幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0305354
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ラボ前田パーティの紹介
 LABOってなあに?
 年間行事
 発表会のあゆみ
・ 前田パーティの イベント紹介
 2007ハロウィーン
 2008卒業生を送る会
 2008秋のパーティ発表会
 2010イ-スタ-
 2012おぜんざいの会
 2012ファミリー合宿
 2012国際交流壮行会&発表会+夏祭り
・ 前田パーティの 国内交流
 2008地区合宿
 2009夏の思い出
 2011-12ウインターキャンプ
 2013サマーキャンプ黒姫
・ 前田パーティの 国際交流
 参加者リスト
 2006夏カナダ・アルバータ州初シャペロン
 2011夏アメリカメイン州シャペロン
 2011湘南地区国際交流のつどい
 2012地区壮行会 激励スピーチ
 2012パ-ティ壮行会 激励スピーチ
 2013地区壮行会 激励スピーチ
・ 前田パーティ 15周年の会
 テーマ活動発表の感想
 英語の詩と歌の発表の感想文
 何でもメッセージ
・ 前田パーティ  12周年の会
 発表のアルバム
・ 前田パーティ 10周年の会
 プログラム
 英語の歌と詩のメドレー
 お客さまの感想
 ラボっ子代表のスピーチ
・ ハンドルネーム ショコラの由来
・ テューター・リポート
 『バッファローの娘』 資料
 『バッファローの娘』 活動レポート
 『オズの魔法使い』研究レポート
 「クジラのはなしと歌のつどい」
 『鮫どんとキジムナー』
 海の向こうの世界を見てきた万次郎
 ‘ENGLISH FAIRY TALES’
 キンダークラブ通信 No.9 掲載リポート
Welcome!

★ 地区合宿・全国キャンプ2009 感想文 ★


マイパーティでは何か終わった時によく感想文を書いています。

私は、思いにあふれた感想文を読むのがとっても楽しみです♪





*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*


ちくがっしゅくのかんそうぶん          きょう(小1)

はじめてがっしゅくにいってすごくたのしかったです。
いちばんたのしかったのはまくらなげです。
おなじねるへやのおなじまえだパーティのひとは、
おかきとカメックスでした。
グループごとにじこしょうかいをするときにすごくドキドキしました。
いくまえはなにをするのかなあとおもいました。
キャンプファイヤーがたのしかったです。



*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*
*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*

サマー2009 no.2サマー2009 no.1サマー2009 no.4


はじめてのラボキャンプ      てるてるぼうず(小2)

あちゃー。知ってる子いないよー。しゅうごうばしょについたとき、
これからのことをおもうとすこしげんきがなくなった。

このキャンプは、ぼくがじぶんでいくと言ってたわけじゃない。
ほんとうはかぞくとはなれて三日間もとまるなんて、とってもいやだった。
でも、
「夏休み中のらぼのぎょうじ、ほかのものはすべてよていが合わなくて、出られないの。
キャンプにいかないなら、八月のおきなわのかぞくりょこうをやめて、
ちくがっしゅくにいくことにするけど、どうするか自分できめなさい。」
とママから言われて、半分なきそうになりながら、
「てる、キャンプにいくよ。」といったのだ。

しゅうごうばしょでテューターとはなしをしたら、やっと少し元気がでた。
「よし、せっかくいくんだ。がんばって友だちつくろう。」と、バスにのった。
バスにのりこんだら、すぐめいしこうかんをした。はなしがいっきにはずんだ。
バスがしゅっぱつしたとき、いもうととママに手をふるのをわすれていた。
おかしこうかんもした。もらったおかしは、とてもおいしかった。
まどからけしきを見ていたら、山が見えてきりがでていた。
なんてそうだいなけしきだろうとおもって、みんなにおしえてあげて、
友だちがカメラでしゃしんをとった。

くろひめにつくと、シニアがむかえてくれて、ロッジにはいった。
バスの友だちとわかれたけど、ぼくはもうふあんにおもわなかった。
大きいともだちも小さい友だちもどんどんできた。

よるは、ねなくちゃいけないのに、こっそりコンサートをひらいた子がいた。
その名はイケゴロウ。ぼくは、わらいすぎてつかれはてて、ぐっすりねむれた。

つぎの日のやがいかつどうでは、むくむくおいもほりをえらんだ。
なぜか、さつまいもじゃなくてじゃがいもほりだったんだ。

テーマかつどうは、たいようへとぶやだった。
よっつのキバのひょうげんをみんなではなしあった。
ぼくは、このじかんがだいすきだ。ぼくは、いなずまグループだった。
ぼくのいけんと、友だちのいけんがあわさって、とってもいいひょうげんになった。

キャンプファイヤーはさいこうだった。
めらめらもえるまるでたいようへとぶやのようなほのおは、いまでもめにうかぶ。

ぼくは、はじめてのキャンプは、さいこうにたのしかった。
いえにかえって、らい年もいくというと、ママはにっこりわらってだきついてきた。
うれしかった。


           :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:


              てるてるぼうずは、日頃からとても言葉が豊かな子です。
               初めてのキャンプは大成功! よかったね♪



*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*

サマー2009 no.5サマー2009 no.7サマー2009 no.8

やさしいロッジの仲間          ムーミン(小4)

私は黒ひめキャンプへ行ってきました。
その中でも私が一番心に残ったことはやさしいロッジの仲間でした。

黒ひめに着きロッジへ荷物を持っていくと、シニアが明るく、
「おかえり。」
と言ってくれたので、私はついニッコリ笑って、
「ただいま。」
と言いました。
その後はみんなで自己しょうかいをしました。
その時シニアが、みんなとなりにすわっている人をどんどん言っていこう、ということになり、
私は覚えられるかなと心配な気持ちで自分の順番を待ちました。
なんとか言えたものの、
みんなと仲良くなれるかなと不安になってきました。
でも、一人の女の子が私に、
「私、みゆりん。仲良くしようね。」
と言われたので、不安だった気持ちもふっとんで、
「私、ムーミン。よろしくね。」
と元気よくいいました。

その日の夜はみゆりんととなりでねました。
そのうちだんだん、みゆりんと親友になり何でもいっしょにいました。
みゆりんは私のことをすごく考えてくれて、
「次、何したい?」
といつも聞いてくれて、みゆりんて思いやりがあるなあと感心しました。

その次の日にもいろんなことをやり、テーマ活動や野外活動もしました。
シニアもすごくやさしく私達と遊んでくれました。
バザーの時もみゆりんといっしょにバザーを見ていろいろ買い物をしました。
キャンプファイヤーの後、別れのつどいがあって、
みんなで丸になり一言ずつキャンプの感想を話します。
私はみんなと別れるのがいやで、思わずないてしまいました。
特にみゆりんと別れるのが悲しくて、さみしくてつらかったけれど、
またいつか会えると信じてがまんしました。

そしてついにみんなとお別れする時になってしまいました。
私はシニア二人に、
「またいつか会えるといいね。」
と言ったら、
「ムーミン、すっごいかわいかったよ。」
と言ってなき顔でだきしめてくれました。

今回のキャンプはいいロッジだったなと思い、
バスの中でもみんなの顔が頭にうかんできました。
またいつかみんなに会えるといいです。


           :・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:


              どちらかと言えば、日頃口数の多くないムーミンです。
              この感想文を提出するとき、
              「キャンプの感想文です!」と
              私もはっとするくらい勢いよく持ってきて、満面の笑みでした。
              読む前から、いいキャンプだったのね!と嬉しくなりました。

              そして今日、父母会で読みながら私はまたまたうるうるとなり、
              聞いていた他のママもハンカチで目を押さえていらっしゃいました。
              同席していた事務局はあとで、
              「我が子でもない子の感想文にみんなで感動して涙して、
              ラボっていいですねえ。」

              そうですね。
              一人ひとりの体験を親以外の大人たちが心から応援して見守っているのが
              ラボの良さですね★



*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*・・*
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.