幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0414672
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ 『西遊記』発表会
 2021年次表彰式
 International Exchange with Mr. George
・ Julius Caesar
 大学生達を送る会
・ 21周年発表会 2019年3月24日
 『ペルセウス』発表会 感想
・ 2021 SUMMER
 夏休みの課題2021
 多読にチャレンジ!
・ SHIP
 年間共通Song
・ ラボで培う言語力
 なぜ英会話ではなくて「テ-マ活動」なのか↑是非お読み下さい
 テーマ活動が生まれてきた歴史
 国際理解教育として
 コミュニケーション力を育てる教育
 早期英語教育のメリット
 「素語り」の効用
 なぜラボのCDは英日なのでしょうか?
 多読のすすめ
 脳科学からみた英語学習法
 ラボ・パーティへようこそ!
 「テーマ活動で育つ英語」中学生の感想
 ラボでのノートの種類と使い方
 Grammar & Writing の考え方について 
・ クラスのご案内
 ◎月曜日 Kiddy Class
 □木曜日 Elementary School Class  
 ○水曜日Junior High School
 ☆火曜日 E. School Students
 火曜日 Kiddy Class 
 ◆金曜日 Junior High School ~   
・ 2018 Christmas Party
 キャンプへの参加を迷っていらっしゃる方へ
・ 力を発揮する子どもたち!
 Summer 子どもたちの作品展
 子ども達の絵、おはなしにっき & 工作 2007 Summer
 “The Ugly Duckling”
 カレンダーの絵 入選作品
 世田谷区 小学生海外派遣・中学生交流事業参加 
 高校生表現活動発表会
 シニアメイト
 「ラボ力」 自分の武器・弱点は何か
 世田谷区スピーチコンテスト予選通過
 『スーホの白い馬』東京支部 小学生
 大学生表現活動
 国際交流村
 スタンフォード大学オンライン高校 受講体験
 黒姫登頂を果たした子ども達
・ 年間行事
 2~4月 高学年活動発表会 及び 新入生歓迎会
 3~4月 Easter Party  / 地区の新入生歓迎会
 4月 春合宿、地区発表会
 7~8月 夏のイベント 
 8月 Party Camp
 8月 全国 Summer Camp
 10月 Halloween Party&個人発表会 
 11月 留学生交流会
 12月 Christmas Party
 ★保護者会での話題 LABO Q&A★
 ★10周年記念発表会★
 6月 ジュニアリーダーひろば
 2011夏のパーティ合宿
 過去の地区発表会テーマ
 国際交流村
 3月~4月Easter Party
 ハロウイン体験会
・ 国際交流のご案内
 Craig君のHome Stay
 Arri君のHomestay
 積立金のお申し込みのご案内
 JennyさんのHome Stay
 ★国際交流 既参加者及び参加予定者
 Paulさんといっしょに!
 ★koyo in Canada★
 ★Narumi in USA★
 ◆オレゴンキャンプのご案内
 ★Nonoko in USA★
 ★Maju in USA★
 国際交流 事後活動
 中国交流のお知らせ
 Evan君のHomestay
 受け入れ
 インターンとの交流会
 Jack & Edward from AUS in 2018 winter
Welcome!
以下は、千葉の赤嶺テュ-タ-(ヨッシーさん)が新聞記事をまとめて、HPに記載されていた内容です。とても興味深いお話ですので、掲載の許可を得てこちらでもご紹介させていただくことにしました。どうぞお読み下さい。

***************


 2005年3月24日の読売新聞の朝刊に『春からはじめる!英語教育特集』に児童英語教師・児童英語教育コンサルタントの清水万里子さんが、「子どもをバイリンガルに育てよう!」ということで早期英語教育のメリットや家庭での英語教育環境の整え方についてかかれていました。そして嬉しいことに、その横にラボの広告が掲載されていました。清水万里子さんの記事を簡単にまとめてみましたのでお読みください。


1.早期英語教育のメリットについて

 まず「早期英語教育」とは英才教育とは全く違って、早いうちから英語に慣れ親しんでいるうちに英語が大好きになって、将来英語を使える人になってもらいたいという期待をもった教育のこと。
 
 幼・児童期の学習能力は素晴らしく、自分の置かれた環境にすばやく適応していく力をもっている。英語環境に突然おかれたとしてもその中で懸命に過ごしていきながら英語をコミュニケーションの道具として自然に学んでいくことができる。子どものもつ鋭い観察力、適応力は大人が考えるよりはるかに高いもの。この学習黄金期に「英語を学ぶ素地」を作り上げておくことが早期英語教育のねらいである。

 特に聞き分ける力が優れている時期に英語の音をたっぷり聞かせておくと語感が養われる。正確な音をキャッチできる時期をみすみす逃す手はない。この語感を自然に養う時期には臨界期(一説には9歳位)があるといわれているので、英語を学ぶには早い方がいい。
 また幼い頃は繰り返しを好む時期でもある。聞いた音をどんどん真似して、楽しんでいくうちに英語独特の音を身につけていく。

 そして、子どもが外国語に触れることで大きく変化する心の成長がいくつかある。幼・児童期の英語教育はむしろこちらの教育の方が重要。例えば、英語教室で習ったことを子どもが「今日は英語のことばを10個覚えたよ。」と親に話したとき、ここで大切なのは覚えた英語の数ではなく、自信を持って嬉しそうに話す子どもの心の成長がもっとも大切。親も「よかったね。」とほめる気持ちを持ってあげれば子どもが自信をもち、何にでも積極的に取り組むようになる。
 もう1つの例は、英語を習い始めた子どもは自分のまわりにある英語に興味を持ち始める。街の中の英語看板や外国人、外国文化にも興味を持ち始める。このように子どもの視野を広げてあげることができるのが早期英語教育のメリットである。
 

 2.家庭での英語環境の整え方について

 子どもの生活する場面に「英語を学ぶ必要性」の環境を子どもに与え続ければ子ども自身が自分で考えて英語を学びたいと思う。海外出張する父親が側にいれば自然に外国へ目が向くし、外国人の友達がよく出入りする家ならば英語でコミュニケーションを取ろうと努力する。要するに英語が自分の世界の1部のようになればよい。
 家庭では部屋の一部を英語コーナーにするといい。必ず英語漬けになれるような仕組みを作る。「英語の時間」を決めると日課として子どもたちの生活のリズムの中に定着する。寝る前に英語の絵本タイムは効果的。そして一番大切なことは英語で話すことを強要しないこと。親が焦って早急な結果を期待しすぎることは逆効果。たっぷり英語を浴びればそのうちにいろんな場面でつかうようになる。
 
 
 新聞広告を読みながらラボのことを書いてくださっているかのように感じていました。そして最後に「親も子どもと一緒に英語を楽しんでほしいと思います。一緒に英語大好きな親子になって英語を使うコミュニケーションの楽しさを感じましょう。」と結んでありました。ラボパーティだと可能ですよ!
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.