幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧アウトドア・キャンプランダム新規登録戻る 0104759
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 『スロー教育宣言』
現在ページはありません。
・ 08年6月23日までのトップページ
現在ページはありません。
・ 2007ごかやま(結局、未完)
現在ページはありません。
・ 2005わかもの
現在ページはありません。
・ ’04 KS日記
 出発前
 長距離移動
・ おまけ
現在ページはありません。
・ 2003ごかやま
 支える人たち
 道 (野外活動)
 蝶と提灯
 外観と智恵
 プログラム
 みんな俳句♪
・ 2004ごかやま
現在ページはありません。
・ はじめに…
現在ページはありません。
私,北倉は,ラボ・パーティは
『スローエデュケーション(スロー教育)』であることを,高らかに宣言します。

ラボ・パーティ
スロー エデュケーショナル宣言
2008.1

ラボ教育センター北関東信越総局 北倉 武昭

と,題名に書いてみたものも,
私には,その権限などありませんので,
個人的な宣言と提案です♪

“スロー”と言えば,スローフード,スローライフが有名どころ。
現在では,スローキャリアという言葉も生まれ,あとは,「スローエデュケーショナル」を待つばかり。
と,思っていたら,日経Kids+が3月号で,「早期教育VSスロー教育」の特集をしていました。
と,言っても,スロー教育の基準がないので,早期教育に対比しての書き方でしたが・・・。
そうなのです。実は,企業として,高らかに『スローエデュケーショナル(スロー教育)宣言』をしている団体は少ないのです。

やはりスローと言えば,“おそい”というイメージが付きまとうからでしょうか・・・。
「何かを提供するとか,何を身につける」という団体にとって“おそい”は,NGワードかもしれません。

実際,私も,スローを大切にしたいと意識をしながらも,
スピードに負けて,ファーストフードを食し,コンビニも頻繁に利用します。
「何か失っている」ことを理解しながらも,手軽さと,スピード感が売りになっている,
世の中では,スローに生きること自体が難しいのかもしれません。

ただ,スローであることは,大切なことだと思います。
スローは,「のんべん だらりと,ゆっくり気ままに過ごしましょう」というのではありません。
「中,長期的な時間の中で,自ら育まれていく力を大切にしながら,ていねいに,しっかりと生きていこう」ということ。
「自ら気づき,ていねいに,しっかり生きる」という部分では,ラボが目指す,
乳幼児期から高大生までの付き合いの中での,人間成長と英語獲得と大きく重なると思います。

その場に限れば,スピード感があり,お手軽で,取り合えずのことができることも大切でしょう。
ただ,人の人生を左右する教育の中では,それ以上に,じっくり落ち着いて,丁寧に物事を見つめ,
幅がある選択の中で,最善の方法を導くことができる力の育成が必要であると思います。

「英語教育は人間教育」というラボだからこそ,
スローエデュケーショナル(スロー教育)宣言をすれば,
世界に旋風を巻き起こすことができるかもしれない。

と,こんなことを考えているのが北倉です。

と言って,ペースがスローな人ではありません。
世の中のハイペースの中で,スローの大切さを伝えていくことが,使命なのかも・・・・・・と最近,考えております。
ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが,よろしくおつき合いください。お願いいたします。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.