幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0283065
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 加藤パーティのクリスマスケーキ
 2006年 「さけ はるかなる旅の詩」
 2007年 「グリーシュ」
 2008年 「アリババ」
 2009年 「タヌキ」
 2010年 「長靴をはいた猫」
 2011年 きてれつ六勇士
 2012年「不思議の国のアリス 3話」
 2013年 がちょうのペチューニア
 2014年 25周年ケーキ
 2015年 ヘルガの持参金
 2016年ドリトル先生航海記
 トムソーヤー 3話
 2018年ピーターパン
 2019年 魔法の馬・シフカブールカ
・ ラボの国際交流
 パーティで作るお土産
 パーティ壮行会
・ パーティ合宿
 不死身のラボッ子漂流記合宿 2010年4月
・ ラボってなあに?・・・ラボの英語教育とは?
 子どもたちが語る「ラボってなあに?」
 お母さんが語る「ラボってなあに?」
 テューターの意見
 2013年卒業生からのメッセージ
・ 20周年記念発表会 2009年7月20日
 ごあいさつ 
 松本輝夫氏からのメッセージ
 プログラム
 ママラボ、水曜、木曜グループ
 キディ、高校生、OBたち
 OBからのメッセージ
・ 中高生たちの挑戦!
・ 佐々木正美氏によるラボ教育講演会 2005年6月22日
 西原テューターによる講演内容レポート
・ ラボのイースターパーティ 2005年
 2010年 西原Pとのイースター交流会
 2011年 坂口Pとのイースター
・ 2005年・素語り会
 2006年素語り会
 2007年素語り会
 2008年素語り会
 2009年素語り会
 2010年素語り会
 2011年素語り会
 2012年素語り会
 2013年素語り会
 2013年素語り証書
 2014年素語り会
 2015年素語り会
 2016年素語り会
 素語り証書
 2017年素語り会
 2018年素語り会
 2019年素語り会
 2019年 卒業式 素語り表彰
 2020年素語り会
・ 「雨ニモマケズ」のモデルになった人
・ 夏のわくわくワークス
 2004年
 2011年
・ ラボとのコラボレーションーおかやま絵本原画祭
 岡山のラボっ子有志のテーマ活動『ドンキホーテ』
・ ラボ教育セミナー3月
 物語の教育力
・ ラボ教育セミナー 2月
 ☆第一部:親子で楽しむ英語のわらべ歌
 ☆第二部:絵本から英語の世界へ
・ 加藤パーティの開催時間
鳥
日本の現状
昨今、自分の将来を本気で考えている人が少なくなったようだ。昨日、今日、明日のことだけしか考えられない人が多くなった。少子化の問題もその延長にある。
日本は世界一の少子化国。その一方でペット保有率(とりわけ血統書付ペット保有率)が断然高い。
こどもは育てるのが大変で、手間も時間もかかる上、思い通りには育たない。しかし、ペットならば、自分の思うようになり、癒されるという意識。全て自分中心。
子育てしないことは、年老いた時、自分の世話をしてくれる人がいないということ。だが、だれかが面倒を見てくれるという漠然とした期待を持っているのではないか。
義務や責任は拒否しているが、他者に対する希望はどんどん大きくなっている。
自分の生き方を大切にする、ということは、自分以外の人を粗末にすることにつながっていないか。
子どもを生みやすい社会であれば生むというが、本当か?
子どもを保育園に預ける年齢も年々低くなり、人数も多くなっている。親の要求も年々エスカレートしている。少しの傷にも過剰に反応し、すさまじく怒る親が増えている。
子どもを大事に囲うことが、必ずしも子どもの為にならない。幼児期にぴったり張り付いて怪我のないようにさせることのツケは、幼児期でなくもっと大きくなってから必ず出てくる。

日本の青少年
日本、中国、アメリカ、韓国などの高校生にたいする調査で、自分の親を尊敬している割合は、
アメリカ80%、韓国55%、日本はわずか10%
高齢になった親を援助するかという質問に、ぜひそうすると答えたのは、
中国66%、アメリカ46%、日本16%
日本では、子どもに介護してもらうことは期待できないですよ!
「小中学生の不登校13万人」「引きこもり」は日本にしかない現象。
とりわけ「引きこもり」は、「TUNAMI」に匹敵するくらいの日本独自の言葉。

人とのコミュニケーションする力を失った状態は、自分を見失うことと同じこと。
コミュニケーション力=生きる力、生きる力を失うことは希望を失うこと。

都内の小学校5,6年生を対象にした「自分の可能性を信じる力」についての調査がある。
A群:私立中学受験組・・・100%が学習塾に通い、放課後の勉強時間は平均5H。
TV視聴時間は1H以内。全員成績上位者。

B群:地元公立中学進学組・・放課後勉強時間1H以内。
成績は上から下までさまざま。 TV視聴時間は3H以上もいる。

C群:受験はしないが学区外の公立中学進学を考えている組

夢や希望をもてない子が一番多かったのはA群。
たくさん夢をもっているのは、B,C群。

A群は目の前の中学受験のことしか考えられない状況に追い込まれて、将来の夢を描く力がなくなっている。中学に入ってから将来を考えればいいと思うのは、こどもの心理を知らない大人の勝手な注文。

一度壊れた夢は、二度と再生はできない。
夢はその時々で姿は変わるが、子どものときから継続していろんな夢を持ち続けなければだめ。

「今」が幸福でなければ、将来の夢や希望は描けない!!
夢や希望を大きく持っている子どもは、朝の目覚め、寝つきがよい。
今日一日の満足があればすぐ眠れ、今日一日、楽しいことが始まる予感があれば目覚めはよい。(不登校の子が昼夜逆転するのも同じ法則)

勉強ができることと学校が楽しいことは別。学校が楽しいのは、仲間がいるから。
仲間とよいコミュニケーションをとる土台は、母親とのよいコミュニケーションにある。

子どもを育てるということ
他者がいて自己がある(Wallon)・・・人間として生きているためのコミュニケーションは、母との関係から始まる。
母の笑顔に「共鳴」する赤ちゃんをみるとわかる。赤ちゃんは生まれてから徐々に感情を分化させていくが、5,6ヶ月になると、“~してほしい”という感情が芽生え、さらに、“それを私のために、喜んでやって欲しい”という欲求が芽生える。
「子どもが喜ぶことをしてあげることが、こちらも大きな喜びである」という気持ちを持って、子に接し育てることが大切。
子どもと喜びを共有しあうこと。子どもが喜んでいることに、一緒に喜んでやることが大事。乳児期からずっと喜びを共有することを重ねると、だんだんと他者の悲しみも共有できるようになる。悲しみを共有することから、「思いやり」の気持ちが育つ。「思いやりのある子」に育てるためには、親が子どもに共感する体験を繰り返すことが大事。

「社会的参照(social reference)」という感受性・・ロバート・エムディ(乳幼児の精神医学者)が発見。
犯罪者になった子とそうならなかった子の違いは何か?知的発達とは無関係。
犯罪を犯す子は、してはいけないことはわかっている。
わかっていながらルールを無視し、守れないのは、「社会的参照」が豊かに育っていないから。
この感受性は生後6ヶ月から2歳半くらいの間に最も育つ。

赤ちゃんは未知のものに好奇心をもって、それにむかって突進していくが、その時必ず大人の方を振り返る。その時に、自分を後ろからずっと「見守ってくれている目」を感じられないと、社会的参照が育たない。見守る目とは、教えてくれる大人、主には母親。こどもはその目に見守られているという実感を必要としている。

少年院にいる少年達へインタビューをすると、99%が家族の話。自分の親は親の世間体、プライドを守るばかりで、子どもの自尊心を守ってくれる親ではなかった、という話を必ずする。
出院する子で、もう大丈夫と感じられる子は、「親をゆるすことができた」子。
そうでない子はまた戻ってくるか、犯罪を繰り返す。

たくさんの里子を育てた里親のサカモトさんの言葉:
「子どもは、この人なら絶対私を守ってくれる、愛してくれる、保護してくれるという特定の人を心に刻めた時、社会に出て行ける」

その実感を与えるのが、家庭の役割。
「親が望んでいるような子になって欲しい」欲求 < 「子が望む親になってあげよう」という気持ち
でなくてはならない。子は親のアクセサリではない。子が自分の親を誇りに思うような親でありたい。

人を信じること
信じる人がいなければ、自分を信じることができない。信じることができる親、先生がいると、自信をもって生きていける。
先生への尊敬は、親への尊敬から始まる。母を信じることで、自分を信じることができる。そこから友達ができ、思いやりが生まれる。

こどもが社会人として勤勉に生きていくために最も重要なことは、「友達から学ぶ、友達に教える」体験を積むこと。小学校時代~大人になるまで、友達とたくさん学びあうことの価値は大きい。

自殺者が最も多く出る学部は、医学部。困難な大学に入学することと生きる力は関係ない。友達とのコミュニケーションができた上で勉強ができるなら価値があるが、そうでないなら意味がない。学校の成績は社会に出ると関係ない。たくさんの異文化(よその家庭はみな異文化)に触れて育つことが大切。
たくさんの人の中で育てることが人間の生きる力を豊かにする。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.