幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧絵本・児童文学ランダム新規登録戻る 0074228
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 著作権 Q&A
現在ページはありません。
・ コラム・私の好きなライブラリー
 第1号(06年2月)
 第2号(06年3月)
 第3号(06年4月)
 第4号(06年5月)
 第5号(06年9月)
 第6号(06年10月)
 第7号(06年11月)
 06冬特別号
 第8号(07年2月)
 第9号(07年3月)
 第10号(07年4月)
 第11号(07年5月)
・ ライブラリー関連・講演について(感想)
 2005年のライブラリー関連の講演会(感想)
 2005年拡大ライブラリー委員会
・ 千葉支部ライブラリー委員会の報告
 2005年 活動報告
 2006年 活動報告
・ 全国ライブラリー委員会の報告
 2005年 活動報告
Welcome!
千葉支部 ライブラリー委員会の日記
千葉支部 ライブラリー委員会の日記 [全10件] 1件~10件 表示
水不足対策にライブラリーの泉をお試しあれ 06月21日 (木)
コラム『ライブラリーの泉』も気がつけば11号まで発刊されました。
ライブラリー購入特別期間がすぎ
いよいよ暑い夏のはじまりですね!

みなさんはどれだけ新しい物語に出会いましたか?
そしてこの夏どれだけたくさんの友達と出会えるでしょうか?

今年はいつにもまして熱い夏になりそうです!
涼をもとめ、ライブラリーの泉もぜひいっしょにお楽しみください☆
>>感想を掲示板へ
今年もコラムをお楽しみください 02月26日 (月)
昨年度、千葉支部ライブラリー委員会では、『ライブラリーの泉』が第7号まで発刊され好評を博しました。
今年度も引き続きみなさまと事務局の方々とで楽しいコラムにしていきたいと考えています。
大好きなライブラリー、気になるライブラリー、夢のライブラリーとたくさんの投稿で泉がにぎわいますよう願っております。
>>感想を掲示板へ
ライブラリーコラムをUPしました 1 01月18日 (木)
あけましておめでとうございます。

昨年度に発刊しました残りのコラムをUPしました。
ぜひごらんください。

2007年からは活動体制が少し変わりますが
今後も少しずつ内容を充実していきたいと思います。
>>感想を掲示板へ
インド古典文学研究:本の紹介 2 06月18日 ()
地区研、一日広場で配布の資料のとおり、以下の本をご紹介します。千葉支部のテューターが同じ本を読み、興味を共有できたらいいな、と思っています。お読みになった感想や、質問など、各地区の委員までお知らせください。書き込みもお待ちしています。

『ラーマーヤナ1・2』岩本裕訳、東洋文庫、平凡社

 インド、東南アジアで、「ラーマの物語」を知らない人はいません。この『ラーマーヤナ』は単なる叙事詩、神話ではなく、今も生きた文化として、人々の生活に密接に関わっています。

 ストーリーだけ簡単に知りたいわ、と思われる方は、レグルス文庫の方をお読みください。

 2006年現在、東洋文庫の「ラーマーヤナ」は入手困難になっています(中古本は定価の倍額くらいになっています)が、電子書籍としては入手可能のようです。

 また、今月発刊される「ラーマーヤナ 蒼の皇子」ポプラ社の本は、インド・ムンバイ生まれの英語作家、アショーカ・K・バンカー氏による現代版ラーマーヤナです。英語では全6冊、そのうち既に5冊は刊行済みのようです。

 西遊記や、八犬伝が、いつの時代にも愛され、何度も映画やドラマになるのと同様、ラーマのものがたりも愛され続けているのだなぁと思います。
 

≪参考≫
・『ラーマーヤナ 上・下』河田清史、レグルス文庫、第三文明社
・『おひさまをほしがったハヌマン』A・ラマチャンドラン著、福音館書店


『シャクンタラー姫』カーリダーサ作、辻直四郎訳、岩波文庫

 インド古典文学の最高傑作といわれるものです。作者、カーリダーサは4世紀末ごろ活躍した詩人です。この作品は、ヨーロッパに伝わり、ゲーテの『ファウスト』にも影響を与えたことで知られています。

 サンスクリット語で読めたら、日本語で読むときの何倍も楽しめると思いますが、それは無理なので・・・(というのも、カーリダーサの駆使する修辞がすばらしく、訳出はなかなか難しいのです。でも、いつか機会がありましたら、実際、サンスクリット語での修辞がどんな風になっているかお話したいと思います)


≪参考≫
・週刊朝日百科 世界の文学115 『インドの文学Ⅰ』 朝日新聞社編 2001年10月
>>感想を掲示板へ
私のおすすめライブラリー その3 05月14日 ()
「私のおすすめライブラリー」第3号をUPしました。
ハンドアウトでは「ライブラリーの泉」と改名、配布済みです。

左欄のページ一覧からどうぞ。
>>感想を掲示板へ
ライブラリー委員会(2) 05月08日 (月)
本日、今年度二度目のライブラリー委員会がありました。

 ・5月15日の一日広場のプログラム確認
 ・支部ライブラリ研究(インド古典文学)について
 ・HPについて

 上記項目について話し合いました。詳細については、各地区研でライブラリ委員にお尋ねください。
>>感想を掲示板へ
私のおすすめライブラリー その2 03月13日 (月)
「私のおすすめライブラリー」第2号をUPしました。
ハンドアウトでは「ライブラリーの泉」と改名、配布済みです。

左欄のページ一覧からどうぞ。
>>感想を掲示板へ
私のおすすめライブラリー 02月20日 (月)
既刊ライブラリの中から、テューターの好きなライブラリを個人的な想いと共に紹介していく「私のおすすめライブラリー」第1号をUPしました。

左欄のページ一覧からどうぞ。
>>感想を掲示板へ
ライブラリ-委員会(1) 02月06日 (月)
 本日、今年度最初のライブラリー委員会がありました。

 ・年間予定の確認
 ・既刊ライブラリーの掘り起こし
 ・物語(インド古典文学)研究
 ・HPについて

 上記項目について話し合いました。詳細については、各地区研でライブラリ委員にお尋ねください。
>>感想を掲示板へ
2006/01/21の日記 01月21日 ()
2006年千葉支部テューター総会を機に、千葉支部ライブラリー委員会のHPがオープンします。

テューターのみなさまからのアクセス、書き込みをお待ちしています。

HPの内容も、少しずつ充実させていきたいと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。
>>感想を掲示板へ
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.