幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧アウトドア・キャンプランダム新規登録戻る 0217022
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ◆ 2008 AUSTRALIA交流の記録 ◆
 080728 豪・MORUYA通信 第1号 旅立ち
 080729 豪・MORUYA通信 第2号 学校生活
 080730 豪・MORUYA通信 第3号 学校生活2
 080801 豪・MORUYA通信 第4号 ハガキ
 080802 豪・MORUYA通信 第5号 日本語クラス
 080805 豪・MORUYA通信 第6号 優秀賞
 080807 豪・MORUYA通信 第7号 遠足
 080809 豪・MORUYA通信 最終号
 080811 豪・CANBERRA通信 準備号
 080812 豪・CANBERRA通信 第1号 RADFORD 
 080813 豪・CANBERRA通信 第2号 XAVIER
 080814 豪・CANBERRA通信 第3号 RADFORD/Ⅱ 
 080816 豪・CANBERRA通信 第4号 St. Clare's
 0800817 豪・CANBERRA通信 第5号 SAYONARA前夜祭
 080821 豪・SYDNEY通信 再集合
・ ◆◆思い出のラボランド◆◆
 ★2005.夏 サマーキャンプの記録★長文です。
 ★2005.4/29-5/1ファミリーキャンプの報告です
 ★2005.3.30-4.2 スプリングキャンプ2班
 ★2004.5.3-5ファミリーキャンプの報告です
 ★2003.6月ローエレメントコース一挙公開です
 2004.0521-23首都圏大学生コーチ合宿報告
・ ☆2003.10ニュージーランド親子交流プログラム☆
 ★プログラムの予定★
 NZ報告その1(10月13日) いざ出発編
 NZ報告その2(10月14日) Top Kids編
 NZ報告その3(10月15日) 料理とピクニック編
 NZ報告その4(10月16日) マラエ訪問編
 NZ報告その5(10月17日) タウランガ最終日編
 NZ報告その6(10月18日) オークランド編
 NZ報告その7(10月19日) ただいま!編
 ☆AOTEAROAでのひとり言☆
・ 2003 Summer, Tennessee Tales
 ◆インステートスケジュール
 ◆成田ビューホテル 0720
 ◆テネシーでの様子その1
 ◆テネシーよりその2 ラボっ子からのハガキ 
 ◆日本食は美味しい(レシピ公開)
 ◆テネシー報告その3 ラボっ子の様子vol.2
 ◆テネシー報告その4 集合・フェアウェルパーティ・そして帰国(長文)
 ◆テネシー日記(全文)その1. こちらにまとめます。
・ ★☆AOTEAROA通信☆★2005.10.31-11.7ニュージーランド親子交流★
 1>スケジュール
 2>参加者のメールより(長文です)
 3>出発と出会い編
 4>いよいよスタート編
 5>すばらしい体験編
 6>チーズ大好き編
 7>それぞれの土曜日編
 8>さよならタウランガ編
 9>オークランドの夜!編
title.jpg
一ヶ月はあっという間に駆け過ぎていき、もう帰国の時。
3つのパートに分けてご紹介します。

1>集合
  ・テネシー州13名のうち、6名はバスでノックスビルに集合です。
   そして7名は家族が空港のヒルトンホテルまで送ってくれ、
   フェアウェルパーティに参加してくれました。

wakare01

wakare02

wakare04
涙があふれます。悲しくて嬉しくて幸せいっぱいの涙です。

wakare03

wakare05
笑顔のわかれもあります。笑顔は涙と同じです。どちらも幸せの表現なんです。

どんなに時間があってもいつかは別れなければなりません。
そうでなければ、また出会うことができませんからね。



2>フェアウェルパーティ
 ・帰国前の夜はノックスビル空港ヒルトンホテルで泊まります。
  夜は一ヶ月お世話になった4Hの方やホストファミリーの方との
  フェアウェルパーティです。
sankasha03 sankasha01
おおよそ70人、たくさんの人が集まってくれました。

 ・Bob Brinkmann 氏による、この交流への感謝と帰路の安全への
  お祈りからプログラムがスタートしました。
 ・そしてまずは腹ごしらえです。

sankasha02
後ろでならんで…行き着く先は…
dinner
メニューは、ホットドッグ、ハンバーガー、ビーンズ、コーン、生野菜、
ピックルス、コールスロー、チーズなど好きなものを好きなだけ!

cake
そして、アメリカですからもちろんケーキです。
おとなもこどもも、オジサンオバサンも小さな弟や妹も
みんな大好きです!甘いんだなァ!これが!!

 ・食事の後はテネシー4Hを代表して、アリス アン ムーアさんから
  ラボっ子と参加者への激励とお礼の挨拶があり、
 ・ラボっ子一人ひとりに、テネシー参加記念証が授与されました。
hyosho

 ・またアシスタントステート4Hリーダーの ティム クロスさんからは
  テネシー州の形にテネシー州旗と日の丸の入ったバッジがプレゼントされました。
Tim&AliceAnn
左がTim Clossさん、右がAlice Ann Moore さんです。

 ・いよいよラボっ子によるお礼のパフォーマンスでです。
  ワタクシが短い、しかし心のこもった挨拶をさせていただき、
  まずは歌のプレゼント「世界にひとつだけの花」そして
  テーマ活動「かにむかし」です。
kanimukashi01
kanimukashi02
英日のテキストをお渡しし、英語版を流しての発表をしました。
本当は音楽CDでもできたんですよ。本当だよね。
ナレーターは英語で! 登場人物(?)のセリフは日本語で!
大きな声で楽しい発表ができました。
一番人気は「牛のフン!」でしたね。
スクリプトを読みながらラボっ子の発表を見てくれましたから、
お話の内容がとてもよく伝わりました。

 ・発表のあともう一度「世界で一つだけの花」を歌いながら、
  ラボっ子は会場を回り、参加してくださったたくさんの人に
  握手をし、ハグをして、感謝の気持ちを伝えました。

akushu
歌はメロメロになってしまいましたが、
会場のそこここで涙をいっぱいにためた人が溢れました。
皆、このすばらしいフェアウェルパーティに参加できた喜びを味わい、
そして、訪れた別れを惜しんだのでした。

それから、ホストファミリーとお客様は帰っていかれました。

calmensan
一番大事な人を忘れていました。この交流の4Hの責任者カルメンさんです。
ラボっ子のホストファミリーを決め、プログラムの準備をし、
4週間の間ラボっ子の様子に注意を払い、この交流の成功を支えてくれました。


3>帰国プログラム
 ・この後最後のミーティングを行い、それぞれの交流の報告や
  明日のスケジュールの確認を行いました。
 ・5時起床、5時15分ホテル出発、空港まで徒歩3分で到着。
 ・荷物のチェックイン、出国の手続きと続きます。
 ・空港でカルメンさんたちと最後のさよならをして、
 ・ノックスビルからアトランタへ、そして国際線に乗り換え
  東京に向かいました。
 ・帰りの機内では感想文も書きました。
 ・そして予定通りの時間に、皆無事で帰国したわけです。

成田で半分がさよならしました。
少なくなったメンバーはバスで東京駅に向かい、
最後の最後のさよならをして、それぞれの家に向かいました。

ここまでで報告は終わりです。
長い報告にお付き合いいただき、ありがとうございました。

2003.08.23 uezie拝


 
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.