幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0310817
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 福音館のメルマガより(ライブラリー関連)の記事
 3びきのやぎのがらがらどん
 おおきなかぶ
 だるまちゃんとかみなりちゃん
 『ふるやのもり』
 『ぐりとぐら』
 【さんびきのこぶた】
 【ぐるんぱのようちえん】
・ テー活動とは?(ふしぎのくにのアリスさんHPより)
 【ライブラリーの年令に応じた聴き方を】
 【「はなのすきなうし」のロバート・ローソン】
 【「ヘルガの持参金」のトミー・デ・パオラ】
 レオ・レオニについて
 モーリス・センダックについて
 ウィリアム・スタイグについて
 ジョン・バーニンガムについて
・ 【英語が話せる子どもにするには・・・】  ・
 【英語のシャワーを浴びようよ!】
・ Tommy's Room
 My TolePaint
 My garden
 トールペイント(クリスマス編)
 My garden (Winter garden)
 Tommy's Garden('05 spring)
 季節のトールペイント
 Tommy's Garden('05 spring) 第2弾
 黒川つきえ教室作品展’05
 インドアガーデン
 ’05 Summer Garden
・ 国際交流
 【坂本 達さん講演録(2003年国際交流のつどいにて)】
 富永P国際交流の歩み
 【2003年国際交流ホームステイ(カリフォルニア州)】
 坂本 達さんインタビュー
 【カナダへ帰国する私からの手紙】
・ ドラマ教育
 演劇教育の可能性
 表現教育とは何か?
・ 子どもの社会力
 英語教育と日本人
 早期教育
 本物の学力
 子育てコーチング
 【故猿渡さんの作文「命を見つめて」】
 【なぜか途中で挫折する人の心理分析】
 【本物の英語力(文芸春秋10月号より)】
 不適応症候群
 【3ヶ月で英語をマスターするコツ】
 自分のいいところ
 子育てセミナー(とんちゃん流魔法のことばかけ)
 がばいばあちゃんの面白語録
 「成長の法則」
 見える学力・見えない学力
・ 今どきの大人と子どもの本の紹介
 私のおすすめ本
 子は親の鏡
 あそび歌
 おすすめ絵本
 そのまんまでいいよ
 1分間パパママ学
 【赤木かんこの『ねえ この本読んで』赤の巻】
 絵本力をつけよう!
 【福音館のメルマガ(松居直さんの文章より)】
 電池が切れるまでの詩
 クリスマス絵本
 【傍観(絵本の世界で遊べない子供たち)】
 12番目の天使
 【私が好きな相田みつをのことば】
 小沢俊夫さん講演録
 【幸せは赤ちゃん絵本から(福音館メルマガより)】
 【アンソニー・ブラウンの本】
 【ラチとらいおん】
 マザーグース関連
 ターシャ・テューダーの言葉
 赤毛のアン心がきれいになる言葉
 お勧め英語絵本
 子育てに絵本を!(山崎みどりさん講演会)
 小澤俊夫氏講演会「昔話の残酷性」
・ 富永P活動(交流会や発表会など
 2003年X'mas交流会
 春の合同合宿
 【グループの中で育つ子どもたち】
 【田島信元氏講演会&高2ラボっ子メッセージ】
 【ワークショップ「ラボで身についたこと・つくこと」】
 富永P10周年記念発表会
 【’04ラボサマーキャンプ(湯坪2班)】
 九重の花々
 【富永Pファミリー発表会&夏活動報告会】
 2004年クリスマス会
 ’05合同合宿
 鈴木孝夫氏講演会
 【’05ラボサマーキャンプ(in湯坪)】
 【’05富永P個人&ファミリー発表会】
 大学生キャラバン隊がやって来た~
 ラボ教育公開シンポジウム
 パネル討論『なぜ英語教育が人間教育なのか?』
Tommy's Garden
「はなのすきなうし」のロバート・ローソン

☆「はなのすきなうし」は1936年に発表され、世界中で愛読されているお話ですが、なんとマンロー・リーフが親友のロバート・ローソンのために、
“ある雨の日曜日の午後、40分で書き上げてしまったお話だそうです。
「はなのすきなうし」の絵を描いているロバート・ローソンが「They were Strong and Good」でコールデコット賞を受賞した時の挨拶(『ホーン・ブック』1941年7・8月号に掲載)を紹介されているページを見つけたので、ちょっと長いですけどそのまま掲載します。

*************************************** 
   【子どもにはすべてを・・・ロバート・ローソン】

〈チルドレンズ・イラストレーター〉という言葉があるが、私は自分のことを〈子どものためのイラストレーター〉とは考えていない。この言葉には、子どもに対していささか恩着せがましく思えるものがある。もし区別が必要なら、もっぱら大人のために仕事をするイラストレーターのことは、〈アダルト・イラストレーター〉と呼ぶべきだろう。

 絵でも、文でも、それが明らかに子ども向けに見えたり、聞こえたりしたら、それは子どもたちにトーク・ダウンすることである。そうした調子を下げた語りかけには、子どもは激しく反発する。
 何代にもわたって子どもたちに愛されてきたイラストレーターの仕事に、私は限られた趣味やかぎられた理解に迎合するような兆候を、ちょっとでも見たことがない。

 私自身、子どもは趣味においても、理解においても、大人よりずっと限られていないと思っている。というのは、子どもたちは、何を好むべき方か、どう思うべきかとかいった、ばかげた又聞きの考えなどに、制限されてはいないからである。

 私は何年も、いわゆる大人のために仕事をしてきた。子どものためにいろんな仕事をしたのは、ほんのこの数年のことだが、子どものための仕事のほうがちょっとむずかしくて、ずっと楽しく、お金の点では報われることは少ないが、自尊心では得るところが大きいことを別とすれば、両者の間にはなんの相違もない。

 私は、子どもたちの明解な理想の要求するレベルに高まろうとするほうが、大人たちのもやもやした要求に答えるよりも、ずっと満足のいく達成であることを、いつも知ってきた。まじめな考えの人たちの中には、ある絵やちょっとした文について、私にこういうことがよくある。

「あれは十歳の子どもにわからないでしょうよ。」と。『はなのすきなうし』の絵をかいていたときにも、そのスケッチと文にざっと目を通して、私の叔母はこういったものだった。「これにはなんの意味も見られないわ。どうしてこんなものに時間をむだにしているのか、私にはわからないわ。

 花のにおいをかぐ牛なんて、意味をなすものではなく、ナンセンスなおもしろさを想定したものであることを、本気でなく説明しようとしたが、叔母はいっこうに関心を示さないで、最後にこういった。「私は気まぐれじゃないものね。」もしみなさんが私の叔母のエンマをご存知なら、それがどんなに控えめな言い方であるか、おわかりになるだろう。

 もし、人々が自分の子どものころを振り返って、十歳の頭を満たしたもろもろの考えや興奮や、好奇心やあこがれの驚くべき集積を思い起こすなら、子どもに何を与えるべきか、何を与えるべきでないか、などといったことは、とても言えたものではないだろう。
 絵のどんな小さな細部が、またストーリーの中のどんな些細な一節が、ある子どもの心に大きな閃光を放つ火花になるか、それは誰にもわからないことである。

 私は自分の書いた本や絵について、子どもたちに最大のスリルを与えるものが、実にさまざまであることを知って驚かされる。何一つあてにすることはできないし、何一つ計画づくで考えることはできない。ある絵のすみっこのちょっとした細部や、特別の言葉や言い回しが、ある子どものために窓を開き、いつまでも消えないあるものをちらりとのぞかせるのである。

 私は三歳か四歳の時に、母に連れられてフランスへいった。そのときの記憶はぜんぜん何も残っていないが、ただひとつ、いまもはっきり思い起こすのは、ナポレオンの墓の内部である。あごを押し付けた手すりの冷たささえ感じることができる。

 どうしてなのだろう?

 子どもの生活の学識ある設計者は、三歳の子どもをナポレオンの墓へ連れていかせたりはしないだろう。フランス語を教えるか、フランスの童謡でも教えてやったほうが、ずっとましだし、彼らもそうした。けれども、それらは風と共に消えてしまい、ナポレオンの墓だけがありありと残っている。

 どうしてそんなことが?私にはわからないし、誰にもわからないだろう。しかし、これだけはわかる。私が子どものために描く絵や文には、“年齢層”とか“計画読書”とかいったことにはいっさいおかまいなしに、押し込めるだけのあらゆる細部や考えを詰め込む決心であることは。

 私は子どもたちに、自分の知っていることや思いつくことのすべてを与え、その中から子どもたちに自由に選択させたいと願っている。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.