幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0310802
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 福音館のメルマガより(ライブラリー関連)の記事
 3びきのやぎのがらがらどん
 おおきなかぶ
 だるまちゃんとかみなりちゃん
 『ふるやのもり』
 『ぐりとぐら』
 【さんびきのこぶた】
 【ぐるんぱのようちえん】
・ テー活動とは?(ふしぎのくにのアリスさんHPより)
 【ライブラリーの年令に応じた聴き方を】
 【「はなのすきなうし」のロバート・ローソン】
 【「ヘルガの持参金」のトミー・デ・パオラ】
 レオ・レオニについて
 モーリス・センダックについて
 ウィリアム・スタイグについて
 ジョン・バーニンガムについて
・ 【英語が話せる子どもにするには・・・】  ・
 【英語のシャワーを浴びようよ!】
・ Tommy's Room
 My TolePaint
 My garden
 トールペイント(クリスマス編)
 My garden (Winter garden)
 Tommy's Garden('05 spring)
 季節のトールペイント
 Tommy's Garden('05 spring) 第2弾
 黒川つきえ教室作品展’05
 インドアガーデン
 ’05 Summer Garden
・ 国際交流
 【坂本 達さん講演録(2003年国際交流のつどいにて)】
 富永P国際交流の歩み
 【2003年国際交流ホームステイ(カリフォルニア州)】
 坂本 達さんインタビュー
 【カナダへ帰国する私からの手紙】
・ ドラマ教育
 演劇教育の可能性
 表現教育とは何か?
・ 子どもの社会力
 英語教育と日本人
 早期教育
 本物の学力
 子育てコーチング
 【故猿渡さんの作文「命を見つめて」】
 【なぜか途中で挫折する人の心理分析】
 【本物の英語力(文芸春秋10月号より)】
 不適応症候群
 【3ヶ月で英語をマスターするコツ】
 自分のいいところ
 子育てセミナー(とんちゃん流魔法のことばかけ)
 がばいばあちゃんの面白語録
 「成長の法則」
 見える学力・見えない学力
・ 今どきの大人と子どもの本の紹介
 私のおすすめ本
 子は親の鏡
 あそび歌
 おすすめ絵本
 そのまんまでいいよ
 1分間パパママ学
 【赤木かんこの『ねえ この本読んで』赤の巻】
 絵本力をつけよう!
 【福音館のメルマガ(松居直さんの文章より)】
 電池が切れるまでの詩
 クリスマス絵本
 【傍観(絵本の世界で遊べない子供たち)】
 12番目の天使
 【私が好きな相田みつをのことば】
 小沢俊夫さん講演録
 【幸せは赤ちゃん絵本から(福音館メルマガより)】
 【アンソニー・ブラウンの本】
 【ラチとらいおん】
 マザーグース関連
 ターシャ・テューダーの言葉
 赤毛のアン心がきれいになる言葉
 お勧め英語絵本
 子育てに絵本を!(山崎みどりさん講演会)
 小澤俊夫氏講演会「昔話の残酷性」
・ 富永P活動(交流会や発表会など
 2003年X'mas交流会
 春の合同合宿
 【グループの中で育つ子どもたち】
 【田島信元氏講演会&高2ラボっ子メッセージ】
 【ワークショップ「ラボで身についたこと・つくこと」】
 富永P10周年記念発表会
 【’04ラボサマーキャンプ(湯坪2班)】
 九重の花々
 【富永Pファミリー発表会&夏活動報告会】
 2004年クリスマス会
 ’05合同合宿
 鈴木孝夫氏講演会
 【’05ラボサマーキャンプ(in湯坪)】
 【’05富永P個人&ファミリー発表会】
 大学生キャラバン隊がやって来た~
 ラボ教育公開シンポジウム
 パネル討論『なぜ英語教育が人間教育なのか?』
Tommy's Garden
松本輝夫氏講演会(2004年4月29日 ラボ教育センター本部長)

  『グループの中で育つ子どもたち
     ~ひとつしかない地球の上で ぼくらの笑顔が花になる~』

Ⅰ.希望が見えにくい21世紀に―――今、子どもたちは?
 「日本の将来は暗い」「努力してもムダ」派の中学生・高校生75%
 いっぽうで教育の「階層化」が進んでいる現状
 1) 「学力低下」よりも困った問題とは?―――社会力の低下
 2) 家庭、地域、学校等―――子どもは、主にどこで育つのか?
 3) わが子は、親が育てるものか?
   あるいは、子育てで、最も大切な親の役割とは?
 4) 子ども同士が育ち合う教育環境とは?
 5) こども本来の能力、可能性とは?
   今、「子ども時代」があるか?

Ⅱ.ことばを学ぶ上で、なぜ異年齢グループがプラスなのか?
 1) ことばとは何か?
   ことばのやりとりは、気持ちの交換、イメージの共有、魂の共振、感動を伴うもの
 
  ◎単語だけを学んだ時    ◎交流を通して学んだ時
   →気持ちが通じない     →言葉の本当の意味を知る(体験しないと分からない。)
  *ことば、物語、人などとの出会いが必要
   物語を通して、疑似体験することでことばの本質(本当の意味)を知る
  「ことばの<定義>は教えられるが、<意味>は教えられない」(鈴木孝夫さんの言葉)

  *母語は、習得しようとして努力した人、身につけた人は一人もいない。
   外国語となると、なぜ学習してしまうのか?
    《ことばのやりとり》必要な時に必要なことばを獲得していく
      遊びや暮らしの中で身に付けていくもの。

 2) 交流=Exchangeが意味するものとは?
 
 3) 異年齢グループの教育力とは?
    気持ちの通った人間関係(グループ)勉強しない
 
 4) ラボ・テーマ活動のめざすものとは?
  ・「心の母乳」=世界の絵本、物語との出会いを幼時から
  ・「声を出す」だけでも楽しいが、全身表現が加われば・・・・
  ・物語の表現活動と異年齢グループは相乗する。それはなぜか?
  ・自己表現力とコミュニケーション力
 
 5) ラボは、Self-esteemを大きくはぐくむところ
     ― 自分の命と存在を肯定できる心 ―  自尊感情を育てることが大事
 
  *物語というのは、生きることへの励まし、世界の広さ、その不思議と魅力、
   人生の面白さを伝えてくれる宝庫である。
   
  *語り継がれてきた物語は、全部Self-esteemを育ててくれる。
   人生には、いろんな辛いことや悲しいことがあるけれども、この世界で生きているって
   すごいことだよ。もっともっと広い世界を知ろうよというメッセージがある。


  
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.