんとキジムナー』
 海の向こうの世界を見てきた万次郎
 ‘ENGLISH FAIRY TALES’
 キンダークラブ通信 No.9 掲載リポート
Welcome!

★ 湘南地区国際交流壮行会2012 激励スピーチ ★

  
2013年7月7日 (日)、
湘南地区の国際交流壮行会2013で行った、ラボっ子の激励スピーチを紹介します。
今夏、湘南地区からは
アメリカ・カナダに11名とニュージーランドに1名の中高生が1ヶ月間ホームスティします。
出発を3週間後にひかえた今年の参加者のために、
ホームステイをすでに体験した2名のラボっ子が激励スピーチを行い、
その一人はマイパーティのヒコーキでした。



前田P 大学2年 上森久嗣


僕は6年前、中1の夏に、カナダのケベック州モントリオール市にホームステイしました。
モントリオールは街中の表示もみんなフランス語で、驚きました。
ホストファミリーは、大学教授のDad と、Mom、ホストのニコライ、弟のサーシャ、妹のキラの5人家族でした。

ホームステイで楽しかったことは、週5日行ったDay Camp とDadの大学に連れて行ってもらったことです。
Day Camp では、小1から中3までの子が集って一緒にサッカーをしたり、遊園地に行ったりし、
時には、老人ホームに出向いてお年寄りと一緒に遊んだり、また市場へ行って職業体験もしました。
Dadの大学に行ったことは今でも鮮明に覚えています。
キャンパスがとても広くて驚いたし、研究室にも連れて行ってもらいました。

ホームステイで困ったことは、ステイ半ばのころ、ホストのニコライがTVゲームばかりやって、僕と遊んでくれなかったことです。
どうしようかと一生懸命考えて僕がしたのは、
Let’s go! と言って、外へ誘ってみたり、日本文化紹介で、書道を一緒にやったりしました。
カタカナでニコライと書いてあげると、興味がわいたらしくて、
「カナダはどう書くの?」「モントリオールは?」と、聞いてくれました。
「もっと日本のことを知りたい!」と言ってくれて、
その時から、ニコライが一人でゲームをすることはあまりなくなりました。

それどころか、僕の荷物の中から日本語が書いてある物を見つけては、
それを書き写して「これであってる?」と見せてくれるようになったほどでした。
そのあとは、僕が持って行った紙風船で遊んだり五円玉を出して見せたりして、
ホームステイが終わるころには、「いつか日本に行きたい」と言ってくれました。
日本に興味を持ってくれて、嬉しかったです。

僕は、ホームステイに行くにあたって、「何にでもチャレンジする」と目標を決めていました。
ずっと意識してがんばったので、達成度としては80%くらいだと思います。
みんなでプールに行った時には、こわかったけれどウォータースライダーもやったし、
日本では食べなかったトマトも食べたし、
辞書を使わないで会話することにも挑戦しました。
これから国際交流に行く皆さんも、目標を持って行ってきてください。
「出されたものはとにかく食べてみる」でも良いし、
「積極的に話しかけて、友達をたくさん作る」でも良いです。
目標を持って頑張れば、日本に帰って来た時に、
行く前より成長したと感じられるはずです。

僕自身は、ホームステイに行く前は、
トマトは食べない、人に積極的に話しかけない、嫌なことからは逃げてばっかりだったのですが、
「何でもチャレンジする!」という目標を立てて1ヶ月生活してきたので、
日本に帰ってから「変わったねー」とよく言われました。
あれからは、嫌なことでも逃げなくなったし、
自分から積極的に話しかけるようになったと思います。
6年経ったいま振り返ると、国際交流の体験が僕にとってどんなに大きな変わり目だったかを痛感します。

皆さんがこれから体験するホームステイは、君たちの中で永遠に輝き続ける思い出となるでしょう。
是非、充実したホームステイにしてきてください!!

Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.