幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0189310
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ キャンプ
 2011年黒姫サマーキャンプ
 2012年黒姫サマーキャンプ
 2013年サマーキャンプ
・ よつもとパーティの国際交流(受け入れ)
 初の韓国交流参加に向けて
 壮行会準備
 緊張で出発、頑張ってきました
 2013年北米交流
・ このおはなし楽しかったね
 パーティ内外発表テーマ
 ハマったおはなし
 フェローシップ(大人ラボ)
・ 「ラボ・パーティって何?」
 ラボの教材(ラボ・ライブラリー)
 赤ちゃんからできる「こころ」と「ことば」の教室
 幼児ならではのお楽しみ♪
 ご褒美で燃える♪ 小学生
星ライン
はじめまして。
「ラボ・パーティって何?」という方へのページです。

早速ですが、「赤ちゃんに英語」ってどう思われますか?
え? 早い?
うーん、確かに、赤ちゃんにアルファベットを教えたり、発音の仕方を教えようだなんて、無理難題でしょうね。

では、「赤ちゃんに日本語」「赤ちゃんに絵本」「赤ちゃんとスキンシップ」は?

恐らく、母親になると無意識でも、「赤ちゃんに日本語でたくさん話しかけ」たり、「赤ちゃんにいい絵本をたくさん読んであげ」たり、ほおずりしたりスキンシップを取ったりするでしょう。
そこには「あかちゃんに日本語を教えよう!」だなんて、力を入れた働きかけは皆無でしょう。

お母さんの語りかけ・声・スキンシップ、そして一緒に楽しむ絵本や手遊び…そんなものを通して赤ちゃんの『こころ』が育ちます。
この時点で『ことばの芽』も育ち始めているのです。


さて、冒頭の「赤ちゃんに英語」に戻りますが、ラボ・パーティではこの「赤ちゃんに日本語」のような経路をたどってことばを習得していきます。

●0~3歳(お母さんと一緒)
 お母さん・テューター(ラボの指導者)・お友達と一緒に、週に1回歌で遊び、絵本(英日で語られます)でおはなし遊びをします。
 ここでの刺激がおうちでのお母さんとのラボ・タイムによい反応を示します。
 ラボではじっとしていたり、うろうろしていたりするだけなのに、お家に帰ってからラボの歌を歌い始めた、なんてびっくり体験も楽しめたりします。

●幼稚園時代
 お母さんからちょっと離れ、お友達と遊べるようになります(時には喧嘩も?)。
 社会への第一歩、他者とのコミュニケーションを取る学びの場となります。
 おはなし遊びも自分の想像力を働かせ、体を使った表現を楽しめるようになってきます。
 ラボの歌やゲームも積極的に取り組めるようになります。

●小学生時代
 友達との意見も活発になり、おはなしの表現もさらに考えられるようになります。
 歌も自然に歌えるようになったり、おはなしの台詞やナレーションも頑張れるようになります。
 グループや小さい子達へリーダーシップを取ったりする気持ちも芽生えてきます。


読んでお気づきかと思いますが、このような心を伴った成長ができるのは、他の英語教室ではあり得ませんね。
「英語教室だから、きちんと言葉を話せるようになればよい」とお考えの方。
では、日本語でコミュニケーションを取るには、日本語を話せればいいですか?
いえ、日本語が話せるだけでなく、「自分が何を考え、どう伝えるか」など考えますよね?
つまり、ここに『こころ』が働いていますよね。

そう、こころが育たなければことばができても発することができない、ということです。


長く書きましたが、シンプルなこと。
『こころとことばを育てる場』
それが、ラボ・パーティです。

ご興味ある方、もっとお知りになりたい方、「メッセージを送る」からお問い合わせください。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.