幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧英語・語学ランダム新規登録戻る 0414668
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・友達に教える
ページ一覧
・ 『西遊記』発表会
 2021年次表彰式
 International Exchange with Mr. George
・ Julius Caesar
 大学生達を送る会
・ 21周年発表会 2019年3月24日
 『ペルセウス』発表会 感想
・ 2021 SUMMER
 夏休みの課題2021
 多読にチャレンジ!
・ SHIP
 年間共通Song
・ ラボで培う言語力
 なぜ英会話ではなくて「テ-マ活動」なのか↑是非お読み下さい
 テーマ活動が生まれてきた歴史
 国際理解教育として
 コミュニケーション力を育てる教育
 早期英語教育のメリット
 「素語り」の効用
 なぜラボのCDは英日なのでしょうか?
 多読のすすめ
 脳科学からみた英語学習法
 ラボ・パーティへようこそ!
 「テーマ活動で育つ英語」中学生の感想
 ラボでのノートの種類と使い方
 Grammar & Writing の考え方について 
・ クラスのご案内
 ◎月曜日 Kiddy Class
 □木曜日 Elementary School Class  
 ○水曜日Junior High School
 ☆火曜日 E. School Students
 火曜日 Kiddy Class 
 ◆金曜日 Junior High School ~   
・ 2018 Christmas Party
 キャンプへの参加を迷っていらっしゃる方へ
・ 力を発揮する子どもたち!
 Summer 子どもたちの作品展
 子ども達の絵、おはなしにっき & 工作 2007 Summer
 “The Ugly Duckling”
 カレンダーの絵 入選作品
 世田谷区 小学生海外派遣・中学生交流事業参加 
 高校生表現活動発表会
 シニアメイト
 「ラボ力」 自分の武器・弱点は何か
 世田谷区スピーチコンテスト予選通過
 『スーホの白い馬』東京支部 小学生
 大学生表現活動
 国際交流村
 スタンフォード大学オンライン高校 受講体験
 黒姫登頂を果たした子ども達
・ 年間行事
 2~4月 高学年活動発表会 及び 新入生歓迎会
 3~4月 Easter Party  / 地区の新入生歓迎会
 4月 春合宿、地区発表会
 7~8月 夏のイベント 
 8月 Party Camp
 8月 全国 Summer Camp
 10月 Halloween Party&個人発表会 
 11月 留学生交流会
 12月 Christmas Party
 ★保護者会での話題 LABO Q&A★
 ★10周年記念発表会★
 6月 ジュニアリーダーひろば
 2011夏のパーティ合宿
 過去の地区発表会テーマ
 国際交流村
 3月~4月Easter Party
 ハロウイン体験会
・ 国際交流のご案内
 Craig君のHome Stay
 Arri君のHomestay
 積立金のお申し込みのご案内
 JennyさんのHome Stay
 ★国際交流 既参加者及び参加予定者
 Paulさんといっしょに!
 ★koyo in Canada★
 ★Narumi in USA★
 ◆オレゴンキャンプのご案内
 ★Nonoko in USA★
 ★Maju in USA★
 国際交流 事後活動
 中国交流のお知らせ
 Evan君のHomestay
 受け入れ
 インターンとの交流会
 Jack & Edward from AUS in 2018 winter
Welcome!
<金曜日 中高大生クラス>
ラボ・パーティ活動での衛生管理について【基本的な考え方と運営上の留意事項、会員家庭の皆様へのご協力のお願い】

★部活再開などから、開始時間を6:30に変更します(9/24~)。
   
★10月1日 18:30~ ※学校の予定でご都合の悪い方は至急、お知らせ下さい。
  ・ハロウイン個人発表テーマは、8日までです。
    Speech原稿は、早めに見せて下さいね。ぎりぎりの方は、アドバイスすることができません。
  ・クリスマス発表テーマ:The Lion,the Witch and the Wardrobe 2話に決定
    自分達で、この部分を深めたいね。など話し合いが進んでいます。
    自然とリードできるお子さん達も現れて、楽しい雰囲気で話し合いながら進めています。自分の役の言葉だけを覚えるという意識ではなく、たくさん普段からCD全体をBGMにして、面白いなと感じられるように。英語を自然にキャッチできるようにと思います。    

★9月24日
  今回は、"The Lion,the Witch and the Wardrobe" 何話にするか決めるそうです。候補には、Ⅱ話、Ⅲ話があがっています。他のお話もまだ提案として残っているようですが、今は、このお話からを検討しているようです。

   前回、このお話について、いろいろと感じたことを話し合いました。
   Toshinobu君「ProffessorのⅠ話での話し方から、きっとナルニアに行ったことがある。実はアスランで、行き来をしているのかもしれない」
   Hanakaさん「アスランは永遠のような存在」
   Suzuさん「アスランは全ての森を治めている王様って言っているけれど、」
   Toshinobu君「アスランが強そうな描写がない。王が魔女と転がって戦うなんておかしい」   
   古(いにしえ)の魔法について、どうして魔女は知らなかったのか?など。
   私からは、この物語は、キリスト教の世界を描いているという説もあることを伝えました。石舞台が割れ、現われたのも、復活か?Yoshihito君から復活の仕方が違うという指摘も。たしかに、相容れないところもたくさんあります。
   世界的に有名なこのナルニア物語、どうとらえるのか、原作を読まなくても、ライブラリーから分かることがあるはずです。子ども達の積極的な意見交換、疑問点に耳を傾けたいと思っています。
   →ラボは、こうした力を養う場でもあり。自宅でCDを聞いて感じたことを積極的に話し合う場。どう思われるかなど気にしないで発言できる場だと信じています。テーマ活動をしながら、考えて欲しい。言葉の感性を養いたいと思っています。
   →リアクションの大切さ。
     I agree with you.なのか、disagreeなのか、I can't understand.Tell us more.なのか。I have another opinion.なのか、今後もオンラインでのやりとりが増えていく現代社会の中で、意思をはっきりと表明できるように応援していきたいと思っています。
   →毎回、自分で気づいたことや、気になった英文を書き写し、単語を調べるなどしています。ラボの場をどのように自分で意識しているかによって、ノートの取り方に個人差あり。
   →今後も、仲間と、よりライブラリーの言葉(英語)に向き合っていければと思います(一語一語、非常に吟味して書かれているため)。 
   
★9月17日 
   今回は、『ライオンと魔女と大きなたんす』3話、4話の2つを動くことになっています。
   6時スタートとのこと。
   前回は、2話を楽しく動きました。シャドーイングもでき、ノート活動も辞書を引いたり、印象に残った会話文を書いたり。自分のNew Words/Phraseを開拓しています。自分で気づくことが大切です。

★9月10日 『ライオンと魔女と大きなタンス』2話
  今回は、最初に、アメリカ人が使っている略語をみて、何の略か当ててもらおうかと思います。ex.BTW

前回は、1話を動き、いろいろ意見交換ができました。ノート活動では、辞書を引いて、必ず3語以上、新しい言葉に出会うように伝えています。物語の中でイメージができているので、言葉のイメージも拡がります。単語の前後、語源なども、極力伝えるようにしています。
  最初のSongのwarming upは、こちらから提案しています。
 
★9月3日
  前回は、Pi-a-paの復習と、『ふるやのもり』を動きました。地区発表会の決め方、12月発表テーマ候補などを出し合っていました。
  今回は、『ライオンと魔女と大きなタンス』を楽しむそうです。

★夏休み期間中の内容は、7月21日に決定。2021Summerのページをご覧下さい。

★発表会 集まった感想は少しずつこちらへアップしていきます。
  ・台詞に気持ちを入れて役になりきっていて、見ていてとても楽しかったです。また動きが何を表現しているのかよく分かりストーリーを理解することができました。(Hanaka)
  ・マーシャのけなげさとバーバ・ヤガーの傲慢さが対となって、上手く表現できていた。背景がとても上手。個性的。ダイナミック。(Ogashu)
  ・表現力がすごい!(Haruna)
  ・複雑な背景を大人数でつくることで「森」ということがよく表現できていた。前転してまでくわしく背景を表現している(Shiyori)
  ・まま母がこわいっ!(いい意味で)。もらったものを表現する背景が素敵!(無記名)

★発表会の感想
   ネズミさんがいなくてちょっと慌てましたが、皆の臨機応変な対応力で無事、発表ができました!ITOはちょっと慌てて、ミスってしまいごめんなさい。

   Eita:前日までBaba Yagaはどうなるのかと、ハラハラさせられましたが、当日は、持ち前の声の大きさと表現力で、皆を惹きつけ、発表会を盛り上げることができました。英語もCD通りの聞こえた音をよく発音できていました。やればできる!

   Ruruna:いや~、Step Mother、最高でしたね!こんな迫力ある演技ができるなんて、果てしない底力を感じました。物語がギュっとしまりました。今後も楽しみです!表現しながらのナレーションもスラスラと語り、しっかりと発表できました。さすがです!

   Seiken:発表の場で、ここまでしっかりと表現できること、ご成長を感じました。しっかりと計画的にナレーションを覚えて語ることができ、中学生最後の発表会?を締めくくることができました。やる時はやれる力があることを皆に示してくれました!

   Suzu:Marsha役をしっかりと誰よりも先に台詞を覚え、クラス中にOutputができているので、その繰り返しによって、語った言葉が体の中に入りこみ、今後も力となってよみがえってくると思います。皆の鏡です!心優しいマーシャそのものでした。

   Toshimin:表現と語りを聞きながら、小学生の時のToshi君が蘇りました。言葉に心が入っているので聞いている側に届きます!久しぶりの対面型の発表会だったと思いますが、今後も今回のように表現することを楽しんでもらいたいです。

   Yosshi:Servant Woman役、良かったです!後ろを向いて黙って水汲みをしているあたりなど、きっとこのServantはかなりヤガー婆さんを恐れていたのでしょうね。ナレーションもよくCDを聞いて頑張ることができました!

   Yui:Cat役をしっかりと楽しく語り、表現も良かったです。ナレーションもがんばりました。機転をきかせて足りない表現に入るなど、臨機応変に行動できました!前日リハーサルお休みでしたが、よく追いつくことができました。
      
   各自、自分の印象に残った英文は、ノートに書いておきましょう。
   発表が終わったらおしまいではなく、英語のみでCDを聞いてみるなど、自分のListening力を試してみることもお勧めします。単語も、何だろう?と少しでも疑問に思ったら、すぐに調べること。どうしてこのような意味になるか?など、常に疑問をもちながら英文ひとつひとつをながめてみましょう。

★7月23日は、Olympic開会式のため、お休みにします。
 その代わり7月21日㈬に参加して下さい。
   ・水・金合同パーティ(中学生以上)。
   ・年代別に分かれて、この夏にやりたいことをあげる。
   ・個人の夏の目標、課題を決める。
   ・クラスとしては、この夏に動いておきたいテーマがいくつかあるはずです。そのあたりも自分達で計画を立てて、「家でCDを聞いてきてからクラスで動く」という基本的な流れを仲間同士で確認してもらいたいと思っています。

★7月16日
  ・音楽CDで通します。一応、動画も撮ります。
   前回は、Rioさんもいらして、ワンポイント指摘してくれました。Baba Yagaの迫力がますます出てきました。皆で協力して楽しい発表にしましょう!
  ・17日は、18:30~発表ですが、可能な方は、早めに集まって他の発表をみましょう。

★7月9日
  ・今回から音楽CDで動きます。頑張りましょう!英日で発表と聞いています。
   とてもよく考えて、楽しんでいます。
  ・前回は、発表前に、見てもらう人へ語る文を考えました。
    マーシャがなぜ助かったのか?「ネズミは、もしかしたらお母さんかもしれない」動物たちは、なぜヤガーばあさんの所から逃げないのか?「動物は、もしかするとここで働かないと魔法がとけないのかも...」「どうして動物と話せるのか?」←昔話は、祖先や、自然や動物をみかたにすることは、生きていく術だったという話を聞いたことがあります。

★7月2日
  ほぼ、全体の動きはできたので、言葉です。
前回は、背景は、語っている人物の気持ちに寄り添うようにと伝えました。背景をしているから、英語は関係ないのではなく、語っている人と一緒に頭の中でシャドーイングができるようにしましょう。全体の色を決めていきましょう。
  今回から音楽CDで取り組みます。英日で発表するそうです。
  
★6月25日
  ・Baba Yaga, the Witch in the forest
    前回、後半をつくりあげ、追いかけてくるシーンも面白くできあがっていました!なかなかいいです!あとは、言葉をしっかりだと思います。また、このお話を皆は、どう感じているのか、語り継がれている理由は何か、皆で意見交換できればと思います。
    クラスラインでは、CDを聞く→シャドーイング→文字を見て確認→分からない単語は調べるよう投げかけてあります。もう自主的に、高学年の子達ができていることを実施するのみです。

★6月18日
  ・Story:Baba Yaga, the Witch in the forest
    お互いにたくさん意見を出し合い、テーマ活動を楽しめています。
    イコン(聖像画)の表現も決まりましたね。「マーシャが復活を願っての祈ったのでは?!」と祈りのシーンも大切なものになりましたね。バーバ―ヤガーの小屋もできあがりました。ラインでナレーション連絡あり。今回は、後半かな?

★6月11日
  ・SB:Take me out、I've been working
  ・Story:Baba Yaga, the Witch in the forest に決定
      前回、欠席だった方へ
       ラインの仮役決めチェック。Track1ディクテーション(前回、参加したメンバーはクラス内で実施済み)。毎週、実施予定。クラス内でできない時には、自宅で各自。必ずノートが必要です。スクリプトはコピーせず、自分でディクテーションしながら書いて作成。
  ・FS:前回は、Midnight Specialでした

★6月4日
  ・Story:これまで取り組んだ中から、発表テーマを決めます。
      もし他にもあれば、この日までに出して下さいね。       
  ・パーティ合宿
      合宿へ向けては、『たぬき』に取り組みたいと思っています。何話かは、実行委員会で決めます。
      今回は、合宿参加者は、CDをよく聞いて語れるぐらいにして参加してもらいたいと思っています。
      
★5月28日
  ・SB:Folk Song
  ・Story:Dr. Dolittle『ドゥリトル先生』
     前回は、『巨人シュトンペ・ピルト』『みにくいあひるのこ』を楽しみました。水曜日クラスと、発表を見せ合うことも検討していますので、そろそろテーマを決めましょう。
  ・夏に向けて『たぬき』も候補にしてもらいたい。夏の集中パーティ、合宿などの企画・実行は、CDをしっかり聞いて、自分の力を磨くチャンス。募集したいと思います!

★5月21日
  ・SB:Click go the Shears、韓国語「すすめ」、Folk Songから前回はEasy Rider歌詞をみます
  ・Story:『巨人 シュトンペ・ピルト』
      北ヨーロッパに伝わるお話です。短い物語ですが、内容は面白く濃いものです。Eita君のリクエストです。
   <前回の様子>
     Three Blind Miceからは、宗教弾圧で、カトリックに対しblindだった司教たちの話を少し。
     『森の魔女 バーバ・ヤガー』では、内容を知っているお子さんが概要説明。その後、まずロシア作曲家ムソルグスキーの「バーバ・ヤガーの小屋」を聞いてもらいました。「臼に乗ってドンドンとやってくるバーバ・ヤガーがイメージできる」。鶏の足の上の小屋がくるくると回っている!しかも移動の痕をほうきで消す!その必要ある?日本とロシアの地形の違い、自然の厳しさなどの話題。Rioさんからは「ツンドラ」だねと、流石です。平原か森か。日本のような山岳地帯は少ないことなど。日本には、山姥がいる。『三枚のおふだ』のお話と似ているところなど。子ども達から次々と話が出ていました。
     物語の裏には、人間の本質を描く何かがあるので、そこを探っていけると面白いと思いました。
     テーマ活動も、しっかり楽しみ、不思議な個所もいろいろありました。ノートには、この日の日記代わりに、感想を英語で書いてもらっています。

★5月14日
・『こつばめチュチュ』の中国語・英語バージョン(中国語のみもあり)があったので、早めにいらした方には聞いてもらいます。
  ・英文日記 今日から始めてみましょう。まず自分で好きなノートを1冊用意するところから。力がつきます。中1は、全員実施しています。右側に線を引いて、自分で調べた言い回しを書いているお子さんもいらっしゃいます。中3は、『ハーバード式英語学習法』(5行エッセイ)へつなげていきたいと考えています。
  ・SB:前回の韓国語「すすめ」、
     Three Blind Mice(前回、歌詞をディクテーション) 
     誰か、このNurseryの歴史的背景を調べてきてください。
  ・Story:『森の魔女 バーバ・ヤガー』(SK20 『まほうの馬 シフカ・ブールカ』より)
     CDを持っているメンバー(Rena,Toshinobu,Mana,Suzu,Yui,Rio)は聞いてくることになっています。
     ムソルグスキ―『展覧会の絵』に「鶏の足の上に建つ小屋 - バーバ・ヤガー」♪など。バーバ・ヤガーとは何者か?
     
★5月7日
  ・中学生は全員、4/23から英文日記を毎日、書くように伝えてあります。
    中1は1行、中2は2行、中3は3行。もちろん多くても構いません。
    こちらでは、毎週、ノートを見せてもらってスタンプを押していきます。
    目的は、ホームスティ中も英文日記を書くことで、英語がより自分のものになっていきますが、習慣付けをするため。また、こちらでは、英文を直すことはしません。質問があれば、応えます。書いたことを褒めていきます。
  ・SB:韓国語の歌「すすめ」
     Yuiさん、韓国語を読めていらしてビックリ!好きで独学だそうです。この歌の歌詞も説明してもらえればと思っています。
  ・Story:前回、既に、たくさんのお話の候補があがっていました。いろいろとテーマ活動を楽しみながら、7月の発表会へ向けて、取り組んでいくかと思います。

★Apr.30はクラスをお休みにします

★『西遊記』発表会へ向けて(全体インフォメーション)

★Apr.23  
   ・『西遊記』テキスト持参
   ・『西遊記』発表感想シェア
   ・本を見ながら、あらすじを英語で書いてみよう
   ・英単語
   ・フレーズを使った自由英作文
   ・中国語で『西遊記』を聞いてみる
   ・英文日記 奨励
   ・5月の予定 話し合い

★Apr.9
動画は自宅で見ておいて下さい。感想シェア。合同パーティ終了後に出た意見を元に、自分達で行動にうつす。
   発表会プログラム配布。
   発表会当日の打ち合わせ

★Mar.26 7時~8時半
   ・4/1~2のプログラム決定。
   <前回の様子>
     中学生達の成長を感じています。自分達でやる!という意識が芽生えてきていることが嬉しく、彼らを信じています。頼みましたよ!

★Mar.19
   ・Tr.12~15

★Mar.12
   ・Tr.8~11 
     前回は、鉄扇公主や牛魔王の背景で悩む。「Rioさんが、以前、住まいの違いを出したいねと言っていたけれど、世界の違いが出るといいね」と話したところ、この物語で「いろいろな世界観を出したい」(Suzu)という声が出ました。たしかに、地上、仙人の世界、水の中、天上界と、異次元の世界がたくさん出てきます。さらに「登場人物の特徴をしっかりと出したい」(Eita)という声も。
     「牛魔王が金晴獣に乗って出かけるところを悟空がさえぎったのではないか」(Suzu)と想像できる。「水の中は、妖怪の動きで水の中にいることを表したい」「悟空は、金晴獣に餌付けをして乗ったでは?」など案が出ていて素晴らしい!
     試験がそろそろ終わる頃なので、よくCDを聞いて、仲間の想像に追いつくようにしてもらいたい。生きた言葉を習得するためには、しっかりと想像できていなくては、意味のない言葉、単なる音になってしまいます。
   ・登場人物の特徴をしっかりと出したい
   ・歌のディクテーションできるかな?       
   
★Mar.5
   Tr.1~7の確認。Tr.8~11を次回、3月13日へ向けて。
   西遊記ノートも早くいらした方は、各自、作成しましょう。
   
★ペアタイム
   クラス最後に、2~3人にグループ単位で、自分が今日、発見したこと、得たことを、お互いに教え合う時間をとりたいと思っています。人に教えることで、自分のものになっていきます。
   大学生には、全員へ向けてお願いしたいと思います。
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.