幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0083410
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 2014年 夏 韓国の女の子サンウンとの思いで
現在ページはありません。
・ 2013年 くろひめ3班 登頂隊報告
現在ページはありません。
・ 『大きなタンス』通信
 2月14日第一号
・ 2012年 ハロウィン写真館
現在ページはありません。
・ 2011年ハロウィン写真館
現在ページはありません。
・ 2011年カレンダー応募作品
現在ページはありません。
・ 2010年 カレンダーの絵 作品
現在ページはありません。
・ 2010 ハロウィン写真館
現在ページはありません。
・ はじめての受け入れ、ケリーとの一ヶ月
現在ページはありません。
・ 2009 カレンダーの絵 作品
現在ページはありません。
・ 2009くろひめサマーキャンプ
現在ページはありません。
・ 2009年インターンとあそぼう
 5月27日 インターンのCORAL と
・ 石川久美パーティ5周年記念発表会
現在ページはありません。
・ 2008年 石川Pのハロウィン
 プレイルーム年代
 幼児小学生のハロウィンパーティ
・ 楽しかった2008年石川Pの夏報告
 本物のワフ家を作ったよ
 宮津Pと合同ソングバーズ大会
 夏休み☆おうちラボ報告会
 ラボの大学生とあそぼう『キャラバン隊』
・ カレンダーの絵に初挑戦
現在ページはありません。
・ くろひめサマーキャンプ一斑初参加(2008)
現在ページはありません。
Welcome!
アップが遅れましたが、7月30日、無事に元気に黒姫より戻りました。
今年の参加は、2班で、新一年生Tを加えて7人。4班にMくん一人。
2年生になったみんなは、2回目の参加。一人一人が別々のロッジで
3泊4日を過ごしました。そう、「ひとりだちへの旅」の第一歩を経験してきたのです。



バス中では、大学生がいしかわPのみんなのニックネーム(ラボネーム)を親身になって考えてくれました。絶対にそのほうが楽しいし、覚えてもらえるからって!
でも、今どきの子、というのか、あだ名にも慣れていないので、
なかなかのってこない・・。そんな中、娘Mだけが、「じゃぁ・・・」と
悩んだ挙句「めろでぃ」というラボネームでデビューしてくると決意。
彼女にとっては、大きな大きな、一歩だったと思う。
そして、すっかり、めろでぃになりきって、帰ってきた姿に
ラボでの成長を感じました。
なんだかんだ言っていた他のみんなも来年は、愉快なすてきな
ラボネームつけていこうよねー。

実際、ロッジに行くと、いろんなニックネームが飛び交っている。
本名からきたものより、やはり、インパクトがあって、覚えやすいし、
由来を聞くのもまた楽しく、盛り上がる。



二日め。野外活動。夜中降った雨もあがり、晴れ。



年長の娘「さつき」と、『のんびりお散歩コース』へ。
誰かが歩くたび、ぴょんぴょん飛び跳ねる、草原のバッタ。
あっという間に、Tくんにつかまえられちゃったトカゲ。


(→しまいには、せみと一緒の袋に入れられ、異文化交流)
鳥たちのさえずり、小川のせせらぎに耳を澄ませながらの
お散歩でした。
最後は、自然の中で、気持ちよくお絵描き。


お散歩コースだったので、ハイロープやマウンテンバイク、
ロープマスター、クラフトなどのコースもちらちらとのぞけました。



実は、ラボランド4回目にして、はじめてハイロープコースを
この目で見ました。しかも!われらがH2のロッジマザー、
オードリーが最難関に立ち向かう場面に遭遇。下から見ていた私にも
すごい緊張感が伝わってきて、こちらが冷や汗。本当にすごい!
拍手!!!この写真では高さが分かりにくく、その分、恐怖が
伝わってきませんが、地上何メートル??なにしろ、もっとも怖さを
実感しやすい高さだとか・・


3日め。朝はあいにくの雨。朝のつどいは、急遽、姉妹ロッジでの
つどいに変更。バザー、キャンプファイヤーもある3日目。
晴れることを祈るしかありません。こども達が作ったテルテル坊主に
神が見えたのは私だけ??



くろひめだけの共通SBであるHi!っを歌って、仲良くなりました。

その後の3日目プログラムも雨がなかなかやまずに、各ロッジで行われ、
『太陽へとぶ矢』の中の4つのキバの試練を、みんなで乗り越えていきました。



その後、テューターさん達が準備してくれたコーナーめぐり。
悪魔を追い払い、よいことを呼び込むドリームキャッチャーを作ったり、
弓矢をはなったり、インディアンにちなんだ絵本を読んでもらったり。





そして、なんとか雨も上がり、インディアンの収穫祭であるバザー、
キャンプファイヤーも無事に外で行うことができました。



今年のキャンプファイヤーでは、各ロッジのキャプテンが、
みんなのアイディア満載のインディアンスタイルで続々と登場し点火。
その厳かな雰囲気に一瞬本当にプエブロにいるかのような思いでした。
本当にあっという間の3泊4日。
ずっとずっとこのときが続けばよいのに、という思い。

ロッジでの感想タイムは、「不安だったけど、友達ができてよかった」
という声が多かった。そう、みんなには、つながる力がある。
一歩を踏み出し、仲間とつながれた、その体験がみんなをひとまわりも
ふたまわりも成長させ、強くする。つながることで、小さな自分の心が
あたたまり、深まり、大きくなり、またつながるエネルギーとなる。
そして、どこまでもつながっていける。そんなことを感じたであろう
ラボっ子たちの笑顔と涙は格別。別れも決しておしまいではない、
何か次へのスタートの証、に私は感じる。
やっぱり、ラボキャンはいいなあ。今年もたくさんのエネルギーをもらいました。
現地のスタッフのみなさま、大学生コーチ、シニアメイトのみんな、
送り出してくださったお父さんお母さん、心から感謝いたします。
ありがとうございました。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.