幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0211339
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年7月上旬号 》
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年6月下旬号 》
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年5月下旬号 》
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年4月下旬号 》
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年3月中旬号 》
・ 《 ラボ鍋島パーティ通信 2024年2月初旬号 》
・ 《 追悼:C.W.ニコルさん 》
・ 先生が45周年で挨拶した内容
・ ★『テューター通信』から
・ ラボルームの掲示板から
・ テューター通信の掲載記事
・ 最近の資料 20080412
・ 2007年11月27日の講演会のご報告
・ 津田沼から世界へ届け!
・ 鍋島パーティ35周年記念発表会のDVDを一般発売!
・ 写真をアップしました
・ 湧き出るラボの泉
Welcome!
日常活動の視点→ラボ鍋島パーティ、2012年10月記

〈本読み 活動の意味〉
 英語を声に出す。“こういう意味か”と考える。
 これは忘れても良い。二度三度同じ英語に出くわした時、深く認識する。
 そういう流れの第一歩です。声に出すことで目で読んだだけではない刺激が脳に伝わるのです。

〈テーマ 活動の意味〉
 英語、日本語を体全体で感じ、動き、発話しグループで考え、支え合い、助け合い、
 “生きたことば”として認識する。これがラボ活動の中心です。

〈ソング及びナーサリーライム〉(別名マザーグース)
 歌や詩を口ずさみ、歌い踊ることで韻を感じ、リズムを感じ、音として英語を学ぶ。

以上全て家ではほぼ毎日物語り(と歌)のCDを聴くという行為を大前提にしています。
国を超えた人間同志の交流につなげる基礎作りです。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.