幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0230532
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ホワイトホースシアター~Learn English Through Theatre
 2007“Billy's Friend”初級
 2007徳島・広島公演
 2007WHTワークショップ
・ 無料体験教室
現在ページはありません。
・ ライブラリー参考図書
 かえると金のまり
・ ’06イギリス・フランスの旅
 ウエールズ・カーディフを訪ねて
 グローブ座&ロンドン塔
 ロンドン博物館めぐり
 ロンドンのターミナル駅色々
 フランスパリ・モンサンミッシェル
・ ’05秋イギリスとデンマークの旅
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Llandudno ~
 不思議の国のアリスの舞台を訪ねて~Oxford~
 ナーサリーライムに歌われた場所を訪ねて~ロンドン~
 ロンドンに2人のピーター・パンを尋ねて
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~コペンハーゲン~
 アンデルセンの国デンマークを訪ねて~オーデンセ編~
・ ’05中国交流
 ’05中国交流観光編Ⅰ部(西安)
 ’05中国交流観光編Ⅱ(北京)
 中国雑感
・ 阿部パーティー15周年行事
 メッセージ
 スタンレーの旅
 スタンレーの旅2
 スタンレーの旅まとめ~クイズに挑戦してみてね~
・ スリランカでの絵本普及活動
 第二回絵本コンクール優秀作品出版に向けて
 2006絵本コンクール優秀作品出版
・ 日常活動は、・・・
 ラボ・プレイルーム(1才から3才未満の親子グループ)
 ラボ・フェローシップ(大人のグループ)
・ 阿部パーティ国際交流の記録
現在ページはありません。
・ Laboあべパーティーの仲間になると?
 赤ちゃんはどのようにして、ことばを話すようになるのでしょうか?
 ラボ・パーティーでは自然なことば(英語)が流れている
 英語で話したい相手がいる、英語で話したいことがある
Welcome!
10/21デンマークのコペンハーゲンに向けてスカンジナビア航空の飛行機に乗りました。
ロンドンヒースローからは約2時間。朝早かったので軽食が出るかなと期待して乗りました。・・・ところが座席のポケットに入っている機内食の案内パンフレットに、ランチ、飲み物すべて値段がついているのです!!はい、新幹線のように機内販売でした(~~;)日本と違って、飛行機で行き来する事が日常的なんでしょうね。大きな乳母車に赤ちゃんを乗せたまま搭乗しているママもいましたから・・・。そして、コペンハーゲン空港は場内アナウンスをまったくしていないのでとても静かです。みんな電光掲示板をチェックして行動します。チェックインも機械で出来ます。帰りに娘がやってくれたので長い列に並ばなくても良くて楽チンでした。そうそう、入国のときパスポートを見せると係官のおじ様が『こんにちは!』と日本語で微笑んでくれました。オーデンセ(アンデルセンの故郷)にも~アンデルセンの街~と言う日本語の大きな横断幕が街の中になびいていました。

コペンハーゲンでは日曜日はほとんどのお店が休業なので、今日はお店の沢山あるストロイエを歩くことにしました。チボリ公園は10月からは休園で残念です。アンデルセンはチボリ公園のチャイニーズシアターを見てナイチンゲールのお話が生まれたとか・・・。その公園を見つめるアンデルセンです。
チボリ公園を見るアンデルセン
市庁舎の横にあります。
ストロイエの中ごろにラウンドタワーがあります。
ラウンドタワー
ガイドブックに~1716年、コペンハーゲンを訪れたロシアのピョートル大帝が馬で、エカテリーナ妃が四頭だての馬車で、一気に駆け上がったといわれる円塔~と書かれているのがとても気になっていました。塔を登るといえば階段なのになあ~っと。
実際に入ってみて納得しました。
はいこの通り。
ラウンドタワー内部
らせん状のスロープになっているのです。
ガイドブックをもう一度よく読んでみると~高さ34.8m、らせん状に上り詰めていく通路の長さは209m。1642年、クリスチャン4世王によって、天文観測所としてたてられた。~はい、通路と書いてありました(~~;) ロンドンで色んな教会の尖塔に登りましたがどこも階段をくるくる回っていって結構大変だったので・・・思い込みって良くないですね。頂上は展望台になっていて、コペンハーゲンのきれいな街並みが見渡せます。
コペンハーゲンの町並み
真ん中に見えているのはローゼンボー離宮。
23日に訪れましたが、城内にはクリスチャン4世王時代の大理石張りの豪華な居間をはじめとして、歴代の王が所有した数々の品が展示されています。とても精巧な仕掛け時計も沢山あり、『ナイチンゲール』のお話の時計職人が思い起こされました。機械仕掛けの鳥をイメージするには充分な技術が溢れています。日本のお城はわびさびの世界で、あまり豪華なきらきらしたものは溢れていないように思いますが、西洋のお城はゴージャス!!って感じですね。

この宮殿の横、王様公園にもアンデルセンの像があります。
城のアンデルセン
アンデルセン70歳の記念に建設が決まったが、アンデルセンがデザインが気に入らず結局10年後に建設されたらしい。アンデルセンの像の中で1番古いそうです。

こちらは現在の宮殿アメリエンボー宮殿の広場です。
デンマークの衛兵
塀も大きな扉も無く誰もが自由に行き来する事が出来ます。熊の毛皮の帽子をかぶった衛兵さんが6人だったか、行ったり来たりして警備をしているだけです。

これは救世主教会
救世主教会
とてもユニークな塔ですね。教会の中も席がすべてドアつきになっていました。パイプオルガンもすばらしいものでした。

そして、アンデルセンが下宿していた部屋がある、ニューハウン。
ニューハウン
とてもステキな場所です。今はほとんどがレストランになっていて、通路にテーブルと椅子が並んでいて、テーブルにはそれぞれ、かわいいろうそくやランプが火を燈しています。ウインドウや、看板もおしゃれです。ちょうどハロウィンの前だったので、ジャコランタンに火が灯ってこの街並みに良く似合っていました。
ジャコランタン

今年はアンデルセン生誕200年を記念して色んな催しが開催されていましたが、マガジンデパートでもアンデルセン展をしていて、そこにはニューハウンで彼が下宿していた屋根裏部屋を再現していました。
ニューハウンのアンデルセンの部屋

多にも色々行ったのですが・・・アンデルセンのコペンハーゲンと言えば、
デンマーク語の人魚姫
デンマーク語ですが、なんと読むのでしょう?
英語では・・・はいLittle Marmaidです。
人魚姫
日曜日の朝一番にバスで行ったのですが・・・(--;)この状態です。
団体バスで中国からの方々です!!いつまで待っても人魚姫との2ショットは望めそうにありませんでした。仕方が無いので、夕闇に浮かぶ人魚姫の絵はがきを買ってきました(~~;)

コペンハーゲンはそんなに大きな街ではないので旨くバスを使えば一日で主なところをほとんど見て回ることが出来ます。私たちは空港でsky mapと言うのを無料で置いてあったのを貰ってきましたがそれがとても役に立ちました。

それから、デンマークはデニッシュパンの発祥の地。と~っても美味しいパンが沢山ありました。パン好きの私にはたまりませんでした。

オーデンセ編もご覧ください(^0^)
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.