幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0042164
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ パーティ通信Wonderland Labo
 2014年2月号
 2014年3月号
 2014年4月号
 2014年5月号
 2014年6月号
 2014年7月号
 2014年9月号
 2015年新年号
 2015年2月号
 2015年3月号
 2015年4月号
 2015年5月号
 2015年6月号
 2016年2月号
 2016年3月号
 2016年4月号
 2016年5月号
 2019年10月号
 2019年11月号
 2019年12月号
 2020年1・2月号
 2020年4月号
 2020年6月号
 2020年7・8月号
 2020年9・10月号
 2020年11・12月号
 2021年1月号
 2021年2月号
 2021年3月号
 2021年4月号
・ 国際交流【2013モンタナ州引率】
 モンタナ州交流 40年の年月を越えて
Welcome!
今年もこの夏のラボの国際交流のために事前活動が始まっている。
昨年モンタナ州交流に始めてシャペロンとして参加した。その時街で偶然出会ったホストの友だちのJoとは帰国後もSNSで交流を続けている。
Joによると、40年前にラボの交流で中2の女の子のホストを経験し、とてもいい交流をしたが、その後交流がとだえてしまった。できるならもう一度彼女の現住所や新しい姓を知りたい、また交流を再開したいとのことで、依頼があったのが昨年の秋。わかるのは、参加年度と、ETSUKOというラボッ子の名前、両親の当時の住所だけだ。
事務局に問い合わせ、財団にも調べてもらうようお願いした。年を越えても回答がないので、やはり40年という年月が経ってムリなのかと半ばあきらめかけそうになったが、Joには希望をもって待っていてね!と伝えていた。
2月になって、事務局から、やっと当時のご両親の電話番号だけがわかったと連絡もらった。40年前の番号ではもうつながらないかもと思いながらも電話してみると・・・なんとETSUKOさんのお母様が出られて、当時のラボの交流をすぐさま思い出してくださり、互いに感激した。すぐにETSUKOさんとも電話でつながり、Joにも伝えた。先日ETSUKOに手紙を出したよとうれしいメールがあった。
ラボの国際交流がこうして人と人とをつなぐだけの心の交流、何年たっても温かな気持ちで思い出される血の通った交流を生み出すのだと思うと胸が熱くなる。モンタナ州に引率したラボッ子たちも、私自身もそんな心の交流を体験できた。今年、また海を越えてまだ見ぬホストや家族とまたすばらしい交流が生み出されることを願わずにはいられない。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.