幼児教育・英語教室のラボ・パーティ
■■■ 運営事務局より ■■■
ひろば@LABOは,ラボ教育センターが展開する
「ラボ・パーティ」に関わる皆さんのコミュニティ・ネットワークです。
「ラボ・パーティ」については 公式サイト  をご覧ください。
ラボ公式HPTOP新着一覧こども・子育て・教育ランダム新規登録戻る 0730843
  
Home
Diary
Profile
BBS
Bookmarks
Schedule
メール
・メッセージを送る
・友達に教える
ページ一覧
・ 写真ギャラリー
現在ページはありません。
・ テーマ活動を考える(小冊子原稿試案)
 【ラボ・テーマ活動が生まれてきた歴史】
 【ラボ・ライブラリーを聴くことから「テーマ活動」が始まる
 【ラボ・テーマ活動とは何か】
 【国際理解教育としてのラボ・テーマ活動】
 【ラボ・テーマ活動とは何か】
 3/10テーマ活動修正版
 「ラボ・テーマ活動とはなにか」(案)改行訂正
 テーマ活動誕生の頃の写真
 『ごろひげ』事務局員によるテーマ活動
・ 小学校英語関連
 春日部市粕壁小学校
 京都総合教育センター小学校英語活動
 まんぎょどんさんの日記 より
・ プライベート
 ラボ・パーティの歴史と私
 父母会~お母様方からの感想
・ ラボ・パーティ運営参考資料
 ラボ・パーティ年間計画
 ラボ・パーティの会費
 ラボ・パーティの表彰・例えば・・・
 身体から心を読む
 フェローシップ
 ラボ・パーティは参加するところ、発見するところ
・ ラボ・ライブラリー
 ラボママのお気に入りライブラリー
 プレイルームのラボ・ライブラリー
 音楽CD鑑賞
 元ラボっ子からの声
 谷川雁とラボ・パーティ
・ 時代を読む
 重松清『隣人』工事中
・ 国際交流、キャンプ関連
 2003年夏 第2回ニュージーランド交流 7月
 ニュージーランド 8月
 ラボ国際交流参加者の体験
 2004年ラボ・ウィンターキャンプ
 2004年ラボ・スプリングキャンプの記録
 2004年ファミリーキャンプ
 2004年カナダマニトバ7月
 カナダマニトバ交流2/3
 カナダマニトバ交流3/3
・ ラボ・パーティ資料
 チームビルディング
 ラボをやっていて良かった
 「英会話ぺらぺら」?
 素語り大会
 テューターの英語力
 早期教育について 参考資料
 生活があって、人生があってラボ・パーティがある
 言語習得
 突然のさようなら・・みんなが心配していたのに
 CDが嫌いです・
 始めるのはいつ頃から?
 発表会
 英語のパスバンドは2000ヘルツ以上!
 ラボママのHPの紹介
 親の反応
 ラボ・パーティのCM
 神奈川、千葉退任ご挨拶
 パーティにきても活動に参加しない子、寝転んでしまう子のこと
 テーマ活動の歴史
 部活とラボ・パーティ
 親子父母会kumagorouさんの日記より
 熊井パーティ行事に参加してお礼の手紙
 3世代ラボ
 縦長だけじゃない。「ナナメ」の関係もラボにはある!
 リーダーシップの芽が・・・
 やんちゃな男の子たちが言いなりになる愉快な方法
 ラボ・ライブラリーのラボ主催行事以外での使用について
 ラボをやめるか否か 投稿に答えて
 テーマ活動、セリフの覚え...投稿に答えて
・ ラボ・パーティ アルバム(工事中)
 4コマアルバム見本 岡本パーティ30周年
 桜井パーティ10周年
 桜井パーティ10周年4コマアルバム
 おもしろラジオ録音
 ノアのはこぶね
・ インターネット、パソコンの利用(工事中)
 パソコンの用語
 アクセスアップ
・ ひろば@LABOの使い方
 【ひろば】の使い方1
 【ひろば】の使い方2
 【ひろば@LABO】よくある質問
 ホームページの「手入れ」
 使い方ヒント
 トップページのつくり方
 【ひろば@LABO】はとっても欲張りです
 公式HPにリンク
 表をつくるには
 ログインできなくなったとき
 写真・画像の圧縮実験
 パーティだよりの掲載について
 ★ラボ・パーティ活動をビデオで紹介★ビデオにリンクはる
 ページ作成補助機能を使う
 【ひろば@LABO】制作プロセス
 バナー集
 ★パーティトップページ見本(重要)
 リンク先の表示例
 【ひろば@LABO】というコミュニティを成長させる
 文字を枠の中に入れる
 テーマ活動のビデオをインターネットに
 ホームページアドレスとチラシ、名刺
 おもしろラジオ番組へのアクセス
・ 記録用紙『平 知盛』
現在ページはありません。
・ こどもたちの作品
 ポスター
Welcome!
[一覧] << 前の日記 | 次の日記 >>
ドストエフスキー「未成年」を読み終えた(未完) [ テーマ ] 01月17日 (月)
この本は今本屋さんでは手に入りません
あまり読まれていない作品です

図書館のドストエフスキー全集を借りてきました
筑摩書房から昭和37年(1962年)に発行された全集の第9巻です

小沼文彦訳2段組みで584ページあり読み通すのはかなりの苦痛でした

長さも長いのですが、劇的な事件は起こらず、
書き手となっている青年アルカージイ(20歳という設定)に共感できず・・・・

普通なら途中で放り出すところですが
ドストエフスキーの読書会に参加しているのでそうはゆかずやっと読み終えました

1966年(45歳)1月から「罪と罰」を雑誌に発表、12月に完結した
          10月「賭博者」
1968年(47歳)1月から「白痴」を雑誌に発表、12月に完結した
1970年(49歳)1月、2月「永遠の夫」を雑誌に発表
1871年(50歳)1月から「悪霊」を雑誌に発表、12月に完結した
1875年(54歳)1月から「未成年」を雑誌に発表、12月に完結した
1879年(58歳)1月から「カラマーゾフ兄弟」を雑誌に発表
1980年11月に完結
1981年1月に死去(享年60歳)

「悪霊」と「カラマーゾフ兄弟」の間に位置する作品である

アルカージイ(20歳)の手記という形で家族のことが語られてゆく
父ヴェルシーロフとの葛藤、
「ヴェルシーロフにはムイシュキンとスタヴローギンが共存している
・・・神でもなければ悪魔でもない」(ジラール)
「抽象的なカリスマにしてリアルな存在感をもつ父の造形」
(亀山郁夫『ドストエフスキー 父殺しの文学』)

家庭教師オーリャの自殺、ヴェルシーロフの善意、「意識化の欲望」の罪
まわりの人々の罪

同時代のロシアに一種の流行としてあった自殺への作者の関心
「どのような事実と偶然の積み重ねからなるのか・・・
「悲劇」の現実を分析的に構築してゆく」(「 」内亀山郁夫同書より)

「ロマンティストとしての作家は死んだのです
「悪霊」以前と「未成年」以後を分かつ最大の分岐点がそこにあります」

「日常性への関心」
「人間関係そのもののなかにひそむ原罪」
「人間の原罪に発する神の不在という観念を投影していた」
>>感想を掲示板へ
Re:ドストエフスキー「未成年」を読み終えた(未完)(01月17日) >>返事を書く
keikoさん (2005年01月17日 21時31分)

「ドストエフスキー」というだけで書き込んでいます。遠い昔、本に埋もれて
いたいと思っていた頃、読んだ作家の一人です。もちろん、今から思うと、わ
かっていたわけではありません。今読むとわかるかと自問しても、きっとわか
らないという答えが返ってきます。こんな書き込みで申し訳ありません。それ
くらいアスベルさんの日記が私には難解です。
難解といえば、HP始めたとき、ひとつつまずけばなんともならないくらい難
解でした。それにもかかわらず、続けられたのはアスベルさんのひろば@LABO
に対する熱意があったからだと思ってます。本当に感謝しております。
どうか御身体をご自愛くださって、いつまでもフレッシュな発信をしていって
ください。
「ベビーサイン」も着実に浸透していっているようです。これもHPが関わっ
ています。HPをすすめてくださったアスベルさんにあらためて感謝です。
Re:Re:ドストエフスキー「未成年」を読み終えた(01月17日) >>返事を書く
アスベルさん (2005年02月02日 10時40分)

keikoさんへ

ドストエフスキーに記事への書き込むありがとうございました
『未成年』はあまり読まれていない作品で私にとっても初めてでした
ドストエフスキーを読む読書会に参加していますので
何とか頑張って読み通しました
いよいよ未完に終わった作品『カラマーゾフの兄弟』に取りかかります

keikoさんのホームページには新しいヒントがたくさんあって
【ひろば@LABO】の活用の仕方についてたくさんのことを教えていただきま
した
旅や宿の情報も楽しんでいます
これからもよろしくお願いします・・・・
<< 前の日記 | 次の日記 >>
Copyright(C)2002 Labo Teaching Information Center.All rights reserved.