幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧海外交流・留学ランダム新規登録戻る 0230825
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ ダンス
 Pig in the parlor
・ イギリスへの旅
 第2回イギリスへの旅 2009 Sept.
 LNP イギリス旅日記2009 Sept.
 LNP イギリスへの旅 その11~その20
 LNP イギリスへの旅 2009 その21~30
 LNP イギリスへの旅 2009 その31~40
 その41~45
 スコットランドへ   バグパイプに魅せられて
・ お話クイズ
・ ソング,ゲーム
 The Hokey Pokey
・ Story Telling 読み聞かせ
・ OBからの手紙
・ テーマ活動
 永訣の朝 (宮沢賢治)
 Peter Pan ピーターパン
 The Duck and the Kangaroo
 Hey Diddle Diddle
 国生み
 やまやまもっこり
 フレデリック 
・ ナーサリーライム研究会 ≪ギースの会≫
 お気に入りのナーサリーライムは?
 ナーサリーライムクイズ
 The Owl and the Pussy-cat
 Song a Song of Sixpence
 Mary had a little lamb
 Take Me Out To The Ball Game
 There was an old woman who lived in a shoe
 To market To market
 Row, Row, Row Your Boat
 Rub-a-Dub-Dub
 Round and Round the Garden
 Wee Willie Winkie
 Three Blind Mice
 Ring-a-Ring o' roses(Ring around the rosie)
 There was an old woman lived in a shoe
 Solomon Grundy
 Wee Willie Winkie
 Thirty Days Hath September
 TheEency Weency Spider
 Ride a cock-horse to Banbury Cross
 Wee Willie Winkie
 ハートのクイーンThe Queen of Heart
 Tweedledum said Tweedledeeトゥィードルダムとトゥィードルディー
 Twelve Days of Christmas
 Twinkle Twinkle Little Star
 Sally Go Round The Sun
 The Muffin Man
 This little pig went to market このゆびこぶたマーケット
 Three Blind Mice
 This is the house that Jack built これはジャックのたてた家
 A
 Here is the church,and here is the steeple
 O
 Tweedledum and Tweedledee
・ 国際交流写真展(since 1976)
 2007ワシントン州
 2006 カンザス州
 2006 サウスダコタ州
 2005 オハイオ州
 2005 ジョージア州
 2004 テキサス州
 2004 カナダノバスコシア州
 2003 カリフォルニア州
 2003 テキサス州
 2002*4H100Aniv.Bear
 2002 アイダホ州
 2002 オハイオ州
 70年代
 ホームステイ受け入れ
 中川潤子より 旅立つ君達へ
 2008 パーティ壮行会
 ラボ留学(1987,2001)
 2004 カナダ・ノヴァスコシア州
 テキサス州
 2008 アイダホ州
 2008 ノースカロライナ州
 2008 オハイオ州
 2008 イリノイ州
 2009 オハイオ州
 2009 マサチューセッツ州
 2013 オハイオ州
 2017 コロラド州
 2017 オハイオ州
 2017 ミズーリ州
・ ラボ中川パーティー 年代別活動
 プレイルーム<動画>
 小学生活動 フレデリック
 えいごによるスピーチ
 フレデリック <動画>
 The Queen of Hearts ハートのクイーン
・ パーティー行事
 合宿
 ハロウインラボ
 クリスマスラボ
 2008LNPハロウイーン
 生涯学習フェス
 ボランティア活動≪ジョイの会≫
 ソング<動画>
 平家の里デイキャンプ20130803
・ ラボパーティ 特別行事
 ラボサマーキャンプ2010夏
 第1回 kotobaフォーラム
 第2回 kotoba フォーラム
 大山サマーキャンプ第2班シニア発表ももたろう 2011
 ロッジ活動 ラボっ子ばやしの練習
 大山キャンプ 第2班 キャンプファイアー
 大山キャンプ 第2班 ラボっ子ばやし
 大山キャンプファイアー ピニョンピルリン(動画)
 大山キャンプ第2班 閉会式 シニアメイト
 大山2班 キャンプソング 月夜の晩
 大山2班8/8朝食いたごち
Welcome!

日  時:2010年6月27日(日曜日) 17:30開場 18:15時開演(21時終了予定)

会  場:伊勢市生涯学習センター いせトピア1F多目的ホール

参加費:資料代(500円)

主 催: kotobaフォーラム <母語・にほんご VS 外国語・えいご>実行委員会

協 力: ラボ中川潤子パーティ

kotoba2表紙

曽我氏による、第2回フォーラム冊子紹介


ご挨拶


フォーラム開催に向けて
                           実行委員長 中川 潤子 


私はラボ教育センターが全国で行っている英語教育活動、
ラボ・パーティーの指導者(ラボ・テューター)のひとりです。
現在、伊勢市、玉城町にて幼児から社会人までの8グループ、
保育園正課のラボ活動を担当しています。
ラボ・パーティが誕生したのは、昭和41年3月27日のこと。
私がラボ教育活動と出会ったのは今から38年前、昭和47年6月のことです。
書店前(大阪・梅田)で手渡された一枚のちらしから
企業内社会人グループの英語指導者ラボ・カウンセラーとなりました。
数人の大人が頭にお面をつけ、楽しそうに劇をしている写真を見て、
かなり驚いたことを記憶しています。当時、私は英文科の学生で 
卒論取りくみの真っ最中でしたが…このちらしを手にした私は、
従来の英語学習とは違う、なにか魅力的なものを直感しました。
その後まもなくこどもの英語指導者ラボ・テューターとしても活動するようになりました。
JR沿線を実家のある姫路市からラボ教育センター大阪支社まで行き来し、
姫路市はもちろん、高砂市、明石市などの企業・幼稚園でラボ活動に携わるようになった次第です。
今年の春、還暦を迎えました。

来年度から全国の小学校で「英語活動」が始まります。
<にほんご>を母語とする私達が外国語としての<えいご>に向き合う時、
どのような環境が必要なのでしょうか。
昨年の第1回フォーラムに引き続きまして、
『ことば』がこころの表現であるということ、
『ことば』を育てることはこころを育てること、などについて、
皆様と共に考えてみる機会を持ちたいと考え、
第2回目のkotobaフォーラムを開催致します。

なおラボ・パーティ誕生を告げる、
当時の朝日新聞記事をここにご紹介させていただきます。
ラボ・テューターとしての思いを新たに、
こどもたちと歩んでいきたいと考えております。
フォーラム開催に感謝して。



ことばを
育てることは
人間を
育てることである
幼い子供の
時代から
語学教育を通して
立派な次代の
国民を育てたい

――東京外国語大学学長 小川 芳男

(昭和41年3月27日 朝日新聞掲載)



94p5才から



第2回 kotoba フォーラム< 母語・ にほんごVS 外国語・えいご >

目      次

ご挨拶 実行委員長 中川潤子 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・01


記 録 記録について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・02

Part 1 ラボ・パーティの記録 その1
パーティSNS =その日の様子を速報版で ・・・・・・・・・・・03

Part 2 ラボ・パーティ活動の記録 その2
テーマ活動という教育プログラム、その活動の様子 ・・・・・・・・・・・17

Part 3 ラボ・パーティ活動の記録 その3
ナーサリーライムに取りくんで、その活動の様子・・・・・・・・・・ 45

Part 4 親が書いた記録 「おもしろかったり、おもしろかったり」
日本語や英語が口からとびだしてくる子どもたちの様子  ・・・・・・・ 67

講演会とワークショップ

Part 5 講演会――浜辺恒男(元三重県立宇治山田商業高等学校校長)
遊びをせんとて生まれけむ・・・遊ぶ子どもの声聞けば
共に育とう 親と子と ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 82

Part 6 ことばワークショップ ――曽我隆幸(ラボ教育センター副本部長)
小学校英語への提案――こどもの能力おとなのかかわり ・・・・・・ 86

*******************

この子のかわいさ(静岡・沼津の寝かせ歌)
坊やはよい子だ ねんねしな
この子のかわいさ かぎりなさ
天にのぼれば星のかず 七里ケ浜では砂のかず

山では木のかず 萱(かや)のかず
沼津へ下れば千本松 千本松原 小松原
松葉のかずより まだかわい
ねんねんころりよ おころりよ

 
編集・発行:kotobaフォーラム実行委員会


Part 1 パーティSNS

[パーティSNS=その日の様子を速報版で]

(2010年3月27日~5月23日)


中川パーティーのSNSを作成しました
ラボパーティーでのこどもの様子をご家庭にお伝えしています
会員同士でもっと仲間と意見交換で出来るようにしています


Part 2 パーティ活動の記録


[テーマ活動という教育プログラム、その活動の様子]

(2010年3月27日から6月9日)

テーマ活動

THEME ACTIVITY PERFORMANCE

物語

きてれつ六勇士

A Tale of Six Talented Men


兵隊


テーマ活動とは、日常のラボ・パーティの中心プログラムで、
ラボCDライブラリーをもとに子どもたちが繰り広げる劇的表現活動のことです。
会員の子どもたちは、CD音声付 絵本の絵を通してイメージが豊かにふくらんでくると
自然に身体を動かして表現したくなります。また、それにつれて英語や日本語でも言いたくなっていくのです。
テーマ活動とは、こうした身体や言語が重なり合いながら総合的に表現していく教育プログラムです。
テーマ活動は「大人が演出して思惑どおりに子どもたちを動かしていく演劇」ではなく、
あくまでも「膨らんでく物語のイメージが、子どもたちの心や感情の動き、
更には身体の動きとなっていく自主的な表現活動」プログラムです。
ラボCDライブラリーとは、グリムやアンデルセンをはじめ世界の昔話やファンタジーなどを、
①センテンスごとに英語と日本語とで語られている音声、そして②絵本とセットになっている物語シリーズのことです。
これまで150話を越すタイトルが刊行されてラボ会員の言語環境を豊かにしています。

記録

ラボテューター中川潤子

         
Part 3
パーティ活動の記録

[ナーサリーライムに取り組んで、その活動の様子]

(2010年2月15日から5月22日)

幼児・小学生G

Aはアップルパイだった

A was an apple-pie

Fellowship (社会人)G

森へ行こうよとロビンがボビンに言う

We will go to the wood ,says Robin to Bobbin




Part4

おもしろかったり、おもしろかったり……

ラボ・ライブラリーのお話や歌などについて
子どもたちは、ラボ・パーティのときだけでなく、
じつは、いつもお話を楽しんでいるのです
お家でおこった興味深いエピソードを
おかあさんに書きとめてもらいました
子どもたちの様子をご紹介します

ラボのお話について

<我が家での親子のやりとり>
ライブラリーのお話について親子でやりとりした記録です
子どもの様子に対応してやり取りすると、

子どもの力はどんどん伸びていくようですね

    
********************************



プ ロ グ ラ ム


開会の挨拶


わらべうたとナーサリーライム―――幼児とお母様


第1部:講 演


「遊びをせんとて生まれけむ…遊ぶ子どもの声聞けば…」

共に育とう 親と子と

――浜辺恒男(元三重県立宇治山田商業高等学校校長)


第2部:発 表

ナーサリーライム(マザーグース)の発表

“Hey Diddle Diddle”(ヘイ・ディドウル・ディドウル) ――ナーサリーライム研究会

“We will go to the wood ,says Robin to Bobbin” ―――社会人

    (森へ行こうよとロビンがボビンに言う)

“A was an apple-pie”(Aはアップルパイだった)――幼児・小学生


英語・日本語による劇的表現活動

“A Tale of Six Talented Men”(きてれつ六勇士)

      原作:グリム兄弟、再話:C・W・ニコル, 音楽:佐藤允彦
 
                     ――――小中高大生と社会人

第3部:ことばワークショップ


小学校英語への提案――こどもの能力 おとなのかかわり

   ――曽我隆幸(ラボ教育センター副本部長)

質疑応答



閉会の挨拶


******************************


第2回 kotobaフォーラム 動画および画像




きてれつ6勇士1

きてれつ6勇士2

きてれつ6勇士3


きてれつ6勇士4

5,
6,
7
きてれつ後半
きてれつラスト





A was an apple-pie 素語り3名

A was an apple-pie Aはアップルパイだった(A~E)

A was an apple-pie Aはアップルパイだった(F~K)
A was an apple-pie Aはアップルパイだった(L~Q)
A was an apple-pie Aはアップルパイだった(Q~W)
A was an apple-pie Aはアップルパイだった

R0027118

★記録集はP61~ P65をご参照の上、下記クリックしてご覧下さい

(動画)We will go to the wood,says Robin to Bobbin.フェロウシップ発表1

(動画)We will go to the wood,says Robin to Bobbin.フェロウシップ発表2






ギース2


★記録集P80の<我が家での親子のやりとり>をご参照ください

(動画)Hey Diddle Diddle by NR 研究会(ラボ中川P・ギースの会)
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.