幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0095515
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 今月の活動日とお話
・ 体験希望の方へ
・ お話日記の絵(お話の絵)
・ カレンダーの絵
・ サマースクール2018
・ これまでに取り組んだお話
・ 保護者の声updated♪
・ 費用
・ 講師紹介
・ 「なぜ、ラボ・パーティなの?」
Welcome!

<<テューター(講師)紹介>>
(ラボでは講師をテューターと呼びます)




塾で英語を教え、

プリスクールでアシスタントを経験し、

認可保育園や英語保育園で保育士として働き、

子育て広場やオンライン英会話などで英語を教え、

2015年6月からラボ・テューターになりました。






塾やオンラインで英語を教えていた時、

子どもたちに英語を教えても、教えても、

子どもたちはすぐに忘れてしまい、

一体いつになったら話せるようになるのか、、、。

そう悩んでいました。





「教えられても」子どもたちは覚えないのです。


子どもたち自らが「学びたい」と思える仕組みが必要だと気付きました。



そんな時にラボ・パーティと出会いました。



これまでの全ての経験を踏まえて、

ラボ・パーティに惚れ込んで、

息子を入会させ、

(講師は母ですが、皆さんと同じ会費をお支払いしています)

私はテューターになりました。





私はテューターの仕事にとてもやりがいを感じています。

「無理やり」ではなく、

子どもたちの「自主性」を大事にしながら、

子どもたちの「心」と「ことば」を育てる仕事だからです。





お家では、

こだわり抜いたCD(ライブラリー)の英語のシャワーを浴びて、

クラスではお友達と楽しく活動します。




「楽しい」からこそまたライブラリーを聴きたくなります。

自ら言いたくなるフレーズが出てきます。

「言わせられる言葉」でなく「自分から言いたくなる言葉」に出会うと、

子どもたちはずっとその言葉を忘れません。




子どもたちが

「お話し好き」に、

「英語好き」になること、

そして「使える英語」を身につけることが

私の目標です。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
テューターあだ名『ぐみ』の経歴

☆高1でイギリスに1年留学

☆ICU英語学専攻卒

☆子どもと英語に携わって10年以上
(塾、プリスクール、認可保育園、英語保育園、子育て広場、オンライン英会話など。)

☆オールイングリッシュ親子子育てサークルPlaygroup in English(平成25年発足)代表

☆保育士経験7年




<資格>
・保育士
・幼稚園教諭2種
・中高英語科教諭1種
・英検準1級
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.