幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283142
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥

<英語でお話しを語りきれた人> 3月15日

内田 七菜子(年中) きょうはみんなでくまがりだ
藤井 詩織(年長)  ガンピーさんのふなあそび
下村 知世(年長)  かぶ
泉浦 宇美(小2)  てぶくろ  
富山 果鈴(小3)  かぶ

佐々木 結唯(小3)  きょうはみんなでくまがりだ
長谷川 素子(小4)  おどりとら
西木 愛実(小4)  ワフ家 1話
岡部 連太朗(小4)  オバケのQ太郎 4話
下田 雅治(小4)  ジョン万次郎物語 1話・2話 (英語と日本語で)

佐々木 芽生(小5) かぶ
堤 真花(小5)  てぶくろ
豊田 有彩(小5)  てぶくろ
松岡 心翼(小6)  ジョン万次郎物語 2話
堤 駿人(中1)  ももたろう

尾崎 永和(中1)  JUGEMU
野村 勇太(中2)  ジョン万次郎物語 2話
岡本 拓也(高2) The Well of the World's End

堤 ひかり(小3) ガンピーさんのふなあそび (3月19日に)

<英語の歌を歌えた人>
八田 裕翔(年中) ABC
花田 一樹(年中) ABC
浅野 夏穂(年中) Fruit Song
難波 こうき(年長)Pease Porridge Hot

ジョン万次郎物語の1話と2話を英語と日本語で語りきるという偉業を成し遂げた雅治くんの感想です。

「『どこであっても、道は自分の力で切り開くものです。』
ぼくは、ラボの素語り会を通して、万次郎から教わった気がします。
1と2のどちらも、自分せ聞いておぼえることができました。

そしてそれを応えんして下さったチューター、母、父、そしてラボの仲間にも感しゃしています。他の人たちも、自分とおなじくらい苦労して覚えたのだと思います。
来年の素語り会では、今回に続き、『ジョン万次郎物語』をしようと思っています。

「過去の自分より、もっと大きなことをしてやろう」という気持ちがしました。」



また、高2の拓也が、素語り会の感想で、『(素語りは)「生きた英語」の土台をつくる、大事な行事だと思いました。』と言っています。
今年は、日本語への翻訳大賞にも応募するので、English Fairy Talesから、「The Well of the World's End」を素語りしました。

『今回がおそらく僕の最後の素語りになると思うのですが、どうにか語りきることができて良かったです。かなりギリギリでした。

翻訳も同時にとりくんだのですが、日本語に訳すときでも物語を全て覚えてしまったほうが、楽だなと感じました。

物語と、その英語のもつニュアンスを同時に体得してしまうには一番の方法だと思います。

「まるごと暗記」というと、理解を伴わないような行為に思われます。確かに最初のうちはそうかもしれませんが、やがてその蓄えられた言葉たちが英語を英語のまま理解するということを可能にしてくれるのだと思います。

「生きた英語」の土台をつくる、大事な行事だと思いました。』
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.