幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧趣味・ゲームランダム新規登録戻る 0338460
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 掌編小説〔1〕
現在ページはありません。
・ 創作短編童話1
現在ページはありません。
・ 青少年育成
現在ページはありません。
・ アート回廊=1
 アート回廊=2
・ 勘違い語塾
現在ページはありません。
・ 旅の落し文
 HAWAII
・ ものはづけ①
 ことばあそび
 読めますか
・ 萬葉植物
現在ページはありません。
・ 小夜 & GANOトーク=1
 S&Gトーク=2
 S&Gトーク=3
 S&Gトーク=4
 S&Gトーク=5
 S&Gトーク=6
 S&Gトーク=7
 S&Gトーク=8
・ 古典芸能〔1〕
 伝統的技芸
 古典芸能(2)
・ 物語寸景(1)
 物語寸景2-1
 物語寸景・3
 物語寸景・4
 物語寸景2-2
 物語寸景・5
 物語寸景2-3
 物語寸景2-4
 物語寸景・6
 物語寸景2-5
 物語寸景・7
・ つれづれ塾《1》
 その《2》ラボ
 その《3》映画1
 その《4》植物
 その《5》古典1
 その《6》詩歌
 その《5》古典2
 その《3》映画2
・ 今月の花神=1
 今月の花神=2
・ 本、譲ります
現在ページはありません。
・ ウの眼
 タカの眼
 イワシの眼
・ 狂歌で遊ぼ!
 川柳で遊ぼ!
 変漢ひろば
 狂歌-〔2〕
・ 小径を行けば…
現在ページはありません。
・ ことばの旅路①
 その《2》
 その《3》
035
風のかよい路、〔がの〕さんの庭にて。
どうぞお気軽に。互いの率直な感性をそのままに交換いたしましょう。


現在、掲示板の書き込みを制限しています。
がのさんの掲示板 [全2364件] 1件~10件 表示 次の10件 >>
Re:Re:かぐや姫と富士山(04月04日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2017年04月06日 18時54分)

          
日本語に対するこだわりという点では、再話者の秦恒平氏とのガチンコの対決、
一字一句の変更も許さないまで徹底的に煮詰め推敲を重ねた記憶。
今となっては、思い出すのも苦しい記憶ですね。
そうそう、当時はライブラリーはまだCDではなく「ラボ・テープ」の時代で、
これには収録時間に限度があり、どうしても2本の「ラボ・テープ」には
収まりきらず、前例なく、経済性も無視、3本にして制作したような…。
同じく日本語へのこだわりということでは、昨日(4月5日)逝去された
大岡信さんとつくった「一寸法師」も忘れられません。
当時、大岡さんはフランスに在住しておられ、連絡を取るのさえ至難、
制作は遅れおくれになってしまうし、テーマ活動むけにイメージを
くっきりさせたいと執拗に交渉を重ねた記憶。これも、今となっては
あまり思い出したくもない記憶ですね。

「月」ですか…。やはり「なよたけのかぐや姫」でしょうかね。
冗談で言わせてもらうなら、「新月を髪かざりに」。
失礼! 少年少女むけに書いたわたしの作品むですが。




みかん(でこぽん)さん
>ご紹介、ありがとうございます。私もいつか行って見たいです。静岡県富士市で
すね!

月を眺めながらのラボ帰りの車内で聞くライブラリーは?で、私が思いついたの
は、『グリーシュ』に『なよ竹のかぐや姫』でした。でも、月を見ながら『なよ
竹の…』の4話を聞くと、涙が溢れてきて…。このライブラリー、本当に日本語
が素晴らしく、エピソードを読み、納得です。

他に月夜に合うライブラリーって、ないでしょうか?長旅もライブラリーがあれ
ば、苦になりません(^-^)
----------------------------
Re:Re:かぐや姫と富士山(04月04日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2017年04月06日 18時52分)

ありがとうございます。
富士山。信仰とまではいきませんが、こころの奥底にいつもこれがあるのは、
日本人ならきっと、わたしばかりではないでしょうね。
富士山を見る旅をずいぶんしてきましたが、富士山の南面、
富士市から見るこの山は、ストレートにもっとも整っていて美しいと
感じています。とりわけ、道の駅でもあり東名のインターチェンジにもなっている
富士川楽座。ここの展望室からの眺望は絶品です。
手前に富士川の清流、そのむこうにこんもりとした岩本山が横たわり、
そしてそのむこうに聳え立つ“女富士”と呼ばれる秀麗な富士。
十二単をまとった姫君にも似て。また、
その岩本山近く、見渡すかぎりの茶畑のむこうに見る富士も、息をのむよう。
つい先ごろ、富士川楽座に観覧車ができ、そのてっぺんから富士を見たら
どんなにすばらしいだろうと、ミーハー気分よろしく早速乗ってみましたが、
その日は厚い雲のまといのなかに隠れて、姫君の艶姿は見えませんでした。
この“女富士”のほか、河口湖あたりから見る“男富士”も
いかにも力強く、大好きですが。



みかん(でこぽん)さん
>ご紹介、ありがとうございます。私もいつか行って見たいです。静岡県富士市で
すね!

月を眺めながらのラボ帰りの車内で聞くライブラリーは?で、私が思いついたの
は、『グリーシュ』に『なよ竹のかぐや姫』でした。でも、月を見ながら『なよ
竹の…』の4話を聞くと、涙が溢れてきて…。このライブラリー、本当に日本語
が素晴らしく、エピソードを読み、納得です。

他に月夜に合うライブラリーって、ないでしょうか?長旅もライブラリーがあれ
ば、苦になりません(^-^)
----------------------------
Re:かぐや姫と富士山(04月04日) [ 関連の日記 ]
みかん(でこぽん)さん (2017年04月05日 23時19分)

ご紹介、ありがとうございます。私もいつか行って見たいです。静岡県富士市で
すね!

月を眺めながらのラボ帰りの車内で聞くライブラリーは?で、私が思いついたの
は、『グリーシュ』に『なよ竹のかぐや姫』でした。でも、月を見ながら『なよ
竹の…』の4話を聞くと、涙が溢れてきて…。このライブラリー、本当に日本語
が素晴らしく、エピソードを読み、納得です。

他に月夜に合うライブラリーって、ないでしょうか?長旅もライブラリーがあれ
ば、苦になりません(^-^)
Re:北村西望、恒久平和への祈り(06月28日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2015年07月01日 23時43分)

大学同期の友人が富士見にいることにより、
このあたりと、ビーナスライン沿いの美術館、湿原、高原
などには、四季ごとによく行くんですよ。
宿泊は、湖岸通りのいくつかのホテルのほか、
蓼科ホテル親湯、横谷温泉ホテルや、今回は
ハーヴェスト蓼科でした。
諏訪、蓼科は大好きなところです。
それでも、この彫刻公園は初めてでした。
もとホテルが所有していましたが、経営者が替わったのを機に
茅野市が維持費の半分を負担するようになり、以来、
無料開放、いまの形になったとか。
白樺、カラマツなどの林を借景にして湖にむかって広がる
広大な芝生の起伏。そこに散策コースがつくられ、
せせらぎに沿ってゆったりと彫刻作品が配置されています。
キラキラ輝く湖面を渡ってくるそよ風の香りに
うっとりと酔いながらの野外美術の鑑賞です。
ひとにはこんな開放された時間があってもいいですよね。
Re:北村西望、恒久平和への祈り(06月28日) [ 関連の日記 ] ・
ばーばーじゅこんさん (2015年07月01日 19時02分)

蓼科に出かけたときは 彫刻公園のすぐそばのホテルに泊まり 彫刻公
園を散歩します。北村西望さんの彫刻が点在している空間と蓼科湖の湖
面の輝き、大好きなところです。

以前は マリーローランサンの美術館もあったのですが、閉館してしま
いました。ローランサンはあまり好きではないのですが、美術館の佇ま
いが静かで 何度かいきました。
Re:Re:人間賛歌、光の賛歌――印象派展(11月30日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2014年01月31日 17時57分)

かせだまさん

>ごぶさたしております。すてきな展覧会だったのですね~。ありがと
うございます!!

----------------------------



お元気ですか。こちらのWebsiteで、このごろずいぶんご活躍のようです
ね。

この美術展にかぎらず、このところ覗く美術展の、すごい作品収集力に
感動させられます。一昨日(1月29日)には、横浜美術館の「下村観山展」
を観てきましたが、よくぞここまで集めた! と驚かされました。絹と
生糸で財をなした原三渓(横浜の三渓園をつくった大財閥)の篤い保護に
もよるのでしょうが、その画業のほとんどを展示するものでした。



東京美術学校(いまの東京美術大学)の第一期生で、岡倉天心のきびしい
薫陶のもと、横山大観、菱田春草らと画技を競い合った人物。狩野派か
ら出発しやまと絵をへてイギリスに留学、ヨーロッパ絵画にもふれて生
み出されたその流麗な線は、気品に満ち、スゥ~ッとこころに溶け込ん
でくるものがあります。生誕140年とか。すばらしい才能ですね。(STAP
細胞をつくりだした小保方晴子さんのような才能も、誇らしい)

おかげさまで、このところ、あちこちでいいものをどっぷりと見せても
らっています。
Re:✦人間賛歌、光の賛歌――印象派展(11月30日) [ 関連の日記 ]
かせだまさん (2014年01月31日 11時05分)

ごぶさたしております。

すてきな展覧会だったのですね~。

ありがとうございます!!
Re:若田・宇宙飛行士と手漉き和紙の里でパッタリ!(11月21日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2013年11月22日 21時08分)

☆ショコラ☆さん

>がのさん、若田さんの書はやはり人柄を感じますね。

日付については、3枚が宇宙船内で、もう1枚は、帰還後に改めて書か

れたものではないでしょうか?

----------------------------

なるほど。日付の問題は、それが正しいか正しくないか、よりは

そのように考えるほうが楽しいし、すっきりしますね。

いろいろと無重力空間の想像が働いて楽しい。

ショコラさんのところはいよいよ20周年記念のつどいですね。

都合で伺えませんが、すばらしい記念行事になりますこと、

願っております。
Re:✦若田・宇宙飛行士と手漉き和紙の里でパッタリ!(11月21日) [ 関連の日記 ]
☆ショコラ☆さん (2013年11月22日 11時54分)

がのさん、若田さんの書はやはり人柄を感じますね。



日付については、3枚が宇宙船内で、もう1枚は、帰還後に改めて書か
れたものではないでしょうか?
Re:Re:再会、文豪・芥川の鋭い感性 (10月09日) [ 関連の日記 ]
がのさん (2013年10月23日 22時36分)

みかん(でこぽん)さん

九州では、ラボライブラリー候補として、ずっと、日本の近現代文学研
究をしていて、私の一押しも、『蜘蛛の糸』です。小さい子も、大きい
子も、大人も、それぞれの感性でいろんな取り組み方が出来ると思うか
らです。

----------------------------



こんばんは。

みかんさんの頭脳のなかにも「蜘蛛の糸」が影濃く張られております
か!

芥川作品の「蜘蛛の糸」「蜜柑」については、

今後のラボ・ライブラリー候補として研究してみたいと、

数名の、それぞれ違う支部の方から意見を求められ、

その魅力とラボ・ライブラリーにするにあたってのポイントを、

ということで、E-mailを通じて、また、この「ひろば@」の私信メールを
通じて

少しずつ私見を述べさせてもらいました。ただし、ラボ・ライブラリー
として、

という観念からは距離を置いて。

それぞれにすでに書いたこと以上にはないのですが、

端的にいうなら、ことばの美しさ、力強さでしょうか。

無駄のないキリリッとした文章。

その魅力については、つい先刻ここの日記欄で書いた、

狂言のことばにふれて感じたと同じ

ことばの香り、というか、旋律というか、口にして心地いいことばです
よね。

落ち着いた語調のなかにハッとさせられるきらめきがある。

漱石が絶賛するのも当然と思われることばの流れ。

イメージもすっきりとしてきれいです。

スーーーーーッと垂直に落ちる、キラキラした一本の糸。

そんなことはありようはずがないのに、その銀色の細い糸に

何人もの罪人たちがぶらさがり、地獄の池からよじのぼってくる。

そんなシーンをラボの子どもたちがどう表現してくれるのか、

想像したら、これは、どうしたってたまらない楽しみじゃないですか。

日本人のこころの源淵にふれる要素にも満ち満ちていますし。

「蜜柑」が伝える鮮烈なメッセージにも、子どもたちに触れてもらいた
いし。
次の10件 >>
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.