幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283273
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
本日は、ラボ加藤パーティー20周年記念式典が盛大に開催されますことを心よりお喜び申し上げます。本来であれば、日帰りでも駆けつけるべきだったのですが、試験や私用でどうしても岡山まで帰省することが不可能になってしまいました。申し訳ありません。なんとかして、現役のラボっ子の雄姿を拝見して、OBたちとの思い出話に花を咲かせたかったのですが、大変残念です。

私事で申し訳ないのですが、ラボ加藤パーティーとの思い出を少しお話させていただきたいと思います。私のラボ人生の始まりは、幼稚園にまで遡ります。もともと、母親がラボを始めたおかげで、自分の小中高と熱中したラボに出会うことができました。しかし、引っ越しをして、新たなパーティーでラボは続けていたものの、特にラボの面白さ、素晴らしさに気づくこともなくなんとなくラボを続けていました。昔は、本当に恥ずかしがり屋で人前や、ましてや合宿やキャンプなどいけるような子供ではありませんでした。そして、小さいながらにラボをやめてしまいたいと何度も思っていました。

そんな、小学校3年の時、泣き泣き連れて行かされたのが、岡山地区合宿でした。そこで、シニアをしてくれたのが、今そこにいます、H.Oさんです。たった、一泊二日とういう短い間でしたが、私にとって衝撃でした。いつでも笑顔を絶やさず、本当にラボの楽しさを教えてもらいました。そして、リーダーたちの頼もしい姿に憧れをもったのもこの時でした。そして、佐能秀明はその時決意しました。ハル君と一緒にラボをしてみたい。そして、初めて参加したのが、10周年記念の発表のためのパーティー合宿であった、「注文の多い料理店」でした。あの時、緊張しながらも手をひいてみんなに紹介してくれたのが、Ayaさんでした。今でもあの時の記憶が鮮明に残っています。これが自分のホームと言える加藤パーティーに出会ったきっかけです。

そのまま、覚えることが苦痛でしかなかったナレーションを、家で泣きながらでも覚えました。ただ、その時は、ラボの楽しさを教えてくれた加藤パーティーにいれることが楽しかったからです。そして、毎週のように、大介や瞬とかと一緒に暴れて楽しんでいたことを覚えています。次第に、リーダーになって、今度はパーティーを動かすということが楽しくなってきていたのだと思います。昔は、死んでも行きたくなかった国際交流に、先生から強く押され、参加を決意しました。そして、歳の近かった、かすみ、千香子、あや、まゆちゃん、やぐっちゃんたちと仲良くなっていきました。その時ヘッドでリーダーをやっていたのが、真実子や、てっくん、飛鳥たちです。本当にかわいがってもらって、あの時も自分が一番楽しく、輝ける場所を与えてくれた加藤先生に感謝しています。

毎週、家から約1時間弱かけて通った加藤パーティー。自分の殻に籠っていた小さい時にその殻を破ってくれた、加藤のみんな。その時その時で、佐能秀明という人間を育て、人生に影響を与えてくれたOBのみなさん。自分を頼って、集まって、遊んでくれた小さなキディーさんや、今高校生になって活躍しているみんな。そんなみんな、みんなが自分にとっての宝物で、いい思い出です。

そして、こんな素敵な人間を育てあげたのは、まぎれもなく加藤先生です。一つの加藤ファミリーを20年間もの間引っ張ってきました。あなたは僕にとってもう一人の母親です。私が出会ったころの先生は、向う見ずに、ラボにつっぱしっていたそんな人でした。少し怖くもあり、あたたかい人でした。私が、中学、高校となるにつれ、少し疲れが見えた時もありました。先生が辞めたいと弱音を吐いたのもしっています。しかし、何かあればいつも家の電話をかけると明るい声で、私の話を何時間も聞いてくれるような人でした。本当に先生がつらい時、どれだけ僕らの世代の人間が助けになったかわかりません。ただ、あの時みんなが口にしたのは、みんなあなたに育てられ、この先ずっとラボで輝くあなたが必要だったとういうことです。私は、もうラボを退会し、今は東京で大学生をしています。しかし、財団の仕事や、関東のカレッジメイトのために時々ラボに顔をだすことがあります。それは、これから一年間留学にいく、まこっちゃんのように全国からあつまる、素敵なラボっ子に会いたいから、そして、ラボが自分を育ててくれたことに対するお礼をしたいという気持ちもあります。

ラボ加藤パーティーとは、今の佐能秀明を作ってくれた大事な、大事なHOMEであり、家族達です。ラボで学んだこと、感じたこと、全てがどの場所にいってもいかされているそんな気がしています。今の僕は、加藤パーティーなくしてはあり得ません。本当は、もっともっと語りたいことがあります。ですが、これくらいにしておかないと時間なくなりますよね。先生も泣いている頃でしょうから、その涙は後にとっておいてください。そして、長い間会ってない、私をご存じのみなさん。佐能秀明は元気に頑張っています。是非、また機会を作って会ってくださいね。先生もあまり、歳とったといわず、体には十分注意して元気でいてください。改めて、20周年おめでとうございます。これからもますます、加藤パーティーがそれぞれのHOMEありますようにお願いして、みんなへのメッセージにさせていただきます。ありがとうございます。

2007年3月卒業  佐能 秀明
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.