幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧アウトドア・キャンプランダム新規登録戻る 0216931
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ◆ 2008 AUSTRALIA交流の記録 ◆
 080728 豪・MORUYA通信 第1号 旅立ち
 080729 豪・MORUYA通信 第2号 学校生活
 080730 豪・MORUYA通信 第3号 学校生活2
 080801 豪・MORUYA通信 第4号 ハガキ
 080802 豪・MORUYA通信 第5号 日本語クラス
 080805 豪・MORUYA通信 第6号 優秀賞
 080807 豪・MORUYA通信 第7号 遠足
 080809 豪・MORUYA通信 最終号
 080811 豪・CANBERRA通信 準備号
 080812 豪・CANBERRA通信 第1号 RADFORD 
 080813 豪・CANBERRA通信 第2号 XAVIER
 080814 豪・CANBERRA通信 第3号 RADFORD/Ⅱ 
 080816 豪・CANBERRA通信 第4号 St. Clare's
 0800817 豪・CANBERRA通信 第5号 SAYONARA前夜祭
 080821 豪・SYDNEY通信 再集合
・ ◆◆思い出のラボランド◆◆
 ★2005.夏 サマーキャンプの記録★長文です。
 ★2005.4/29-5/1ファミリーキャンプの報告です
 ★2005.3.30-4.2 スプリングキャンプ2班
 ★2004.5.3-5ファミリーキャンプの報告です
 ★2003.6月ローエレメントコース一挙公開です
 2004.0521-23首都圏大学生コーチ合宿報告
・ ☆2003.10ニュージーランド親子交流プログラム☆
 ★プログラムの予定★
 NZ報告その1(10月13日) いざ出発編
 NZ報告その2(10月14日) Top Kids編
 NZ報告その3(10月15日) 料理とピクニック編
 NZ報告その4(10月16日) マラエ訪問編
 NZ報告その5(10月17日) タウランガ最終日編
 NZ報告その6(10月18日) オークランド編
 NZ報告その7(10月19日) ただいま!編
 ☆AOTEAROAでのひとり言☆
・ 2003 Summer, Tennessee Tales
 ◆インステートスケジュール
 ◆成田ビューホテル 0720
 ◆テネシーでの様子その1
 ◆テネシーよりその2 ラボっ子からのハガキ 
 ◆日本食は美味しい(レシピ公開)
 ◆テネシー報告その3 ラボっ子の様子vol.2
 ◆テネシー報告その4 集合・フェアウェルパーティ・そして帰国(長文)
 ◆テネシー日記(全文)その1. こちらにまとめます。
・ ★☆AOTEAROA通信☆★2005.10.31-11.7ニュージーランド親子交流★
 1>スケジュール
 2>参加者のメールより(長文です)
 3>出発と出会い編
 4>いよいよスタート編
 5>すばらしい体験編
 6>チーズ大好き編
 7>それぞれの土曜日編
 8>さよならタウランガ編
 9>オークランドの夜!編
title.jpg
AOTEAROA通信 その2 10月14日(火)こどもたちの世界編!

vol5TopKids

朝9時までに、Top Kids Waihi Road に集合でした。
このTop Kids は日本でいうと「保育園」ですね。
毎日0才から5才まで、30人ほどのこどもを預かっているそうです。
また、タウランガに4つのTop Kids があり、
今回はその中の Waihi Road でお世話になっています。
責任者はジャッキーさんという30代(たぶん)の女性です。
Centre Manager という肩書きですが、日本流に言えば園長先生ということでしょうか。
常勤スタッフが6人いて、今回はラボのこどもたちのために
1名増員してくれているのだそうです。

特に決まったカリキュラムは作成していないようですが、
今日は天気もよく、午前中は外遊びが中心でした。
10時過ぎにおやつ(クラッカーにチーズやトマトを載せたもの)の時間があり、
全員が集まって歌を歌いました。日本の歌もお願い!とリクエストがあり
「大きな栗の木の下で」を日本語・英語で歌いました。
英語の歌は先生達も知っていて、もう一度全員で歌っておやつになりました。

vol4

vol3中央座っているのがジャッキーさんです。

おやつの後は、大まかに年齢別にグループを作って遊びます。
大きな子(5才かな)は別の部屋でのプログラムでした。
初日ですから、お母さんも全員(一人だけホストと出かけましたが)
活動の様子を見学したり、一緒に遊んだりして過ごしました。

明日からはこどもと離して別行動を取ったほうがよさそうですね。
ジャッキーさんからもそのような話がありましたし、
お母さんたちもどうして良いか分からずにいたようですから。

早速ステュアートやジュンコさんと相談し、明日からの作戦会議を行いました。
明日はクッキング、木曜日はショッピングセンター、
金曜日はパフォーマンスの練習になりそうです。

さて、ランチの前に全員室内に戻り、手を洗い、歌を歌って昼食です。
我々は、各家庭でランチボックスを用意してくれたのを持参しましたが、
NZのこども達には簡単な昼食(サンドイッチと林檎)が用意されていました。(毎日手作り昼食が準備されていました)
席も決まっているようで、皆楽しそうに食事をしていましてね。

vol2 昼食前の歌の様子です

お天気もよく、我々は屋外それぞれ好きな場所でランチボックスを広げ、
楽しくピクニックランチとなりました。
12:30過ぎからホストファミリーのお迎えが始まり、
それぞれのスケジュールにそって出発していきました。

朝からステュアート、ジュンコさんがフル対応してくれていますので、
意思の疎通もしっかりできていますし、
明日からお母さんがいなくなっても、なんとかなりそうですね。

夕方までお迎えのできない3組と一緒に、午後はダウンタウンで過ごしました。
ステュアートがダウンタウンまでの送迎をしてくれ,、
帰りの時間と場所(スターバックスコーヒーの前)を決めて一度解散しました。
素敵なタウランガのダウンタウンで優雅?な午後が過ごせたでしょうか。

ワタクシはステュアートと一緒に今後のスケジュールのための
下見を兼ねて、タウランガの町を見て歩きました。
今回はスケジュールに入れていないのですが、夏の交流で
ラボっ子が楽しんだ「Hot Salt Water Swimming Pool」
(公共のプールで入場料も150円ほど)や
Bay Fairのショッピングモール、明日のクッキングを行う教会の場所確認などです。
Sea Shore でのコーヒータイムで、リッチな時間を過ごしたりもしました。

1週間(実質4日間)でどの程度までプログラムを組むかは問題ですが、
午前中は親子分けてのプログラムが良さそうです。

さて参加者の様子ですが、皆ホームステイを楽しんでいるようです。
ステュアートたちが真剣に考えて、HFを決めてくれたためでしょう。

ニュージーランドでは、5歳以下のこどもが車に乗る際は、
チャイルドシートの着用が義務付けられています。
また、全員がシートベルトをする義務もあり、皆そのルールを守っています。
何人かのラボっ子はチャイルドシートに縛り付けられるのに抵抗して
ぐずってしまったようですが、なんとか慣れてくれるより仕方がありませんね。

ホームステイ初日の夜、普段よりはいくぶんおとなしかったようです。
お母さんと一緒ですから、ラボっ子に深刻な事態は起きていないとのことでした。

明日は午前中が近くの教会のキッチンをお借りしてクッキング教室、
昼食にはこどもたちも合流して、全員で楽しみます。
そして午後は近くのアニマルファームへ出かけるピクニックです。

本日Dale家では折り紙、ケン玉の講習会が開かれました(ちょっと大袈裟)。

Allan & Judith

この家は、まさに英国風の生活でして、朝に夕に夜にティータイムがあり、
ミルクティーとクッキーなどを日に何度も楽しんでいます。
(昼間は2人とも働いていますので、朝と夕方から夜ですが)
コーヒーは一度も出てきませんでしたね。

夕食は見事なニュージーランド風です。
肉(牛・羊・ソーセージなど)と温野菜(ゆでたジャガイモ・かぼちゃや豆など)
で食事をして、デザートを食べ、食後に紅茶(Milk Tea)を楽しみます。
シンプルで質素とも言えますし、伝統的ということも言えましょう。

窓からは夕日のタウランガ湾が見えていますし、
太陽が沈むと満点の星が輝き始めます。南十字星も綺麗でした。

以上タウランガ2日目の報告でした。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.